撮影に行ったのにフィルムを忘れる→XA大活躍

仕事の合間を縫って藤棚を観に行ったのであるが、うっかりフィルム(ブローニー120のPROVIA 100F)を持って行くのを忘れてしまった。アホである。こういう時に限って、持って行ったのがWISTA望遠セットである。

  • WISTA 45 SP
  • Sinar Roll Film Holder 6×7
  • CM FUJINON W 250mm F6.7
  • FUJINON T 400mm F8
  • SEKONIC L-758D
  • TOYOのルーペ
  • レリーズ
  • 三脚 (SLIKのカーボンのなんか忘れた + ARCA SWISS Z1)

改めて総重量を計ってみたら6.8kg+2.1kg(三脚)=8.9kgであった。クソ重いはずである。

で、フィルムがない。只の鉄とガラスの塊である。

しかし、ビューカメラを持って行く際に必ず持って行くカメラがあった。OLYMPLUS XAである。これは恐ろしく軽いというか200gくらいしかない。大きさもiPhone 4Sより横が短い。黄色の二重像を重ねる距離計付きの立派なレンジファインダー機、精度の良い露出計内蔵、しかも35mmフルサイズ機(笑)である。

本機は2年前に天神の中古カメラ屋に安価にあったものを保護したものである。露出計が当初アンダー気味だったためカラーネガ専用機として適当に使っていたのであるが、使っているうちに改善されてきて、今やSEKONICの露出計とだいたい同じ値を弾き出すまでに改善したため、今年からリバーサル機として大活躍中である。何故改善されたかは謎であるが、結果オーライである。

IMG_1524

クレジットカードサイズを一回りだけ大きくしただけである。ちなみに裏蓋だけは金属であるため、手触りはひんやりして意外にイケる。この点だけはNikon F100よりも上である。

さてこのXAにPROVIA 100Fが入った状態でポケットに入っていたため、全く撮れないという嘆かわしき事態だけは避けることが出来た。幸いターゲットたる藤棚もさほど満開という訳でもなく、フィルムがあったとしても撮らなかったかな、と思えるほどであったため、こちらも結果オーライであった。

いずれにせよ、フィルムは余計に買っておくこと、それと出掛ける前には必ずフィルムを持って行く事をチェックすること、が重要なことであると改めて思い知った次第である。フィルム忘れなくても露出計とかレリーズとかルーペとか忘れるんだけどね・・・

IMG_2815

CM FUJINON W 250mm F6.3

久しぶりのレンズ追加である。構想2年、苦節1年半、ようやく入手に辿り着く事が出来た。大型写真機用のレンズである。今時こんなもんを買うのは余程の奇人変人だろうと思わなくはないが、写真を趣味にして、レンズなんぞに投資している時点で一般人からは五十歩百歩である\(^o^)/

今回の構想は、我が大型写真機であるWISTA45 SPにレンズを追加した方が良いのではないだろうか、という事でスタートしたのであるが、最初は広角レンズが良いだろうと思って探していた。

ところが実際の撮影を改めて考え直すと、花を撮ったりする事が多く、近くまで寄れない(進入できない)ことが多い。こういう場合は35mm判だとM-1とZUIKO 90mm F2 MACROの独壇場であるのだが、それに相当するレンズが無い、という事実にはたと気付くのである。

所持していたレンズは2本。FUJINONのCM W150mmおよびT400mm。それぞれ4×5だと45mmと120mmくらいである。大型写真機は蛇腹を焦点距離より長く伸ばせばマクロ撮影モードに移行できるため、45mmより近接した撮影は可能であるのだが、T400はテレタイプ(強引に通常より短いフランジバックで兆焦点距離を扱えるよう頑張ったモノ)である上、ピントを合わせるためには蛇腹を252.4mm以上伸ばさねばならないため近接撮影はほぼ不可。

つまり、35mm判換算45mm-120mmという一番旨みのある距離が扱えないのが我が大型写真撮影の現実であったのである。という事でそこを埋めるのがまず先決であろうと、丁度150mmと400mmの中間で、かつWISTA45の限界蛇腹長300mmで扱える最大長のワイドレンズ、という事で250mmに白羽の矢が立ったのである。35mm判換算で70mmくらいのものである。

大型写真機のレンズは、国産だと現行は富士フイルムのFUJINONと山崎光学研究所のCONGOとの二択であるが、性能とメンテナンス性を考慮してFUJINONを選択している。無論最初の候補は現行品であるCM FUJINON W 250mm F.6.3である。第二候補が近接撮影用のapochromatレンズであるFUJINON A 240mm F9。後者の方がレンズは軽いのだが、イメージサークルが8×10で使う場合にはギリギリで煽れない、解放が暗くピント合わせが厳しそう、という事もあり、8×10をあつかう(かもしれない)将来性も考慮して、前者のCM Wが良いだろうと決めた。

あと、apochromatだとカミソリのようにシャープに写るのであるが、私はどっちかというとCM W 150mmのフツーに綺麗に写るその平凡なフツーさが大好きなので、やっぱりフツーのCM W型が良いなと思った次第である。

これが1年半くらい前である。

さてそこからが涙ナミダの物語である。その当時住んでいた東京で中古レンズを探すのであるが、このCM W 250mmが無い。何というか、人気がないのか人気があるのかさっぱりわからんのだが、とにかく無い。CM W 210mmやCM W 300mmなんぞは結構ゴロゴロしているのだが、この250mmだけが、蛇蝎のごとく嫌われてるのか全くない。

大判レンズが数多く置いてある某有名店を足繁く廻るが、無い。某フジヤカメラにも通うが、無い。年に数度ほど中古ページに出た事があるのだが、電話を掛けたら時既に遅し。オークションにも出ない。数度出たけどちと微妙だったりしてスルーした事も暫し。

そんなわけで引っ越しも重なり、あれよあれよと2年間も過ぎてしまったのであるが、今回諦めきれずに探していたところ、ひょんな事で発見。電話をしたらあったのですぐ送ってもらう事にした。そして到着したのが今日である。当初想定価格の半額くらいで買えてしまったので、もう何というか、果報は寝て待てである。ええんか、こんなんで。デジカメ様万々歳である。いいぞもっとデジに移れ皆のモノ\(^o^)/

という事で、我が家の激安大型写真機用レンズが3本構成に成長した。こんくらいになるとまあまあ様になるというものである。ただ、あんまりカメラ自体に愛着は無い。どうしても写真が主なので、カメラは脇役である。

レンズは多少使い込まれているが、シャッター速度等は簡易に見た限りでは特に問題ない状態である。どうせ使い込むので、そこはまあ、程ほどで良い。肝心のレンズは特に問題もなく良好。

WISTA45にはめてピント合わせを簡易に行ってみたが、全く問題が無く非情に良好である。フランジバックを239.9mm確保せねば無限遠が出ないので、それ以上蛇腹を伸ばす必要がある。300mmまで伸ばせるので、近くへのピント合わせも楽々である。

海外のフォーラムを見るとCM W 250mmの情報はやはり多くはなく、どうもマイノリティーっぽいレンズではある。が、前田真三氏らの過去の4×5写真を見る限りFUJINON 250mmというのはそれなりに使われてるので、まあそれなりに期待している次第である。

早速試写したいが、九州は台風直撃コースで今日も明日も雨である。トホホ。大濠公園では紫陽花が咲き始めである。

4×5インスタントフィルムで芍藥・藤・椿 FP-100C45

遂に復活。何となくそんな氣分でWISTAを担ぎ出した。大型寫眞機での撮影である。レンズは2本、150mmと400mm。現狀これだけしか持ってないのでフルセットではある。近々増やす野望を立てている。最近ハッセルをよく使っていたが、やはり大型寫眞機が私には合っていると思い直している所である。

極めて久しくの担ぎ出しであったため、1年以上使ってなかった4×5のインスタントフィルムを使ってみた。全てFP-100C45である。福岡は今日曇りから晴れの間を行ったり來たりであったが、午後は何となく晴れていた。花曇り前後である。

芍藥
(CM FUJINON CM W 150mm F5.6)

防濕庫に放り込んであったため、これでは特に變色等は見られない。白色も良く出る。

藤
(FUJINON T 400mm F8)

調子に乗って藤を撮ってみた。色が變であるが、元々こんな發色であった氣もする。但し、赤方向に轉んでいるため、やはり2年近い放置は良くないのだらう。

實は一枚目を大失敗してしまった。久しく使ってなかったからか、白い紙を引っ張ってもフィルムが出てこなかったので「?」と思ひながらもう一枚白い紙を引っ張ってしまった。これが元兇。2枚グチャグチャになって出てきてしまった。2枚目は見るも無慘な眞っ白けっけ。1枚目も一緒に出てきたがどうも現像液が行き渡ってない模様。ドキドキして規定秒数待ち剥いでみると・・・

椿
(CM FUJINON CM W 150mm F5.6)

こんなのが出てきた。FP-100Cは10枚で4000円くらいなので、大損害である。このカットは6×7のリバーサルでも撮影していたので、まあ良しとしやう。とにかくFP-100C45はコストがかかるため、必殺技に取っておいて、普段はもう少し小さなFP-100Cを使へるやうにPA-145を入手せねばならない。

FP-100C45

今日の溫度は槪ね25℃程度であったため、フィルムを剝がすまでの待ち時間は90秒である。これはフィルムの裏に書いてあるので、それを參照する。現像中は触らずフリフリせず、静かに置いておく。規定秒數に達したら一氣に「えい!」と剝ぐべし剝ぐべし。ベタベタの現像液+紙が殘るので、ちゃんと持ち歸るべし。決して現地に捨てるなど非國民的所作はやってはならない。

フィルムの方は敢へて4×5で撮らず、全て6×7で撮影した。まだ芍藥があまり咲いておらず、本番は來週に持ち越しである。蛇腹を伸ばして氣輕にマイクロ撮影、兩眼での構圖の確認など、大型寫眞機の利點は限りない。今後はやはりメインをこちらにするのが得策であらうと思ふ今日この頃である。

WISTA 45純正レンズボードを注文してみた

 何となく氣紛れですが、WISTAの純正レンズボードが欲しいなぁ、と常々思っていました。愛用のFUJINON T 400mmを購入時に偶然付いていたWISTA純正のレンズボードには、WISTA 45 SPと同じ格好いい藤の家紋が付いておりました。WISTAのこの紋は我が古里の「ぼした祭り」で局所的に有名な藤崎八幡宮の紋と同じ藤でして、そんなどうでも良い理由からいずれCM FUJINON 150mmの方にも同じやつを付けてやらう、と狙っておりました。

 この家紋ですが、やはりLinhofのマークのパクりだらう、なんて無粋な話もありますが、ややこしい事は間違い無いですな。バッジの位置も色味も同じ。Wikipediaに依れば、WISTAの前のリトレックを作っていた頃の武蔵野光機時代は多分このマークは無かったやうにも思へますので、1972年の初代WISTA 45發賣時に付けたのではと推測されます。文献が無いんでこれ以上は不明でございます。今度機會があったら中の人に聞いてみたいところです。

 で、これを欲しいと思ってWISTAに發注しやうと思ったんですが、たかだかレンズボードに数百圓の送料は勿體ない。といふ譯で、試しに新宿のヨドバシカメラ3Fで注文してみました。「あゝ、できますよ」と賣り場のおじさんの輕い返事から一週間、ようやく届きました。¥3,381圓也。オークションや中古カメラ屋でこれより高い値段でよく賣ってますが、極めて謎です。現行品で取り寄せ可なので素直に新品買いませう。

 開けてみた。「當社レンズボードは精度を高めた平面加工竝びに面出し處置を行ってあります。レンズボードは案外反り易いものです。特にレンズ取付け前に無意味な曲げ操作等絶對避けて下さい。」ださうです。昔そんな事が流行ったんでせうか?

 裏。MADE IN JAPAN。當然です。

 袋から出してみた。紋章が輝かしい。ちなみに紋章は單に貼り付けてあるだけでなく、紋章の形にボードが引っ込んでいて、そこにバッジがハメ込んであります。何といふ無駄な凝った仕上げ。

 裏。綺麗なつや消し處理が行はれてます。さすがは新品。

 さてCM FUJINON 150mmに購入時から付いていたTOYOのレンズボードを外すことにしました。カニ目のレンチが必要ではありますが、専用のTOYOのシャッターレンチを使へば一發です。¥1,000くらい。

 後玉をくるくる回して外したあと、シャッターレンチを當てて「カクッ」と回せばあとは手で回ります。

 左が外したTOYO、右がWISTAのもの。持ってみて分かったんですが、WISTAの方が厚みがあり重いです。

 裏。こちらはほぼ同じ。同じ工場で作ってもらってるのか、「TOYO」「WISTA」と「MADE IN JAPAN」の表記位置まで同じです。ただ、WISTAの方が厚みがあるんですなぁ。あと、WISTAの方には上辺のセンターに引っ込みが付けてあります。

 で、新しいWISTAのボードをCM FUJINON 150mmに付けてみました。ううむ、キまった・・・

 さっそくWISTA 45 SPに付けてみました。これぞ純正仕様。ホントはレンズもCOPALプレスシャッター付のWISTAR-Wを付けるのが正しいんでせうが、わたしゃFUJINONが好きなのでこちらで行きます。ちなみに、手元の今年版カタログを覽る限りでは、COPALプレスシャッター付CM FUJINONも用意されているやうです。やるなWISTA。でもシャッターの最高速が1/125に制限されてしまうので、現狀この組み合わせが私にとっては最良のものと考へております。(ちなみにCM FUJINON 150mm付属COPALシャッターの最高速は1/500です。のんびり走る電車撮るときにはこのくらいは最低欲しいところです)

 こんなことやってる場合があれば外に撮りに行けと云われさうですが、趣味なんだからいいじゃん!! (爆

熊本までの道中その1 姫路城

 さて車で歸省することになった私でありますが、早朝の5時から出發し、東名から伊勢灣の方を通過して新名神突入というルートを午前中にクリアすることが出來ました。その數日後には豪雨で東名が分斷されることになるのですが、この時はまだ無事だった譯です。

 さてiPhoneで嫁に澁滯状況をチェックしてもらいながら迂回して進んだため、懸案だった宝塚も大して混まずにスルッと通り過ぎ、目的地の姫路には14時過ぎに到着。あまりに早期に到着してしまったため、 姫路城を見學しに行くことにしました。

 この時の私の寫眞機はHASSELBLAD 503CWとWISTA 45SPと二臺あったんですが、迷うまでもなくWISTAを選擇。城を撮るなら超高精細な大型寫眞機に優るものは無いであらう、といふ理由です。ううむ、單純かつ合理的なチョイスに惚れ惚れ。その代償として猛烈にクソ暑い中を10kgを優に超える機材を担いで、エッチラオッチラ城を上っていくことになりました。げふー

 城といへば我が熊本城が私の基準、といふか熊本城以外の城を眞面目に見たのは、今年初めに行った彦根城に次いで二回目です。熊本城は眞っ黒で「どっからでんかかってこんや〜」と殺る氣滿々なところにウットリするのですが、この姫路城はなんとまぁ眞っ白でお姫様みたいな感じです。

姫路城
(WISTA 45 SP+WISTA Roll Film Adapter 6×7、FUJINON T 400mm F8、FUJICHROME Velvia 50)

 しかし城は戰の爲に。姫路城の隠れた凄みを見せてくれるアングルを探しつつ上っていき、ようやくこんな感じかな? と思って撮ったカットが掲載のもの。4×5を8枚と120(6×7)1本撮ってクタクタになったところで閉園のチャイム。近くのホテルに直行しました。よく頑張るなぁ。次の日も熊本まで激走の一日なんですが・・・

 ところでこの際の撮影ですが、何と大慌てで車の中でダークバックを広げてフィルムを裝塡したため、何と裏表逆にカットホルダーに詰めてしまっていました。氣付いたのが數日後。そういえばコードノッチが右下じゃなくて右上だったかも!! なんて氣付いたときには時既に遅し。もっかいダークバックに撮影済みカットホルダーを入れて手探りして・・・ああ、予想通り。絶望感といふよりはむしろ、急いで撮ったらこんなもんだらうなぁと、不思議と笑いが込み上げてきました。かういふのは一度失敗して體で覺へないとダメですなぁ。念のため6×7でバックアップに撮っておいて良かった。

GT-X970+無反射ガラスを用いたフィルムスキャン

 さて我が家のフィルムスキャンの方法を一度書いておいた方が良いだらうと思ったので書いておきます。ひょっとしたら役に立つ方がいらっしゃるかも、なんて思ひますので。あくまで我が家の解法なので、ひょっとしたらもっと良い方法があるやも知れません。

 一寸前の日記に書いたやうに、我が家のメインスキャナーはEPSONのGT-X970がフル稼働状態であります。このスキャナー、最大8×10のフィルムが直接讀めるといふ素晴らしい機能を持っているのですが、弱點として反りを無くした状態でスキャンする機能が無いのであります。

 4×5のフィルムサイズまでは、35mm版6コマx4列のホルダー、ブローニー2列のホルダー、4×5が2コマのホルダーと完備されているんですが、枠で挟み込むタイプなので枠外までスキャンしたい場合や4×5以上のサイズをスキャンしたい場合、ガラス面に直接フィルムを置いてスキャンする形となります。

 で、その場合に問題になるのがフィルムの反り。通常フィルムはピーンと平面性を保ってる譯でも無く、微妙に反っておりまして、ガラス面に置いてスキャンしているうちに、熱でクルルンと反ってきたりして、スキャン結果を観ると反った結果臺形になってたり歪んでたり片ボケしてたりと、そりゃまぁ酷い結果だったりします。付属のフィルムホルダーを使った場合も、反りには勝てません。やはりボケます。

 これが8×10などデッカいフィルムならまだその重量があるんでマシですが、35mm判などは細く軽い分、その反ったときのカーブ具合も相当なもんでして、やはり上に何かガラスみたいなのを載っけて、反りを無くした状態でスキャンした方が良い、といふ結論に誰もが達するのではと思ひます。


 通常はこんな感じでフィルムエリアガイドといふペラペラのオマケみたいなフィルムを周りに置いて、その中にフィルムを置きます。見づらいですがブローニーを一枚上の方に置いてます。これだとフィルムの反りに勝てない・・・当初は反って無くても、途中で反り出すので始末が惡い譯です。


 で、私はここでKPSから出てるKPS無反射ガラスをヨドバシで千円ちょっとで買ってきました。サイズは六つ切り。ホントはスキャナーのサイズピッタリのA4サイズがあれば良かったんですが、無いんでそれに近いサイズで。ところが、これを直接フィルムの上に置くと、ニュートンリングといふ筋状の輪っかがビロビローンと畫像の上に廣がり、見れたもんじゃないです。

ニュートンリング
 ニュートンリングの例。こんな感じで出てきます。


 要するにフィルムとガラスが密着しなければニュートンリングは出ないだらう、といふことで、無反射ガラスの周りにマスキングテープをぐるりと張り、その上でフィルムエリアガイドの縁にひっかけるやうにガラスを置きます。これで微妙にフィルムとガラスの間に隙間ができます。マスキングテープを多重に貼ってガラス面との距離を微調節するのでも良いかも。


 この状態でスキャンするとこんな感じで畫面に登場。


 ズームしてこんな感じ。


 スキャン結果。反ってない上にニュートンリングも出てない状態です。オリジナルは2400dpiなので 7056x5823pixels=41,087,088pixels (4千108㒼畫素)になります。が、これじゃWeb上で表現できないので、横500pixelsにリサイズしています。ちと傾いてますが敢えて無修正で。

(WISTA 45 SP、WISTA Roll Film Adapter 6×7、FUJINON T 400mm F8、FUJICHROME Velvia 50)

雨の横須賀菖蒲園

 さて先週土曜日ですが、横須賀菖蒲園まで行って參りました。 當日はザンザン降りの大雨。菖蒲や紫陽花はかういふ雨の時こそ輝くものです。ので、強行致しました。

 装備はHASSELBLAD 503CWの中判一式と、WISTA 45 SPの大型寫眞機一式です。濡れたら大變なので、エツミのカメラレインジャケットJを準備。バッグはLoweproなので元から防水装備があるのでOK。自分自身は登山用Gore-Tex採用の上下+靴で完備。これで何とか。

 さてザンザン降りの現場はやはりさほどお客は多くなく、かなり良い具合に咲いているにも關はらずのんびりと撮影が出來ました。有り難うございます。

 寫眞があがってきたのですが、まだスキャナーが調達途中なので致し方なくiPhoneでライトボックス上にて無理矢理撮影したのを載っけておきます。ピント合わないなぁ・・・


額紫陽花。ようやく大判で撮れました。前枠を煽ってピント面を横に倒し、蛇腹を倍の300mmに延ばして露出倍数x4です。
(WISTA 45 SP、CM FUJINON CM Wide 150mm F5.6、FUJICHROME Velvia 50、増感+1+1/3、C-PL)


こんな寫眞を何枚か撮りましたが、調子に乗って煽って撮ってるとT 400mmのイメージサークルが小さすぎて、上がケラれてます。まあこれはこれでOKとして、T(テレ)タイプはあまり煽れないってのは殘念ですなぁ。
(WISTA 45 SP、FUJINON T 400mm F8、FUJICHROME Velvia 50、増感+1+1/3、C-PL)

大型寫眞機用レンズ FUJINON T 400mm F8

 今年から始めた大型寫眞機ですが、レンズはこれまでCM FUJINONの150mm一本槍でございました。そりゃそれでいいんですが、きっと撮ってるうちに「ああ、長玉持っとけばよかった〜(T-T) 」といふ目に遭うことは容易に想定できました。

 WISTAの標準蛇腹は概ね300mmまで伸びるみたいなので、その範囲内で最も長いレンズは・・・といふことで色々探しましたが、フジノンで揃えようと決めた事から、素直にテレタイプのFUJINON T 400mm F8にする事に致しました。このレンズ、WISTAの限界に近い260mm程のフランジバック(蛇腹の長さ)が必要になるものです。

 テレタイプのFUJINON Tタイプは、年代的に數種類あるやうで、(1)鏡筒が括れたタイプのもの、(2)鏡筒が眞っ直ぐになってシャッター輪が銀色のもの、(3)(2)と同じだがシャッター輪が黒色のもの、と分けられるのかな? あとはEBCコーティングの有無やシャッターユニットがコパル以外のもの等でさらに數種類、と想定します。ここで選擇したのは、無論(3)の最終形態。一番新しくて最終型のものです。

 ただ、殘念ながらこのレンズは既に生産中止のやうで、新品で入手不可。どこかにデッドストックが落ちてるかもしれませんが、ケチケチ大作戰繼續といふことで、安價なブツを物色。奇蹟的に超安價で極美品をゲット致しました。偶然にもレンズボードがWISTA純正のもので、藤の家紋入りです。これは素晴らしい。記念にWISTA 45 SP本軆に付けてみた畫像も掲載致します。


畳んだ狀態。WISTAの藤の家紋がピントフードにあります。


本軆をガバッと開き・・・


前枠をズズズイーッと引っ張って蛇腹を260mmほど延ばして・・・


FUJINON T 400mmを装着して完了! 簡單でせう?


大艦巨砲主義、大は小を兼ねる、そんな言葉が浮かんできます。