さらばコダクローム 年内一杯で製造中止

 殘念なニュースなのですが、コダックが出していたコダクロームといふリバーサルフィルムが年内一杯で製造中止になってしまう模樣です。

Kodak、コダクロームフィルムの販売を終了 74年の歴史に幕
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0906/23/news028.html
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090623/biz0906230837002-n1.htm

 このフィルム、現在一般に流通しているリバーサルフィルム(内式)とは異なり、外式といふ現像中に色素を混入させる方式を採っておりました。内式が出てくる前の處理方法なので、從來でも特殊なラボしかできませんでした。日本では3年前に販売を終了されておりました。海外の通販サイトではまだ買えるのですが・・・

「コダクローム64フィルム」販売終了のお知らせ
http://wwwjp.kodak.com/JP/ja/corp/info061213.shtml

 で、肝心の現像ですが、日本では既に2007年に現像を終了していて、これまでは堀内カラーで一括して行っていた現像作業も終了している模樣です。現在現像に出す場合は、アメリカへ送られることになっていました。

コダクロームフィルム国内処理終了のお知らせ
http://wwwjp.kodak.com/JP/ja/corp/news/1007/301007.shtml

 しかし、海外現像も2010年12月までで終了とのこと。ああ、歴史が遂に終わる・・・

 ちなみにフジフイルム派の私はコダクロームは全然使ったこと無かったんですが、2006年の販賣終了直前に偶然氣紛れで買ってしまい、使い道が思い浮かばず冷蔵庫の肥やしと化していたところを件の終了報道を受けて、それじゃぁ最初で最後の試しに使ってみようか、といふことで福島縣の三春瀧桜の前で使ってみました。



(Nikon F6、AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G、Kodak KODACHROME 64、福島縣三春町、平成十九年四月)

 この日は超絶曇の惡天候だったので元々眠い繪ではありますが、やはり明らかにフジの内式のものと發色が違う感じがします。コダックのフィルムに殆ど縁の無い私ですが、やはり完全になくなると聞くと寂しいですなぁ。

 みんな、フィルム使おうぜ。

CIO Magazine 2009年5月號巻頭記事がWebに公開されました

CIO Magazine 2009/05 すっかり忘れていたのですが、4月發賣のIDGCIO Magazineの2009年5月號、巻頭特集に單發記事を書いたのですが、その内容がWebで公開されていました。以下当時のBlog記事から抜粋です。

 内容はサービス指向について、です。SOAといふ單語は製品寄りの既成槪念が出來上がりすぎてるのですが、手法としてのサービス指向は有用なのでひとつの手段として選擇しても良いのではないでせうか、といふ内容です。

 まぁ、知ってる人は知ってる内容なので、新しい話は特に入っていませんが、CIO様が相手の話なので、些細な技術論や難解な單語は一切入れずに記述致しました。技術者の常識とそれ以外の方の常識はズレていることが當たり前なので、かういふ地道な活動は有用ではないかと思っております。

 といふことで、よくよく調べるとAmazon.co.jpを初めとして殆どの書店で扱っていないやうなこのCIOマガジンでしたが、無事公開されましたのでお時間のある時にでもどうぞ。

■SOA──既成イメージの向こうにある 「本質」をとらえよ
目指すはシステムの「全体最適化」で、SOAはその「有効な手段」
http://www.ciojp.com/contents/?id=00005377;t=0

渾身の大判寫眞スキャン GT-X970篇

 さてGT-X970はどこまで
4×5の大判寫眞をスキャンできるか?といふ事に俄然興味が出てきたので、試しに最高性能でスキャンしてみることにしました。

 最初の生け贄は5月に撮影に行った横濱は三溪園の4×5リバーサルでございます。フィルムはFUJICHROME Velvia 50。暗い雰圍氣の意圖でしたので、元々アンダーになっとります。

スキャンしたパソコンの環境:

  • Apple Mac Pro 2 x 2.66 GHz Dual-Core Intel Xeon
  • OS: Mac OS X 10.5.7
  • メモリー: 5GB 667MHz DDR2 FB-DIMM
  • スキャナー: EPSON GT-X970 USB接続
  • スキャンソフト: EPSON Scan 3.2.5J (Universal)

スキャナーの設定

  • フィルム(フィルムエリアガイド使用)←実際にはフィルムエリアガイドは使わなくてもOK
  • ポジフィルム
  • 48bitカラー
  • 4800dpi
  • アンシャープマスク:中
  • sRGB
  • TIFF保存

 環境と設定はこんな感じで、とりあえずフィルムをガラス面にベタおきして、プレビュー後本番開始。残り時間は19分。そのまま朝飯喰ってたので實時間はどんなもんか知りませんが・・・

 さて上がってきた結果を見てびっくり。TIFFファイルは2.57GBytes(笑)。2.57メガじゃないですよ、ギガ。もう笑うしか無いサイズです。一層DVD-Rに畫像一枚しか入らないんじゃしようがないですなぁ。

 で、このファイルをPhotoshop Lightroom 1.4.1で認識しようとしても、サイズがでかすぎてエラー。現行バージョンの2であれば開ける可能性はありますが不明です。

 しようがないので、Photoshop CS3で開くことに。開き始めて畫像が出るまで概ね3〜5分くらいかかりました。これは日常作業では既に非現實的な処理時間でせう。遅ぇ。が、無事開けました。フィルムがカールして反ってしまいました。こらぁ無反射ガラス等で押さえんなら厳しかですばい。

 開いた後に畫像サイズを見たら、24,000 x 19,200 pixels。ええと、460,800,000畫素。4億6千萬畫素。もうアホかと。澁谷驛の壁面廣告ならまだしも、趣味人のわたしにとっては一體何に使うのか不明なデカさです。

 そこから擴大してみました。まだまだOK。

 さらに擴大してみた。まだまだドンと來いや〜

 もっと擴大してdot by dot。これが最高って所です。ううむ、立派に解像しとる。瓦の凸凹や瓦を留める針金のクルクルも見えます。素晴らしい。

 dot by dotでのフィルムの枠にある「RVP 50」の部分。でけぇ。

 また別の部分。左上の針金で押さえてる部分。これも立派に解像してます。

 

 といふことで、10枚約3000円、1枚300円+現像代350円で比類無き解像度と安定した寫眞を得られる大判4×5は、やはりわたし的にはコストパフォーマンスは最強の部類に入るのではといふ結論に達しました。自己滿足以外の何物でもないですな。大判最高。

ゆる鉄(中井精也氏の寫眞展)に行ってきました

 さて既に今週初め頃の寫眞になってしまうのですが、「一日一鉄」でお馴染みの、鐵道寫眞家のレイルマン中井精也氏の寫眞展「ゆる鉄」に行って參りました。偶然にうちの會社のビル内で行われたので、通常日にのんびりと拝見することが出來ました。

 日曜日以外はレイルマン氏がそこにいらっしゃるとのことで、早速初日開展直後と、三日目にお邪魔して參りました。寫眞OKとの事でしたので、三日目にHASSELBLADを持っていき、お願いして撮らせて頂きました。「ブログOK」との言葉を頂きましたので、掲載させて頂きます。有り難うございます。お近くの方は是非一度。

中井 精也写真展
「ゆる鉄 from1日1鉄!」
会期:2009年6月12日(金)~6月25日(木) 10:30–18:00
(最終日は15:00まで)


場所は新宿三井ビルの1F、エプサイト2です。


ゆ、ゆるい・・・とまれみよ。


中には中井驛長樣が! この日は限定50枚の繪葉書に改札鋏を入れて頂きました。凝ってる・・・ご本人を前に慌てて撮ったので水平が出てません! すみません驛長!!


このゆるい森永ミルクキャラメル


氏の著書『一日一鉄! Rail Healing!』(交通新聞社)を直前に本屋さんで買ってきて、サインを頂きました。有り難うございます。

(HASSELBLAD 503CW、Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICOLOR PRO800、手持ち、EPSON GT-X970)

大判寫眞スキャン GT-X970導入

EPSON GT-X970 さて4×5サイズの大判寫眞をパソコンに取り込むために、新型スキャナーを買う買うと云ひながらなかなか導入に踏み切れなかったんですが、ようやく踏み切りました。EPSON GT-X970でございます。

 このスキャナーですが 、4×5(シノゴ)サイズのみならずこの4倍のサイズである8×10(バイテン)まで對應しておりまして、ひとむかし「フィルムスキャンは専用機じゃないとねぇー」とか「フラットベッド機はダメ」とか語られておりました風評を吹っ飛ばすかのやうな猛烈な技術向上を見せておりまして、はっきり言って我が家にある35mm判専用機(こないだ製造終了)であるNikon SUPER COOLSCAN 5000 ED(右の畫像の左隅のやつ)を部分的に上回る解像度を見せております。

※追記 その後COOLSCAN 5000 EDとガチンコ對決させてみました。

 早速35mm判から6×6の中判、そして4×5の大判を順次スキャンしてみましたが、意外にも静かです。COOLSCANの狂ったやうな爆音(ドギャーバーガー、プルプルプルプルプルプルプルプル・・・、ズギャーーーー)と比較しても、そりゃもう静かなもんです。

 これで4×5までスキャン可能になりました。順次むりやりライトボックス上でiPhoneから撮った、變な畫像を差し替へていきます。

 
見よ、この高精細さを。Webだと限界あるんで、どこまで擴大できるか、こんど挑戰してみます。

※追記 その後挑戰してみました


當たり前の話ですが、猛烈な解像度のためにスキャン後のサイズはそりゃ凄いもんです。試しに1200dpiでスキャンしてみましたが、上がりが5791×4612ピクセル。この時點でデジタル一眼のフラグシップ機であるNikon D3Xとほぼ互角のサイズです(笑)。ちなみにGT-X970はフィルムホルダー使用の場合4800dpiまで上げられます。

雨の横須賀菖蒲園

 さて先週土曜日ですが、横須賀菖蒲園まで行って參りました。 當日はザンザン降りの大雨。菖蒲や紫陽花はかういふ雨の時こそ輝くものです。ので、強行致しました。

 装備はHASSELBLAD 503CWの中判一式と、WISTA 45 SPの大型寫眞機一式です。濡れたら大變なので、エツミのカメラレインジャケットJを準備。バッグはLoweproなので元から防水装備があるのでOK。自分自身は登山用Gore-Tex採用の上下+靴で完備。これで何とか。

 さてザンザン降りの現場はやはりさほどお客は多くなく、かなり良い具合に咲いているにも關はらずのんびりと撮影が出來ました。有り難うございます。

 寫眞があがってきたのですが、まだスキャナーが調達途中なので致し方なくiPhoneでライトボックス上にて無理矢理撮影したのを載っけておきます。ピント合わないなぁ・・・


額紫陽花。ようやく大判で撮れました。前枠を煽ってピント面を横に倒し、蛇腹を倍の300mmに延ばして露出倍数x4です。
(WISTA 45 SP、CM FUJINON CM Wide 150mm F5.6、FUJICHROME Velvia 50、増感+1+1/3、C-PL)


こんな寫眞を何枚か撮りましたが、調子に乗って煽って撮ってるとT 400mmのイメージサークルが小さすぎて、上がケラれてます。まあこれはこれでOKとして、T(テレ)タイプはあまり煽れないってのは殘念ですなぁ。
(WISTA 45 SP、FUJINON T 400mm F8、FUJICHROME Velvia 50、増感+1+1/3、C-PL)