ハウステンボス 其の貳

昨日フィルムスキャンしたやつの一枚。

Scan-130824-0004

デジカメの苦手な表現は數多有り過ぎて困るくらいなのですが、個人的に絶對赦せないと思ふひとつに、綠の表現があります。この寫眞畫像で云へば白鳥の泳ぐどぶ川の色。

すんごい綺麗なエメラルドグリーンとか、噓臭い透明な淡い色とか、現實がパステル色のバラ色ファンタジーに早變はり。虛飾に塗れた噓の世界。

こんな元も子もないドブ臭い色はなかなか出ないでせう。まあ、この辺は嗜好の範圍ですね。お好きな方でどうぞ、ってことで。

※色溫度が高いですが、見た目通りそのままにしてあります。

VueScanでのフィルムスキャンまとめ – ハウステンボス

 

さて前回VueScanについていろいろ書いたが、忘れないためにフィルムスキャンの實際のフローをまとめておきます。フィルムスキャンをやったことがない方も、大體こんな感じとご理解頂けるのではないかと思ひます。

まず、フィルム。當たり前であるが此がないとスキャン出來ません(笑)。まずフィルムをカメラに詰めて、撮ってきて寫眞屋さんで現像してきませう。めんどくさいなら富士フイルムの「写ルンです」でも大丈夫。あれも歷とした寫眞機であります。

IMG_3153

ここで準備したのは120判(所謂ブローニー判、一般的な135判(35mm判)よりも倍くらい大きいもの)のリバーサルフィルム(所謂ポジフィルム・スライドフィルム、一般的なネガフィルムの逆で正像)である。フィルムが大きいので目視でも充分に鑑賞に堪へます。白い部分がスケスケなので、いまいちよく見えませんが・・・

IMG_3154

ライトボックスにかざすとこんな感じで完璧に見えます。透過光は綺麗ですねー。ルーペで覗くともの凄い高精細ぶりに息を飲みます。これは撮った本人の特権なので見せません(笑)。というか見せられないですねー。上の畫像はiPhoneで撮ったため、自動露出の關係で見た目より濃いめに出てます。

IMG_3155

ライトボックスはA4のでかいものも持ってますが、さっと使ふにはこの小型のが便利ですね。單四電池で動きます。新書一冊分の大きさです。所謂便利グッズ系であります。

IMG_3156

これをスキャナー付属のフィルムホルダーにはめます。はめる際にはフィルム用の手袋を使ひませう。ヨドバシカメラとかで買へます。フィルムを裏返してはめませう。慣れないと傷つける可能性があるので愼重に・・・慣れたらホイホイやっちゃえます。

IMG_3157

ホルダーごとスキャナーにはめませう。穴の位置を合はせて置くだけ。スキャナーの蓋側の白い板を外すのを忘れずに。此を忘れると透過光ユニットが正常に動かずスキャン出來ません。要するに上のライトボックス相當の光がないと正像として見られないから、フィルムの後ろから照らしてやってるんですね。(だからホルダーにはめるフィルムは逆にはめるのである)

Screen Shot 2013-08-24 at 17.14.58

 

はい、VueScanを起動して「プレビュー」ボタンを押しませう。設定は前回の記事を參考に。キューといふ音を奏でながらプレビュー畫像が出てきます。これは30秒くらいかかったかな。純正のEPSON Scanより高速に出てきます。

Screen Shot 2013-08-24 at 18.11.57

 

はい、プレビュー終はり。正しく設定していれば、こんな感じで6コマを自動認識して、しかもスキャンする領域を自動認識して、自動露出してくれます。「スキャン」タブに移り、一齣ずつ右下の「→」ボタンを押して確認していきませう。

Screen Shot 2013-08-24 at 18.12.07

一コマ目。完璧に自動で切り抜いてくれてますね。わたしはフィルムの枠までスキャンしたいので、「切り抜き」の「しきい値」をちょいと大きめに指定して、スキャンする領域を広げています。この自由度は純正EPSON Scanではできない藝當ですね。(大中小の荒い三段階しかない)

 

Screen Shot 2013-08-24 at 18.13.39

 

はい、どんどんコマを進めていくと、5コマ目の自動認識が間違ってました。何でこんなヘンテコな認識をしてくれるのかさっぱり理解できませんが、かういふ場合は手動で領域を修正してやりませう。

Screen Shot 2013-08-24 at 18.13.44

「プレビュー」タブに戻ると、案の定隣のコマとまたがって選擇領域が擴がってます。 こいつをマウスでよいしょと選擇し直します。

Screen Shot 2013-08-24 at 18.14.01

はい、できました。簡單ですね。「スキャン」タブを再度選擇して確認しませう。

Screen Shot 2013-08-24 at 18.14.10

綺麗に選擇できてました。自動露出もバッチリですねー。この辺は恐ろしい賢さです。EPSON Scanだとかうはいかないのです。

はい、最後のコマまで確認が進んだら、左下の「スキャン」ボタンを押しませう。この場合は、「出力」タブでJPEGを指定しています。「入力」タブのバッチスキャンで「すべての」を指定してあると、いま確認した6コマぜんぶ一氣にスキャンしてくれます。

さて、待つこと20分くらい・・・1駒ずつ出來上がるので、順次確認できますが、ご飯でも食べて待ちませう。

Scan-130824-0005

はい、出来上がり。完成した畫像をLightroomに取り込んで、上下左右をちょっとだけ切り抜き、解像度を落として1000×1000 pixel程度に落としただけです。元がPROVIA 100Fらしいすっきりとした寫眞であったため、見た目まんまの良い取り込みになったのではと思ひます。クリックするとちょいと大きくなります。

この寫眞、今年の6月くらいにハウステンボスにて撮ったやつなんですが、HASSELBLADを手持ちで急ぎで撮ったため、塔が傾いてますね(笑)。展覽會にでも出品するならちょいと廻轉させたいところではありますが、ここではスキャンが主題であるため、そのまま掲載しておきませう。

といふか、フィルムに寫眞としてかう撮れてるわけで、それはそれであります。このままが寫眞。電子塗り繪に堕すのは趣味ではありません。そのままを鑑賞いたしませう。

※フィルムをホルダーから外して戻すのを忘れないやうにしませう。

さて、パソコンによるフィルムスキャンの概要は槪ねご理解頂けたのではないかと考へましたが如何でせうか?

VueScanはMac版だけでなくWindows版もあるため、全く同じ手順で可能かと思ひます。あとはEPSON GT-X970とかフィルムスキャンができるスキャナーを買ってくるだけであります。最近はだいぶ安く入手できるので、良い時代になったもんです。

やたらと高額で短命のデジカメなんぞ頻繁に買い換へるのではなく、ビンテージバルナックライカを長年使い込み、+フィルムスキャナーでBlog掲載と洒落込むのもおつなもんです。私は趣味性の高い方を撰びたいですね。折角の趣味なんだし。

 

吉野ヶ里遺蹟

ちょっと前だが吉野ヶ里遺蹟に行ってきた。福岡市より車で30分-1時間程度である。確か6月頃であったが、この時も8月の現在と同じくらい暑く、ヒーヒー言いながら廻った記憶がある。

Scan-130818-0002

吉野ヶ里遺蹟に關する知識は余り持ち合はせて居ないのが殘念であるが、この周辺は遙か昔より肥沃な地であった事は間違ひなく、豪族のものである壺型の棺が大量に小高い丘陵地に見つかっていたりして、なかなか想像を掻き立ててくれる。

建物は倉庫に相當するものが高床式、住居に相當するものが竪穴式と分かれていた。これらの再現は想像との事であるが、それなりに考證がされてゐるらしい。當たらずしも遠からずと言ったところであらうか。

Scan-130818-0005

他の寫眞も大量にあったのだが、とりあえずVueScanの使ひこなしをあれこれしていたら時間切れになってしまった。が、その成果として、GT-X970とブローニーホルダーによる6コマ自動切り出しバッチスキャン、及びDigital ICE相當のゴミ取りが出來るやうになった(要するにEPSON Scan相當のものである)。前回も指摘したやうに、スキャン動作そのものが比較的に閑か且つ高速であり、もはやEPSON Scanに戻る氣すら失せてしまった。

なを、上記畫像はかなりのコントラストで暗部が潰れ氣味であるが、實際の見た目がこれであって、リバーサルフィルムのライトボックス上での濃さもこの通りなので、そのまま何もいじってない。2枚目が特に顕著であるものの、これはDistagon CFiの特徴でもある。これを打ち消すにはASTIA 100Fが有效であったが、生産中止の現在、我が家に一箱殘るのみである。

さて、忘れないやうに、VueScanの設定値をメモしておこう。全て標準値からの變更點のみの差分である。

「入力」タブ

  • モード: 透過光原稿
  • 対象: スライドフィルム
  • 1ピクセルあたりのビット: 64ビットRGBI
  • バッチスキャン: すべての
  • プレビュー解像度: 400dpi
  • スキャン解像度: 1600dpi

Screen Shot 2013-08-18 at 20.40.48

「切り抜き」タブ

  • 切り抜きサイズ: マニュアル
  • 切り抜きの複合: MF
  • プレビューエリア: 最大

Screen Shot 2013-08-18 at 20.41.20

「フィルター」タブ

  • 赤外線スキャンによる塵除去: 弱
  • シャープにする: ON

Screen Shot 2013-08-18 at 20.41.27

中にはよく分からないで設定しているものもあり、本當にこれで良いのか考へているものもある。が、これでEPSON Scan相當の自動処理が出來ている。あとは、入力タブの「フレーム番号」で1枚ずつスキャン範囲や露出等を決めていけば、勝手に記憶して、その設定値で一氣にスキャンしてくれる。賢いやつである。後日改めてこれ専用の記事を掲載したい。

※畫像を大きくし、VueScanの設定スクリーンショットを追加しました

霧島丸尾瀧

久しぶりの寫眞系投稿である。涼しいのをと思ひ、去年WISTAで撮った丸尾瀧である。

Scan-130812-0001
我が家のフィルムスキャナーは二台あるのだが、そのどちらもVueScanから制御可能である。スキャナー付属のソフトウェア(NikonScan, EPSON Scan)から制御するより、VueScanから制御した方がスキャナーヘッド移動が自然であり、大變静かである。マンション暮らしとしてはこちらの方が圧倒的に良い。このフィルムは120を6×7で撮影したものであるため、GT-X970側でスキャンしている。

さて、この大型寫眞機の撮影であるが、三脚を擴げ、カメラを乗せ、後枠をを立てて蛇腹を伸ばし、レンズを付けてレリーズを付け、撮影開始。その後はピントを合はせて露出を計り、シャッタースピードを設定してシャッターを閉じ、絞りを設定し、フィルムホルダーをピントグラスの間に滑り込ませて、空シャッターを切ってから引き蓋を引き、ようやくシャッター。収納するのもこれの逆を行ふ。慣れたら1枚當たりの所要時間は最短で5-10分くらいである。

但し、このやうな瀧の撮影は崖っぷちで撮る事も多く、冠布(かんぷ)を被ってピント合わせに集中していると、冠布から出た後に轉落・滑落・・・といふ危險が伴ふ。このため、最近はWISTA付属のピントグラス保護兼跳ね上げ式ピントフードのみを使っている。これに4倍ルーペがあれば、實は大袈裟な冠布は不必要だったりする(あとは拘り次第・・・)。

IMG_0212

↑冠布とはかういふやつである。

なおこの寫眞はWISTA45SPに150mmを付けて撮ったものである。35mm判換算6-70mm程度なので、窮屈ぽくもある。可能であれば90mmやもうすこし廣角の65mm辺りが欲しいのであるが、いまだ入手できていない。現在は利便性を優先してHASSELBLAD側を充實させているものの、良い具合に揃ってきた爲、そろそろ次はこちら側かなと考へる次第である。

譽れ高きFUJINONレンズであるが、現行品のかどうなのか不明であるものの普通に購入できる狀態であり、富士フイルムで點檢修理も普通に可能であるため、特に現行型の中古は比較的品薄である。が、昨今の超音波モーター内蔵型レンズなんかよりずっと安價である。ビューカメラ面白いよ!