フィルムを月に1本使ふの會 6月度分

 arataさんの所で開かれている『フィルムを月に1本使ふの會』に參加しました。6月提出分をFotologueに上げましたので、ブローニーの高精細畫像をお樂しみ下さいませ。元々は1200dpiでスキャンしたため2-3000㒼畫素程度でしたが、ちょっとサイズを落として2000×1650で上げております。Fotologueに擴大機能が見つからないのですが、Webブラウザーの大きさを廣げるとよいやうです。

 つい先日までは、CanonのIXY DIGITAL 200に始まりCanon PowerShot G3を経てOLYMPUS E-300、OLYMPUS E-500、OLYMPUS E-1を経由してNikon D2Xsまでどっぷりデジタル生活に浸かっていた私でしたが、その機械の使ひ捨て感覺と寫眞といふ物質の殘らない空虛さ、塗り繪全開の眞贋性欠落ぶりに、ふとした寂寥感を感じてデジタル一眼と對應レンズを全て賣却してしまひ、フィルムに戻った※私です。

 フィルムもスキャナーで量子化すればCGの一種ですが、これは公開のために便宜的にJPEGといふ符号化形式にコピーしただけであり、原本たる寫眞すなはちフィルムは私の手元で美しき輝きを見せております。この冗長さ(といふIT業界用語は嫌ひなのですが)は今の私に必要な「物の重さ」を與へてくれます。仕事柄故の電子まみれの日常から解放され、自身の存在と同一性を確認しつつ右腦を活性化させるには大變良いリハビリテーションでございます。

 

 ※戻りすぎて中判を突き抜けて大型寫眞機まで逝ってしまったのは内緒です(^^;;;;

Leave a Reply