野苺の花 Proxar 0.5 + Planar 80mmの限界

野苺の花
(Click to large)

凄く良く咲いていたのでProxar 0.5を付けて撮ってみた。青っぽいのは實際に天氣が惡かったのと、しかも日陰であったためであり、見た目どおりである。

Planar 80mmにフードを付けていた場合、フードの先から10cmくらいの距離が最短撮影距離になるのであるが、實際問題これより短い距離で撮影した場合、フードに當たってしまうといふ問題が發生する。フードを外せばもう少し距離を短くできるものの、今度はレンズが蔭になってしまうといふ問題が起きる。

假にこれ以上大きく擴大したいといふ場合、レンズそのものの長さを縮める譯にもいかない譯で、選擇肢としてはもっと焦點距離の長いレンズで撮影するしかない。ただ、余りにも大きく寫しすぎた場合(フィルムに寫った像が實物よりも大きい場合)、もはや生物學的な學術用資料のやうになってしまうのが難點でもある。この辺は小さな判面の35mm判では味わう事の出來ない惱ましさでもあらう。

One Reply to “野苺の花 Proxar 0.5 + Planar 80mmの限界”

  1. すばらしい写真を拝見させていただきました。私はTOYO45A、RZ、HasselとEOS Kiss+Y/Cを使用しております。これからも宜しくお願いします。

Leave a Reply