梅x櫻x福壽草 昭和記念公園

 さて昨日はスポット測光の練習に、立川は昭和記念公園に行って參りました。HASSELBLADに露出計が付いてないために澁々始めたんでございます。無論、師匠はスポット測光術の開祖たる鈴木一雄氏。『おぐにの聲―山形縣小國だより』出版時に筆で直筆サイン頂いたり、一昨年富士フイルムイメージングフェスタで直接教えを請うたり(このときは構圖がメインだったけど)してをります。

 さて、鈴木氏のスポット測光術三部作『風景の極意』『露出の極意』『露出決定術』(最後だけCAPAサイトに既に無いのでAmazonへ)を熟読し、反射率を頭に叩き込んでそのスポット測光やった結果ですが、六割成功ってところです。數枚は真っ白&真っ黒。敗因は、測光した場所が間違ってたといふのと、太陽の差し込む角度によって青空の出方がずいぶん違うといふ、まあ當たり前の話だったりします。これまではF6の3D RGBマルチパターン測光で樂してきた分、何もない世界に放り出されると弱いもんですなぁ。何事も基礎軆力が最重要でございます。

 今囘は、暫く封印していたC-PLフィルターとFUJICHROME Velvia 100Fを解禁致しました。HASSELBLADのCarl Zeiss CFEレンズはB60 (Bayonet 60)といふ特殊枠なので市販のフィルターがはまらないんですが、純正のB60→Φ67mm変換アダプター(金属製)を某所新品で發見してしまったので、これでケンコーのPRO-1D 67mmのものをはめました。純正フードの着脱に引っかかると思ひきや、ピッタリ。スルッとはまります。さすが純正品。素晴らしい。

 一寫入魂で120フィルム(6×6判で12枚撮り)を二本ばかり撮ってきました。意圖した露出っぽいやつから三枚ほど。無論、畫像は無修正、ノートリミングで。ライトボックス上でもかくの如く映ります。

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss T* Planar 80mm F2.8、C-PL、FUJICHROME Velvia 100F、三脚
青い空と白い梅を狙って。花を狙って+1.5EV (ちょい暗めで)
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss T* Planar 80mm F2.8、C-PL、FUJICHROME Velvia 100F、三脚)


福壽草を狙って+0.5EV (ちょい暗めで)
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss T* Planar 80mm F2.8、C-PL、FUJICHROME Velvia 100F、三脚)

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss T* Planar 80mm F2.8、C-PL、FUJICHROME Velvia 100F、三脚
櫻の蕾を狙って±0EV
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss T* Planar 80mm F2.8、C-PL、FUJICHROME Velvia 100F、三脚)

眞四角の中の梅 神代植物公園

 昨日は神代植物公園まで撮影に參りました。朝は曇で雨も降ってをりましたが、雲の予想を見て晝前から大丈夫なんぢゃないかといふ事で見切り發車。

 案の定着いた頃には晴れ晴れとした天氣と梅のてんこ盛りが拝める状態でした。素晴らしい。かういふ時は出かけるべきなのでせう。

 さて、前囘から中判に移行したわたくしでございますが、現在使用中のHASSELBLAD 503CWは完全機械式カメラ、つまりゴリゴリ引き金を廻してバネと齒車を引き、シャッター押すとガチャポンと動く「からくり箱」。電池なんぞなくとも當全動きます。何といふエコ。デジカメなんぞ永遠に到達できない領域(極めて逆説的ですが)でございます。

 といふ事で露出計などといふ現代的なものが付いてをりません。近々スポットメーターを導入せねばならぬ身なのですが、まだ持ってないといふ事で、暫定的にNikon F6をスポット測光設定にし、それで簡易に合わせてをります。でもこれじゃぁ完璧ぢゃぁないのですよな。日々精進あるのみでございます。

 で、120判リバーサルのスキャニングですが、GT-X750を散々使い込んだ擧げ句、何とかコツを掴みました。EPSON SCANの設定方針は(1)自動露出ON、(2)アンシャープマスクをOFF、(3)Digital ICEをON、(4)シアンを動かして色を整へる(何故か赤や青に轉ぶので)でスキャン(4800dpiで6×6一コマ約10分強、約一億畫素)、その後Photoshopでアンシャープマスクをかけるのが一番のやうです。これでCOOLSCAN竝、とはいかないまでも、マァマァの解像度が得られました。買い換へるのもアホくさいので暫くこれで続行でございます。

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME PROVIA 100F
青い。青い空と白い梅が染みる。
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME PROVIA 100F)

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME PROVIA 100F
梅と鑞梅(らふばい)。どっちも梅。
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME PROVIA 100F)

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME PROVIA 100F
一つの枝に紅と白。
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME PROVIA 100F)

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME PROVIA 100F
ドバッと日の丸構圖。6×6判はこれが好きなんですよ。
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME PROVIA 100F)

 たまにゃぁ情報技術の話もしなきゃなぁとは思ってをりますが、本業側で書きまくってるのでご勘弁をば。そのうち書きますので。すまんこっです。

新宿御苑 梅x櫻 咲き始め

 ちょっと更新が滞っておりましたが、春に向けて色々やってをりまして、寫眞の方も遂に踏み出してはいけない領域にまで足を踏み込んでしまいました。中判に手を出してしまいました。もう35mm判には戻れません。

 120ブローニーフィルム6×6判、4800dpiでスキャンすると約一億畫素。冗談みたいな話ですが本當でございます。35mm判でも滿足してをりましたが、やはりここは完膚無きまでにコンスーマー向け1〜2千万畫素機がメインの一眼デジカメを超えようと、決意を新たに致しました。寫眞が四角ですが、元々この判です。縱横のない世界。ファインダーを覗いても眞四角。單軆露出計をまだ持ってないので、FM3Aの露出計を見ながら、あとは勘で。被寫界深度が淺い爲、絞ってもピント合わせは苦勞致します。

 新宿御苑は既に梅が咲き始め、何と櫻も咲いてをりました。これ、毎年早咲きなのでもしかすると、と思ってましたが案の定。鵯(ヒヨドリ)が櫻の中を右往左往。デジカメな方々がピピッとかピロリーンとかガシャガシャとか音を立てつつ、盛大に群がってをりました。

 撮影後、ネガフィルムをポパイカメラに出してきました。ブローニー對應の現像機を導入されたようで、翌日仕上げで現像+紙焼き出來ました。今どき何といふ高尚なる投資を。素晴らしい。大きなネガをうちのフラットベッドスキャナーEPSON GT-X750で讀み込んでも、まぁまぁの解像度です。激遅いですけど。慣れてないのでまだ頑張ります。次はリバーサルフィルムに挑戰致します。


HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICOLOR PRO160 NS


HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICOLOR PRO400


HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICOLOR PRO400

上野東照宮 冬牡丹 其の貳

前囘の続きでございます。今囘はカールツァイス プラナー50mm + ニッコール55mmマイクロレンズ。もはや何も言ひますまい。篤とご覧あれ。

Nikon FM3A、Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S、FUJICHROME PROVIA 100F
美しい。
(Nikon FM3A、Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 ZF、FUJICHROME PROVIA 100F、作:嫁)

Nikon FM3A、Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S、FUJICHROME PROVIA 100F
(Nikon FM3A、Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 ZF、FUJICHROME PROVIA 100F、作:嫁)

Nikon FM3A、Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S、FUJICHROME PROVIA 100F
(Nikon FM3A、Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S、FUJICHROME PROVIA 100F、作:嫁)

Nikon FM3A、Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S、FUJICHROME PROVIA 100F
(Nikon FM3A、Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S、FUJICHROME PROVIA 100F、作:嫁)

Nikon FM3A、Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S、FUJICHROME PROVIA 100F
(Nikon FM3A、Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S、FUJICHROME PROVIA 100F、作:嫁)

Nikon FM3A、Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S、FUJICHROME PROVIA 100F
(Nikon FM3A、Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S、FUJICHROME PROVIA 100F、作:嫁)

冬牡丹 上野東照宮

今週は忙しく更新する暇が無く、既に先週日曜日になるのですが、上野東照宮へ冬牡丹を撮りに行って參りました。毎年行っているのですが、今年も相變はらず素晴らしい花が咲いてをりました。本日はカメラに縱グリップを装着し、プロビア100F縛り、縱位置縛り、105mmマイクロレンズ一本勝負(テレコンバーター禁止)、総重量2.4kg手持ちでの訓練としてをります。無論、苑内は三脚禁止でございます。お氣をつけあれ。

ちなみに縱位置撮影ってのは諸説有るのですが、「俺がかう思ったからかう切り取った」といふ主觀性を出した形態と言われてをりますが、よう分からんです。まあ、確かにそんな氣もします。横狹いし。35mm判は比率として縱がちと長いので、將來は6×7判とかやってみたいなぁとか要らぬ考えも浮かびつつあります。

(Nikon F6+MB-40、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F)
苑内はこんな感じです。各牡丹に傘が宛がはれてます。まづは順光で。
(Nikon F6+MB-40、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F)

(Nikon F6+MB-40、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F)
この淡い桃色が素晴らしい。
(Nikon F6+MB-40、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F)

(Nikon F6+MB-40、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F)
この紅色、デジカメの苦手とされる色だそうです。
(Nikon F6+MB-40、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F)

(Nikon F6+MB-40、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F)
淡い白色。お店プリントだとこの微妙な色が全部ぶっ飛ぶので頼んでません。
(Nikon F6+MB-40、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F)

(Nikon F6+MB-40、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F)
もう咲き終はる頃ですが、かういふのも情緒ありますなぁ。
(Nikon F6+MB-40、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F)

(Nikon F6+MB-40、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F)
大輪の花ドーン。
(Nikon F6+MB-40、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F)

(Nikon F6+MB-40、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F)
かういふ淡い桃色は素晴らしい。
下品にドギツい原色系に毒された私には必要な色でございます。
(Nikon F6+MB-40、AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G、FUJICHROME PROVIA 100F)