Verdi La Traviata (椿姫) – Maria Callas 1955 Cetra LP

さてこのblogは私の趣味100%のblogであるため、音楽系の話も徐々に増やしていきたいと思っていた。運良く良いLPレコードが入手できたため、まず最初にこれをネタに書いてみたい。

Twitterではちょいと呟いてみたのであるが、新品の格安LP playerを入手できたことから、本格的に我が家のaudio systemsの復活とLP recordの蒐集を始めた。そこでOperaである。※ちなみに私の大学の卒業論文はVerdiである。

Operaの全曲集となると2-3枚組LP recordで、大半がbox setであるため、かなり潤沢に存在する福岡市内の中古店にもなかなか存在しない。そこで通販になるのであるが、私の欲しい系は「現地の初盤」であるため、結局国内には殆ど存在しないのである。しょうがないので、eBayで探す羽目になるのである。こうなるとLP代金と送料が同じくらいという悲しい状況となるのだが、こればかりは回避ができないと諦めるしかなかろう。運良く国内にあったらいいのだが・・・

そこで最初にどうしても欲しい! と思っていたものがあった。VerdiのLa Traviata (椿姫)の史上最高の舞台と言われている、1955年Teatro alla Scala (イタリアのスカラ座)のCarlo Maria Giulini指揮のものである。

この録音はMaria Callas (マリア・カラス)とGiuseppe di Stefano (ステーファノ)のコンビと無敵のBastianini (バスティアニーニ)の父ちゃん役で有名なもので、1955年5月28日の初日の録音である。元々の録音が良くないらしく、それをどうにか聞けるように調整したらしきものがEMIからCDになって出ているのだが、まあとにかく評判が悪い。LP時代のはもっとマトモだった、との評価を至るところで見かけていたため、じゃあ聞いてみようじゃないか、と探すことになった。

だが、探し始めてすぐ分かったのだが、現在CDを出だしているEMIはLPを出していないのである。そもそも、この録音がどこから、いつ発売されたのかもよく分からんのである。書籍『歌劇場のマリア・カラス』も入手して読んだが書いてない(そもそも入手してないぽい)。

eBayや海外の各種Maria Callasサイト(主に英語とイタリア語)を散々探した現状の結論としては、初盤はどうやらItalia Cetraから1977年に出たbox setのようである、というところまで判明した。これはItaliaで発売された後、日本のキングレコードから1979年に日本でのプレスで出ているようである。折角ならばこのCetra盤が欲しい。

で、安価にあっさり入手できた。約10日で米国東部から到着である。おまけに(箱潰れ防止用に)カビだらけの交響曲のLPを2枚付けてくれた(これは清掃して復活したため別途保管中)。

IMG_2951

中身はデカい説明書というか簡易写真集であるのだが、映像で殘っていない1955年のTeatra alla Scalaの舞台をよーく見られる貴重なものである。Librettoとか一切無し。どうせみんな知ってるからええやん、というItalia國民限定の潔いパッケージングである。Maria CallasというとEMIのお婆さんパッケージ写真のイメージしかなかったのであるが、これはさすがに若いし美人である。これで歌が凄いのでまさに無敵である。Viscontiの舞台もかなりイケてる感じである。映画フィルムで殘っていたらどれだけ素晴らしかったであろうか。

IMG_2953

針を下ろすと、(評判の悪い)CDで聞いていたお馴染みの序曲がなり始めたのであるが、聞いているとどうも違う。何が違うのか暫く分からなかったのだが、概ね以下が言えるのではないかと考える。

  • 音が分厚い。特に人の声の音域が強い
  • Orchestraがこもって聞こえる。ついでに拍手等もこもって聞こえる
  • surface noiseぽい音がかすかに聞こえる。が、LPのパチパチ音もあるのであんまり気にならない
  • たまに音の歪みが入る。これはテープ回転のムラか

IMG_2950-2

LPで聞いたらよく分かるのだが、どうも舞台の上に歌手に向けてマイクを置いていたか、もしくは舞台の上の幕の内側(歌手の真上に)マイクを吊して録音した感じである。だから歌手の声は良く聞こえるのだが、orchestraや拍手はこもって聞こえるのだろう。子細は不明であるが・・・

で、私の大好物であるTraviata第一幕を聞き終わった後の感想は「もの凄く素晴らしい、というか他の歌手の録音が全く聞けなくなったどうしてくれる!!!」である。本気で泣けてくるくらい素晴らしい圧倒的な声の圧力。全篇を通して聞くと、最盛期のCallasやBastianiniが良いのは当然としてStefanoがこんなに凄い歌手だとは思わなかった。声楽をかじった身としては声の音圧の善し悪しくらいは聞き分けられると思っている。このちょっとしたところに歌手は身を削って頑張っているわけであり、それが素直に聞けるのは本当に嬉しい。StefanoはLa TraviataやLa Bohemeとかがピッタリの軽めのtenore liricoのため、重いverismo drammaticoが要求されていた時代には不遇だったのだろうと勝手に想像する次第である。同時代のMario del Monacoとか凄すぎるしね・・・

このCallasとStefanoの掛け合いを聞くと、この連中、無限に声が出るんじゃないか?と本気で思えてくる。Verdiのoperaの主役はあくまで歌手であるので、orchestraがスカスカなのは別に良いのであって、声が全面に出てくるこの録音は、実は全然OKなんじゃないかとも思えてくるから不思議である。というか私は全く満足である。これ以上、必要なし。

一応確認のため、比較的まともに調整済みの『歌劇場のマリア・カラス』付属CDの同じくLa Traviata 1955年盤の第一幕最終Aria “E sterano, E sterano…”を再度再生してみたが、オーケストラが比較的まともに聞こえる代わりに、主役の声が痩せて聞こえてしまう。歪みとかsurface noiseとか無いのはいいのだが、これでは本末転倒であることよ、と嘆いてしまうくらい、Cetra盤に分がある。

IMG_2954

ちなみにこのCetraであるが、Maria Callasの伝記によく登場するあの「チェトラとの契約が云々で録音が・・・」のCetraである。このCetraという会社についてはItaliaのWikipediaに記載があった。イタリア語は忘れて久しいのであんまり読めないのだが・・・一応英語に翻訳して読める。

http://it.wikipedia.org/wiki/Cetra_(casa_discografica)

さてCDで現在発売中のものはEMIから出ているのであるが、どうもWeb上の噂話としては、やっぱりEMIはこのオリジナルテープを保持しておらず、どこかから借りてるぽい、という事である。恐らくCetra(今は無いぽいのでその吸収会社?)が保持しているのだろう、と推察するわけである。

とまあ、簡単ではあるが以上「LP初盤」と「CD再発盤」とのどっちがいいか、という蒐集家の永遠のテーマについて、「やっぱりLP時代のはLPの方がいい、原産国の方がなおいい」という、当たり前の結果に終わってしまった。我が家の激安システム(Speakerだけ小型のTANNOY)でもすぐ分かるくらい違うので、もっと凄いシステムだとよりはっきり分かるのだろう。

しかしまあ、CDが登場した30年くらい前に喧伝された嘘を吹き飛ばすくらい、LPの音響的素晴らしさは認めざるを得ない。SACDの再発盤もLPにどんだけ近づけたかとかいう悲しい評価基準だったりする訳で、やっぱりその時代のはその時代ので再生すべし、である。

このLPを聞くまでRenata Tebaldiのが好きだったのであるが、物足りなさすぎて聞けなくなってしまった。良く引き合いに出される1958年録音のCallasのも、もはや無理。本LPの破壊力は相当なもので、究極のTraviataを手にしてしまったが故の悩みも尽きないのであった。もっと凄いの誰か教えて!!

祝! Java EE 7リリース

Java EE 7が遂に出た。実に目出度い話である。

EEとはEnterprise Editionである。つまり「企業版」である。企業システムに携わらない方にはなんのこっちゃら分からん話の可能性大である。

Screen Shot 2013-06-12 at 21.33.18

Java EEの歴史は混乱の歴史でもあるが、出てもう13年にもなるのでさすがに記憶が曖昧になってきた。忘れないうちに憶えている分だけメモっておきたい。

EE以前はWeb側がApache JServのServletとかNetscape Application Server (NAS)、サーバーサイドはWebLogic のEJB (一時期Tengahって名前だった)が主流ぽいけど、結局なんかよくわからん仕様がゴロゴロ出てきて、MicrosoftもIISでJava動かす荒技(もはや名前すら覚えていない)とかまあ、今のNoSQLみたいな状況であった。移植性? ゼロに決まってるじゃん、という。これはさすがに嫌だった。正直嫌だった。

最初のJava EE、当時はリリース直前に”Java 2 Platform”とかトチ狂った事を言い始めたどこぞのSunという会社がそれの企業版、ということで”Java 2 Platform, Enterprise Edition”つまりJ2EEという、Core 2 Duoみたいな醜い名前で登場した。しかもバージョン1.2。Java 2の2じゃないのかよ、という突っ込みは至る所で誰もが言っていた。このちょい前にJ2EEがProjectナンチャラって名前の頃、呉越同舟の同盟関係だったはずのMicrosoftを訴訟で追い出すというアホな事もしでかして、ついでに100% Pure Javaとかオレンジジュースみたいな宣伝までやってた、今思うと、自分自身の反省も含めて滑稽だなと思う次第である。

(その後MicrosoftはJavaのコピーをC#として出すことになるのだが、まあお互いコピーしまくってるからそれはそれってことで)

さて当時だが、J2EEの実行環境がSunのWebサイト(JavaSoftではもう無くなってた)で1999年の12月だったかに出た。当時としてはえらくサイズがでかかったのでよく憶えている。ダウンロードはしたものの、さてどうやって作ればいいのかさっぱり分からんという悲しい状況であったことは良い想い出である。程なくして、それはWebLogicと同類のものである、と判明するわけであるが、その統一規格であると見切るまでは暫く時間が必要だった。なんせ日本語の情報がほぼゼロだったからである。あったのかもしれんが、少なくともペーペーの私の所には届かなかった。

それからすぐ、今は亡きDBマガジンという雑誌に、たぶん国内初のJ2EE特集記事を書く千載一遇のチャンスが訪れ、その後にJavaOneに參加して生ジョブズをMac OS XのJava Swing対応のプレゼンテーションを見たり、Sunの本社とAppleの本社とをハシゴする等々、なかなかゴージャスな経験をさせてもらいながら、J2EEが実は企業アプリケーションの統一規格であることを体験しながら理解していかせてもらったりしていた。

そこで理解したのは「統一規格、いいじゃん!!」なのである。移植性担保ってかなり重要なのだ。ISO/IEC 12207 Software Lifecycle Processに非機能要件として入ってるでしょ、と。なので、それ以降今に至るまで、私のEEに対する理解は「統一規格」がベースなのである。

ちなみに、であるが、当時からCORBA分散モデルを忠実に移植しただけのEJB Entity Beanはゴミ扱いなので、まともな技術者は誰ひとり使っていなかった。これは事実である。私を含め、みんなオリジナルのDAOを作って使っていた。それを知らない連中が真面目にEntity Beanを使って「裏切られた!!」と吠えまくるのであるが、ご愁傷様、としか言い様がないのである。

その後、やはり今は亡き「JavaWorld」に寄稿しつつ、その間に登場する事になるJ2EE 1.3、1.4とおつきあいすることになるのだが・・・ちなみに私はEntity Bean=ゴミ理論当時からJavaWorldの連載で散々書いていた記憶があるので、贖罪の意識はない。

J2EE 1.3の目玉はJSPがやっとまともに使えるようになった(JSTLが追加された)、とかMessage-Driven Beanが使えるようになった(初期はEvent-Driven Beanとか言っていた)とか、あんまり良い想い出がないというか、1.2とあんまり変わらんのである。

J2EE 1.4は、これまたあんまり変わらんが、JAXPが付いたとかJAX-RPCが付いたとかあるけど、でかいのがゴミのようなJSFが突っ込まれて大ブーイングを喰らった記念すべきバージョンである。ここで分かったような分かってないような連中がやれSpringだ何だと大騒ぎしてグチャグチャになる訳であるのだが、いま思い返せば只の「第二のJ2EE」を作り出しただけであり、今や作り替えるにも難易度が高すぎる壮大なレガシー(≒死に逝く旧システム)そのものになっていることは、見知らぬ後輩のためにも記しておかねばなるまい。

さて、私はここでJ2EEに見切りを付け、さっさと.NET Frameworkのプロモーション等に携わったりと、まあ要するに1.0、1.1、2.0辺りとC#およびVB.NETを駆使していろいろ作っていた。何故なら、J2EEは暫くダメだろうと直感したからである。Javaプログラマーの単価がナイアガラのように急降下したのもこの辺だ。昔はJavaできるってだけで引っ張りだこだったのだが・・・

お陰で食いっぱぐれることもなく今に至れるのであるが、その代償として、この時期のJ2EEが良くわからんのである。SpringもStruts 2も真面目にシステムを作ったことがない。そんなもん使うより、ASP.NETとADO.NETを駆使してエレガントにVisual Studio使った方が100倍マシだと思っていた。今でも思う。

Visual Studioが出てきたので記しておきたいが、JavaのIDE(昔はRADと言っていた)は長らく定番が無く、非常に困り果てた歴史でもある。私自身もViVi -> WinCafe -> JBuilder 1.0 -> Visual J++ -> ForteForJava -> VisualAge for Java -> JBuilder 3.5~6.0 -> Eclipse 1.0~2.0 -> NetBeans(今)という流浪の歴史である。細かいところは忘れた。なんかWebLogicとかOracleのもあったような気がする。今はNetBeansで満足しているため、他に移るつもりは今のところ無い。

対してVisual Studioは選択肢がこれしかないし、出来も恐ろしく良いので考える必要がない。Javaメインだった頃は実に羨ましかった。実際やってみて、納得した。良い。

さて、そろそろJavaに話を戻そう。そして現職になりコンサルティングする立場からコンサルティングを受ける立場になり、そしてJavaが戻ってきた。いや、戻したというのが正しいかもしれない。それは頭が割れそうになるくらい散々考えた末である。

そして戻ってきたときにはJ2EEはいつの間にかJava EEになっていた。5である。1.が抜けた。5だよ5。そしてテストとしていろいろ作ってみた。特にJSF -> EJB -> JPAの流れであれやこれや頑張ったのであるが、結論としては「これは厳しい」である。それまで使い込んできた.NETに比べて、圧倒的な力不足感と、半端ない「考えてなさ」感。JSFはだいぶマトモになった。が、ベースがJSPであることの恐ろしい制約がもうダメだと思った次第である。

そしてその5の末期であった。ダメだと思ったとたん、Java EE 6が出た。GlassFish 3.0も一緒に。

そのときの直感は「やっと標準機能だけで作れるようになったか!!」だ。

長らくEE仕様は1.2から1.3、1.4、5に至るまで、どれひとつとして標準機能だけでは満足にシステムを作れなかった。Web系フレームワークではStrutsが必須であった。他のでも良かったが、みんなStrutsを使っていた。あとはApache Jakarta Commons。今となっては無用な制約でしかなく狂ったような依存関係になる元凶としか見なせない対象だったりもするが、当時は救世主でもあった。

が、EE 6ではJSFのベースがFaceletになり、JAX-WSも付き、EJBにCDIが入り、JPAも良くなった。何より良かったのがNetBeansである。こいつとGlassFish 3とMavenとの連携はまさにVisual Studioに匹敵するか、もしくは部分的に凌駕しているものであった。いや過去形ではなく現在形である。

で、EE 6から本格的に復活した。昔のようにアホみたいに作りまくる生活に戻ったのである。違うのは、余所様のを作るのか、自社システムを作るのか、だけ。大きな違いではある。JavaOneにも10年振りに復帰した。今年も行く予定である。

ここでEE 7の登場である。中身を見ると、JSFの改善が著しい。というか最初からこれを出しておいてよ!! と絶叫しそうなくらい、改善が凄い。案の定文献が無い状況であるが、最初のJ2EE 1.2も同じ状況であったので、毎度の話である。むしろ現地JavaOneで昨年、事前に情報が得られただけ10倍マシである。Batch Frameworkとか謎仕様がてんこ盛りであるが、実際の企業システム構築で使えるようになるまで暫く時間があるため、その間に樣々試そうと思う次第である。

さて、NetBeans 7.3.1と一緒にダウンロードすることにしよう。プロジェクト作成の時には「Mavenプロジェクト > WAR」の一択であるため、そこだけ間違えなければ素敵なEE 7ライフが待っているはずである。

※画像のリンクがGlassFishになってなかったので修正しました。けど、NetBeansをダウンロードしたら一緒にインストールできるので、開発用途としてはまずNetBeansをダウンロードする方が賢いと思いますよ。