フイルムを月一本使ふの會 九月度「流」

ずいぶんご無沙汰しておりましたが、寫欲もだいぶん恢復してきましたので「フイルムを月一本使ふの會」九月度に投稿致しました。

薄暮零滴

薄暮零滴
(HASSELBLAD 503CW, Carl Zeiss Planar 2,8/80 CFE, FUJICOLOR REALA ACE)

最近は大型寫眞機の出番が無く、お散歩カメラに中判のハッセルが一緒に付いてくる事が多いです。35mm判は全く出番がない状況ですね・・・畫質もさうなんですが、尖鋭度や解像度を考へれば結局殘すには中判以上の判型が良いとの判斷です。お散歩だらうが何だらうが、良いシーンは突然現れるものですんで。

もちろん中判ならではの制約を受けますが、そこはお散歩目的なので、さういふ縛りがあった方が面白くもあり。何でもかんでも自動で撮れるなら、もうフィルムかディジタルかなんて話を超越して、もはや人間が撮らなくても良いじゃん、とも思ふ譯です。帽子に小型ビデオカメラでも付けとけよと。

まあそんな堅い話は抜きにしても、少々デカい變な貌のカメラを抱えて上から覗いてると、撮ってる感じがしないのか違和感無いですね。福岡はハッセルを知ってる人が少ないのか声を掛けられる事も殆ど無く、ビデオでも撮ってるんかと思われてるかも知れません。

ぼした祭り平成廿二年其の貮

其の二です。其の一はこちらへどうぞ。

元々ぼした祭りに出掛けた理由は中判で撮りたかったからなんです。そのためHASSELBLADを出動させました。ハッセルで動きのある對象を撮る機會は殆ど無かったため、不安に思ひF6もサブで持って行ったんですが・・・

結局現場はまだ暗く、ISO 100のフィルムを持って行ってしまったばかりに、結局F6+ISO 400で撮りまくるハメになってしまいました。十分に明るくなってきた頃、ようやくハッセル登場になりました。PRO 400を持って行くべきだった。嗚呼。後の祭り。來年は間違はぬやうに。

ご存じの通りハッセルは左右逆像なので、撮る對象が激しい動きをされるとアレアレとふらふらする事になってしまうのですが、そろそろ眼がひっくり返っていても追從できるよう訓練されまくってきたので、特に違和感なく撮る事が出來ました。

ぼした祭り2010
出撃〜!!

ハッセルで覗いた逆像
上の寫眞、ハッセルで覗いた場合、こんな風にファインダーでは見えてます(試しに上の寫眞をひっくり返しました)。變なの〜と思ふのですが、兩眼で見へる巨大な、極めて明るいファインダーは素晴らしいの一言。最近流行のEVFなんつーインチキ合成は逆立ちしても叶わんでせう。光學萬歳。

ぼした祭り2010
立派なお馬さま

ぼした祭り2010
ぼしたーぼしたー!!

ぼした祭り平成廿二年其の壹

既に先々週末ですが、熊本市の最大のお祭り、ぼした祭り(藤崎八幡宮秋季例大祭)が開催されました。元々はかけ声が「ぼしたーぼしたー○○○」という威勢の良いものでしたが、最近は意味不明の「どーかいどーかい」と改竄行われている悲しい状況ですが、その辺のごたごた事情はWikipediaを參照して頂くとして、幼少の頃から參加しております私としては、この祭りは死ぬまで「ぼした」です。

実際に「ぼしたー」と叫ぶと注意されるらしいですが、そんな意味不明かつ歴史の改竄を推奨する悪癖とか取り決めはさっさと止めましょう。さー「彌榮(いやさか)ぼしたーいやさかさー!!!」

さて九州に歸ってきて半年經ちましたが、十数年ぶりに參加致しましたが、今回は観る側です。こればっかりは出らんと面白ないのですが、まあよいでせう。朝5時起きでF6+ZF Planar 50mmと、503CW+CFE Planar 80mmで出撃しましたが、今回はZF Planar側をば。朝のうちは暗かったので、X-TRA400で、明るくなってきてからREALA ACEで撮りました。

ぼした平成廿二年其の壹
お馬さんを引いて廻る「馬追い」が祭りの主題です

ぼした2010其の貮
ガタイの良いお馬さんが大人数人を引きずり廻しながら突進しまくります

ぼした平成二十二年其の參
結構眠そうです。朝早かけんねー

ぼした平成廿二年其の四
突進しまくり暴れまくり。この後私の方に突進して足を蹴り上げました。勿論逃げます(笑)。命懸け。當然ながらたまに命を落とす方もいらっしゃいます

ぼした平成廿二年其の五
突進直後された撮ったやつ。もう止められない

ぼした平成廿二年其の六
「何でこぎゃん騒ぎよらすと?」と云ってるかの如く見えますなぁ

ぼした平成廿二年其の七
横では出陣前に水をかけてもらってました

※追記: 其の貳を掲載しました。ハッセルブラッドで撮った作例になります。

※追記2: 寫眞は最初の方がその辺に安く賣ってるFUJICOLOR X-TRA400 (SUPERIA PREMIUMと同じやつ)、最後の二枚のみがセミプロユースのFUJICOLOR REALA ACEです。色の出方が全然違います。やっぱり一般のは發色がどぎついなぁと。