ハイドライド SHARP X1版 全面クリア

今日はとっとと選挙に行って明治神宮にお参りしてきたので、心を清める意味でハイドライドを20年ぶりにやってみることにしました(おい)

で、当時クリアしたのは画面の汚いMSX版だったので、今回は初代ハイドライド最高の出来と言われるX1版(ディスク版)に初挑戦してみました。もちろん、手持ちの実機SHARP X1 turbo ZII上です。ソフトは箱説付をオークションで。ブーブーと言いながら、のろのろとロードします。

手元の説明書にはコピーライト等書いてないので、いつ発売だったかなぁと思い返していましたが、Wikipediaによれば1984年末発売だそうで。23年前ですか。。。

謎はすっかり忘れてましたが、電波新聞社の『チャレンジアドベンチャー』を見て何となく思い出しながら、やっとクリアです。3時間かかりました(^^;;;;

一枚目がオープニング画面(ロードが長い!!!)、二枚目がバラリス城突入寸前、三枚目が全面クリア画面です。液晶ディスプレイにXRGB-3経由で繋いでるのでエミュレーターみたいですが、手前にX1のキーボードを置いておきました。我が家では元気に実機稼働中ですよ。

自作FM77AVのRGB21ピンケーブル

現在手持ちのFM77AVですが、かくかくしかじかな理由で知人宅にドナドナすることになりました。実はもう一セット確保してあるので、そちらをメインにすることに。

ところがディスプレイ接続ケーブルは一本しか無く、現在ごく一部で市販されてるの普通のRGB21ピンのストレートケーブルを繋いでも映らない仕様になってます。実はこれ、クロスケーブルじゃないと映らないんです。

正常に映るケーブルをテスターでひとつずつチェックすると、1番と2番がクロス、3番と4番がクロス・・・というルールで、9番-10番までクロスにする必要がありました。

ということで早速アキバにRGB21ピンケーブルを買いに行き、15年ぶりくらいに半田ごてを握る羽目になりました。当然コテも無いので新規購入。うーむ、高いぞ。まあ一生ものと割り切ってます。

ということでケーブルを分解し、一本一本の極細線の半田を溶かして半田吸い取り器で吸い取り、クロスさせて半田を流し・・・と、気の遠くなる作業を繰り返して無事完成!!

早速差してみると正常に映りました。音楽もバッチリ。2枚目の写真がFM77AV→電波新聞社XRGB-3→液晶ディスプレイで映ってるFM77AV版の夢幻戦士ヴァリスです。多分PC-9801版を超えて全機種中最高の出来なんじゃないかと私が思ってるバージョンです。