紅葉 雷山観音千如寺大悲王院

先週ですが、紅葉狩りといふ譯でもないですけど福岡の紅葉の名所、雷山観音千如寺大悲王院に行って參りました。まだ紅葉はさきっちょだけでしたが、裏に廻ると日当たりの良い所で燃えるような紅を観る事が出來ました。

最近リバーサルフィルムを使ふ機會よりもネガフィルムの方が頻度が多くなってきました。理由はやっぱりダイナミックレンジの廣さです。リバーサルフィルムだとASTIA 100F以外使ふ氣にならなくなってきたのは、眼が肥えてきたからでせうか。さういふ自然なのがやっぱりいいと思ふやうになってきました。

ちょいと昔だと、PLフィルターを付けっぱなしでVelvia 50にて撮ってた時代が噓のやうな感じです。ああいふのはもういいや、と。

ネガフィルムだとPRO160NSかPRO400になるんですが、撮った瞬間の寫眞としての完成品を考へるとやっぱりリバーサルが良い、と思ふのです。一發勝負ですが、無加工の光の寫像である寫眞なんて元々さういふもんだらうと。後でごちゃごちゃ弄るのはどうも趣味に合わんです。

それに、耐久性もリバーサルフィルムの方が上で、モノによっちゃ100年くらい持つらしいですね(フジフイルム発表。最近のASTIA 100FとかVelvia 100FとかPROVIA 400Xとか)。ネガだと2-30年くらいらしく。高耐久のネガも欲しいと思ふのですが、無理なのかなぁ。

↓クリックして1024×1024くらいのを表示するやうにしました。元々はGT-X970で1200dpiでスキャンしたやつなので、2940×2940くらいです。當然ながら無修正。


まだ先端のみ紅いですが、かういふ風情も良いものです。


紅い。眼がチカチカするくらいでした。ここはVelvia 100Fにせず良かった。富士フイルムならPROVIA 100Fか、ASTIA 100Fが良いだらうと思ひます。PROVIAでもまだ硬い。

Leave a Reply