VPSに変更した

さて本武者返し.comであるが、昨年末にでた各社VPSが羨ましくてしょうがなくなってきたので、試しにさくらのを借りてヨサゲであった為、思い切って移行してみた。さようなら、さくらのレンタルサーバー。5年くらい使ったか。

VPSとはVirtual Private Serverの略であり、中身はLinux 2.6で採用されているKVSであるらしいのであるが、要するにまるごと1台まるまる借りれるような風に勘違いさせてくれるモデルである。ほんとのまるごと1台ではないのだが、OSの再インストールからまるごと俺仕様でカスタマイズし放題というところがうれしいところである。

が、逆になんにも中身のないスカスカ状態から始めねばならぬため、サーバー構築経験のない人であれ極めて厳しいものである。逆に業務で情報技術者を標榜するのであれば、こんくらいは自力でできないと業務遂行上極めて厳しい立場に追いやられること必然であろう。そういう意味では腕試しにちょうど良い。

無論、サーバー建てられたから何なのよと言われても困る。それ以上でも以下でも無い。単にVPSが使えるというだけである。

さて私がVPSでうれしいなあと思ったことはやはり、JavaやJava EEサーバーが使えることである。もちろんOracle XEも使える。それがRedHat互換OS上で動く。仕事で使っているものに近い物がそのまま使えるのは極めて嬉しいものだ。

現状WordPressがPHPとMySQLで動いているため前と大して変わらないのではあるが、それ以外のところでJava使い放題というのは精神衛生上大変よろしい。いろいろできるので、いろいろ使う予定である。中身は内緒。

Leave a Reply