タイヤ交換 BRIDGESTONE REGNO GR-9000

さて前囘の六ヶ月點儉でヤバいと書いたタイヤですが、毎度世話になっている日産プリンスまでちょっくらでかけて、ウルトラハードなスポーツ系タイヤであるブリヂストンのPOTENZA RE-01R(リンク先音注意!!)から、ある意味その對極にあるコンフォート系REGNO GR-9000(リンク先音注意!!)に換えてきました。痛い出費よのう。しかし、GT-Rにコンフォート履かせる變人も私くらいのもの、かと思いきや、他にもいらっしゃるとの事(ディーラー談)。なんだぁ、ちょっと安心でございます。

さて歸りですが、そのまま歸宅ってのもナンなので、首都高から大黒埠頭を經由して第三京濱をぐるっと走行し、50km程走って皮を剝いて參りました。乗り出しは静かで、をを、さすが!! と思ったところ、走り出すとRE-01Rと同じハードな感じだったのでアレ? と。ところが30km程ゆっくり走ったところ、どんどんマイルドな感じが出てきて、さすがはコンフォートタイヤ! という感触でございます。何つっても純正オーディオで音量を絞って音樂が聽けるようになったのは大變嬉しゅうございます。RE-01Rがどんだけ五月蠅かったかはお察し下さい。「ゴォー!!・ドォー!!」が「フー・スー」になったとでも言えばいいんでせうか。

さて静かになった分、失われるのはハンドリング性能。一番の懸念點であるステアリングへのフィードバックですが、極厚鉄板の四隅で踏ん張ってる感触が特徴のGT-Rですが、その點は變はらず。相變はらず判別可能。コーナリングも、法定速度域内での高速走行程度では違いがワカランです。但し、轍や繼ぎ目でステアを取られる擧動はほぼ皆無になった爲、さういふ意味ではハンドリング性能は落ちてをります。でもまぁ、街乗り+長距離が主軆な私なので、それで十分といへば十分。轉がり抵抗も相當低く、低速發進時も踏み込まずともスルスルって感じで轉がりはじめます。はっきり言って、樂。プリンスの中の人も、ボディーのヘタる事を考へれば、01RよりGR-9000がいいっす、とか言うてをりました。ホントかのう。


換へる前。ブリヂストンPOTENZA RE-01R。だいぶヘタってをります。
(Apple iPhone 3G、JPEG)


ちと見えんのですが、内減り+篇摩耗してこの裏っかわ辺りにワイヤー出てをります。危險すぎる。
(Apple iPhone 3G、JPEG)


換へた直後。ブリヂストンREGNO GR-9000。もう暗くてよう見えんですが。
(Apple iPhone 3G、JPEG)

新春の新宿御苑

先週末は新宿御苑に行って參りました。今囘はマイクロレンズ一本勝負。他の交換レンズを使わず、どれだけ一本で撮れるか、しかも一カット一枚で連寫禁止、フィルムは一日一本、色の映えるフィルムであるVelviaの禁止、硬調ニュートラルカラーのPROVIA 100Fのみ、と自ら縛りを入れての鍛錬でございます。

まぁまぁ晴れた土曜に行ったのですが閉園直前だった爲、物足りなさを感じて日曜も行ったのですが、日曜當日は酷い曇で今にも雨が降りそうな勢いでした。光がないのはマイクロレンズの大敵。接寫時は、暗くてオートフォーカスが效かないのでファインダーを凝視しながらマニュアルフォーカスで。微細ブレが恐ろしかったため、三脚を立ててミラーアップし、レリーズを使って息を殺しながら慎重に。

Nikon F6、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F
日本水仙がぽつぽつと咲いておりました。ちっちゃいから接寫で。マイクロニッコール傳統のカミソリのような鋭い描寫が素敵。
(Nikon F6、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F、三脚)

Nikon F6、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F
素心鑞梅です。むちゃくちゃちっちゃいです。春だなぁ。
(Nikon F6、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F、三脚)

Nikon F6、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F
鑞梅。マイクロレンズならではの描写ですな。
(Nikon F6、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F、三脚)

Nikon F6、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F
水仙(ペーパーホワイト)。等倍マクロ領域でさらに1.7倍テレコンバーターを入れてウルトラ接寫。實物は親指大です。
(Nikon F6、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G + TC-17EII、FUJICHROME PROVIA 100F、三脚)

Nikon F6、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F
猫。不貞不貞しい表情が何とも。
(Nikon F6、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F、三脚)

Nikon F6、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F
もう梅が咲き始めています。
(Nikon F6、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F、三脚)

Nikon F6、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F
夕焼けに映える梅。春よのぅ。
(Nikon F6、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F、三脚)

Nikon F6、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F
赤く輝く日本水仙を猛烈接寫。淺いピント面を操作するのに一苦勞。
(Nikon F6、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F、三脚)

Nikon F6、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F
石蕗と夕日。VRを効かせて手持ちノーファインダーAFで。
(Nikon F6、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F)

連載二本目 第二囘目

忘れないうちに載っけておきますが、連載のやつの2囘目が公開されたのでお知らせ致します。

元の原稿は年末公開予定と聞いていたのでそのご挨拶が入っていたのですが、結局年明けにずれ込んだのでちょっとだけ修正しております。これなら年初の挨拶が入っていて良かったですね。申し譯ございません。

今囘の趣旨は、コスト削減。妙なIT投資は止めましょうって話になってきてます。でも、企業の運営側からすると、單純作業はコンピューターでどんどん自動化した方がコストがもっと削減できる譯で、なかなかその折り合いが付け辛いところではございます。

しかし、情勢は大規模な投資を抑制する方向で動ひていますので、それを踏まえて、それでもシステムをもっと高度化する爲には・・・? といふ話です。續きはこちらでどうぞ

復活のザ・スクリーマー リボーンズ

昔っからのコアゲーマーなら知る人ぞ知る、ザ・スクリーマーが何とWindows版のゲームになって歸ってくるさうでございます。これは凄い。去年末から予約やってるさうですが、さっぱり知りませんでした。済みません。

ザ・スクリーマーはNECのPC-8801/mkII/SR對應のゲームでございまして、當時はMSX2しか持ってなかった私は、電波新聞社のチャレンジアドベンチャーとかケイブンシャの小型本とかを眺めながら、何といふ恐ろしいゲームだと思ったもんです。

どこが恐ろしいかといふと、ゲームオーバーになった瞬間、セーブされていたキャラクターデータが削除される。恐怖。Wizardryだとお金拂へば何とかなることもままありますが、このゲームは削除。すなわち死亡。

當時はデータディスクに銀色のプロテクトシールを張って難を逃れるゲーマーが多數、との話ですが、Windows版になると、そんなインチキできないでしょうから、速攻削除、なんですかねぇ。セーブファイルを自動バックアップするスクリプトでも仕込んでおかないと、泣くに泣けないって話になりそうです。ガクブルですな。

無論、今更ながらですが予約致しました。今度こそは遊ばせて頂きます。

※2010/11/14 追記: リンク先無くなってます。会社ごと消えたか・・・?

車の六ヶ月點儉 平成廿一年一月版

一月早いのですが、年末年始に2400kmほど爆走したので、毎度行きつけの日産プリンスまで車の六ヶ月點儉に行ってきました。六万キロを突破してしまったので、ついでにエアーエレメントを交換することに。點儉が安くなるメンテプロパックってのが丁度切れてたので、律儀に更新いたしました。

  • 走行61,500km
  • 安心6ヶ月點儉
  • 各オイル 汚れ・漏れ・液量點儉
  • 冷却水 汚れ・漏れ・液量點儉
  • バッテリー液量、劣化點儉 始動電圧10.05V良好
  • 各ベルト 張り・損傷點儉
  • ライト燈火狀態點儉、ワイパー作動・損傷點儉
  • ブレーキの效き具合、ペダルの踏み込み點儉
  • エンジンオイル SMストロングセーブ.XEスペシャル 5W-30 ENG14 4.8L
  • オイルエレメント AY100NS007
  • エアーエレメント AY120NS001
  • タイヤ溝殘量 (前)内減り0.0mm / (後) 4.0mm
  • ブレーキ殘量 (前)7.2mm / (後)3.8mm
  • タイヤ空氣圧調整 (前後共) 2.1→2.3kg/cm2

オイルは無論純正指定の純正のやつ。何にも言わないとこれになります。完全お任せ。いすゞジェミニイルムシャーに乗ってた頃はカストロールだ何だと拘ってた氣がするんですが、純正が一番いいや、といつの間にか純正至上主義者となっておりました。レーシング場で走らないのでこれで良いのだ。

點儉後、外したエアーエレメントを見せてもらいましたが、整備點儉簿に記載がなかったとおり、前オーナーは説明書どおり律儀にも交換してなかったみたいで、裏は鮮やかな赤色がすすけた桃色に、表はどす黒い物質と化してをりました。寫眞撮り忘れました。こりゃ燃調狂うわ(^^;;; 普通、nismoの方にいっちゃうと思うんですが、純正命のわたくしとしては、次もやっぱり純正エアーエレメントへ交換。變人ですかね。

で、問題がまたもや。何と前輪側が内減り。ガニマタ狀態(ディーラーのお兄さん談)で走ってたらしく、要するにアライメントが狂ってたって話のようで。二-三年も走ると狂うんだねぇ。そりゃそうだ。よく見るとワイヤーがちょっと見えてる狀態。危険すぎる。現在ブリヂストンのPOTENZA RE-01Rを履いてゐるのですが、既に生産完了。後繼がRE-11だそうで。ちと考えます。履き替えるまで遠出禁止。

あと、ブレーキパッドの殘量が、後ろがまうちょっとしか無いっす。多分次回十二ヶ月點儉まで持つだろう、分からないけど、との話ですので、次回交換。純正はブレンボのパッドなので高いっす。あとはカウルトップカバーが曲がって隙間ができてきてたんで、これも交換かなぁ、とか。調べると結構あるもんですね。點儉侮るべからず。

完了後、歸り道でタイヤが心配ながらも低ギアでドンと廻してみましたが、吸氣音が激しく、樂にビュンと廻るようになりました。これまで相當效率惡かったんでせうね。とりあえず元氣になりました。次のタイヤはどれにしようかなぁ。

勝手に解説フジフイルム ネガフィルム篇(感度400)

※SUPERIA PREMIUM 400の正確な位置づけが判明したので修正しました。

 世の中にはカメラ本軆の解説は多くありますが、寫眞と言へばその名の通り主役はやはりフィルムでございます。この解説が無いのはおかしい。

 ってことで、勝手にフジフイルムに代わり、寫眞のフィルム選擇の話を書いていこうかと。ちなみに私の曾祖父が寫眞好きで大東亜戰前の寫眞が結構現存、祖父がオリンパスフレックス辺りからの寫眞キチ、叔父がフジフイルム(の今となっては子会社)に勤めておりますがそろそろ定年退職なので、フジが儲かろうがどうしようがわたくし自身には何のメリットもございません。單に昔からカメラやさん(熊本の田舎の話ですよ)に行ったらフジカラーとサクラカラーばっかり、しかもフジカラーばっかり使ってたので、その延長で今でもフジオンリーなわたくしでございます。なのでフジしか知らんのですよ。

 どーでもいい昔話ですが、うちの母親は「サクラカラーは赤っぽく映るからダメ。高くてもフジを買ないと(標準語譯済)」(原文: サクラはあーこ映るけん、高っかばってんがフジ)と言ってをりました。そりゃあんた、フジのお店に現像に出すからでしょー、と今なら突っ込みたいところですが。もうサクラカラーは無いから悩まなくてもいいですね。余計な話でした。

 さて、フィルムにはまず感度ってものがあって、100とか400とか800とか1600とか数字が書いてあります。でっかい数字の方がシャッター速度を高速にできる(より高速にシャッターを切って適正露出になる)んで、暗いところでも手ぶれせずに撮れる確率が高くなる反面、畫質はすこしづつ落ちていきます。ツブツブ(粒子)が見え始めて、何となく不自然な感じになる譯です。

 で、今回はこの「400」の話。400という數字は、その昔は敬遠されがちな感度だったんですけど、ここ最近めまぐるしい製品・品質向上により、ふつーに使う分には昔の感度100と全然變はらないくらいのなめらかさで撮れてしまいます。

 で、あとは種類。400のネガフィルムでも、フジカラーには三種類あります。上から順に價格が高くなります。

 これ、どこが違うかといふと、發色性能が違う譯です。上のX-TRA400の方がフツーな感じ、下のSUPERIA Venus 400の方がちょっとハデ系。どんな風に撮りたいかで選択する事になります。一般的には風景を撮るときにはVenus 400を、その他はX-TRA400 (つまり今度出るSUPERIA PREMIUM 400) を、って感じなのでしょうか。脚色が少なく再現性を高く、との特殊用途(要するにハイ・アマチュア用途やプロ用途)の場合にはPRO400を、といふ感じになると考えればよろしいかと。

 ちなみに「品種表示」といふのは、フィルムの上の方に書いてある文字です。現像が終わったネガの上の方に穴(スプロケット・ホール)がポコポコ開いてますが、そこらへん(サイドプリント)に書いてある、そのネガの自分の名前です。例えば手元にあるSUPERIA Venus 400のサイドプリントにはこんな風に書いてあります。この中にある「S-400」の部分です。

X36 00A ||||||| S-400 0 ||||||| 36 0A ||||||| S-400 1 ||||||| CH-9 1A ||||||| S-400 2 |||||||……

 こんどフィルム賣り場を覗いたときには、そんな事を念頭に買って頂ければと。まとめ買いがお得。3本パックや5本パック、10本パック・20本パックなどで賣ってます。大量に買っても数千圓。安い〜

 作例ですが、上記PRO400は使ったことがないので無いんですが、年末年始に普段ネガじゃなくてリバーサルばっかり使う私なのに、珍しくネガのX-TRA400を大量に使ったので、その典型例を擧げておきます。Venus 400・PRO400はトンと使ってないので、嫁の引き出しからゴソゴソと。


フジカラー SUPERIA X-TRA400 (Nikon F6、Ai Nikkor 20mm F2.8S)
すっきり色味の特に何の變哲もないフツーのフィルムです。
知る人ぞ知る鹿兒島縣嘉例川驛。年末に行ってきました。


フジカラー SUPERIA X-TRA400 (Nikon F6、Ai Nikkor 20mm F2.8S)
感度が高いので暗いところでも何とかなります。色も濃くなく薄くなく。
安いのにPRO400っぽいところが好感が持てます。
普通に使うなら、これで決まりじゃないでせうか。
五段階評価で星★★★★。


フジカラー SUPERIA Venus 400 (Nikon FM3A、Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 ZF) 作:嫁
この毒々しくもハデハデな色がVenusの特徴です。
良く言へば發色良好、悪く言へば現代デジカメ風インチキ發色。
刹那的なギトギトさが安っぽさをさらに煽ります。


フジカラー SUPERIA Venus 400 (Nikon FM3A、Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 ZF) 作:嫁
このVenusシリーズ、緑と紫の再現が特徴的、というか變です。
お店に同時プリントで頼むと、これ以上に色が轉んだ失敗作が量産。
お店で使われている現像機フロンティアとの相性が悪いのではと勝手に思ってます。
私は絶對に使わないフィルムのひとつです。五段階評価で星★。


フジカラー PRO400 (Nikon F100、AF-S VR Zoom Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G) 作:嫁
これはプロ向けのフィルムです。途端に「作品」風の色が出ます。
良くも悪くもニュートラル。素晴らしい。高價なだけあります。


フジカラーPRO400 (Nikon F100、Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 ZF) 作:嫁
二つ上のVenusと對局にある、すっきりだがコクのある色味。
フジカラーの感度400のネガフィルムでは最高だと思います。五段階評価で★★★★★。

謹賀新年 皇紀二六六九年 聖壽萬歳 霧島神宮

明けましておめでたうございます。本年も宜しくお願ひ申し上げます。

さて正月前からいままで何をしていたかというと、車で爆走往復2400km實家歸省。やるか、そんなことフツー? (^^;;; >俺

で、そのあとものの見事にインフルエンザに罹って病床に伏してをりました。予防接種受けたのに。型が違ったんでせう。諦めます。私が罹ったやつはいきなり猛烈な悪寒で39度近くまで上昇、関節の痛みも咳も鼻水も一切無し、といふ、これまた變なやつでございまして、インフルエンザと氣づいたときには發症から48時間經過後だった爲、諦めて寝て治しました。

んな譯で、車で歸ったときの顛末はそのうち載っけるとして、大晦日の霧島神宮の寫眞を載っけておきます。このときは珍しくその辺に賣ってた一番安いネガフィルム、フジカラーX-TRA400 (詳しくは前囘の日記をだうぞ)を使ひました。今年は皇紀二六六九年(昔風にいへば紀元二六六九年)でございます。奉祝。

※前のは青っぽくて一寸色味が氣にくわなかったので、再度スキャンし直しました。