撮影に行ったのにフィルムを忘れる→XA大活躍

仕事の合間を縫って藤棚を観に行ったのであるが、うっかりフィルム(ブローニー120のPROVIA 100F)を持って行くのを忘れてしまった。アホである。こういう時に限って、持って行ったのがWISTA望遠セットである。

  • WISTA 45 SP
  • Sinar Roll Film Holder 6×7
  • CM FUJINON W 250mm F6.7
  • FUJINON T 400mm F8
  • SEKONIC L-758D
  • TOYOのルーペ
  • レリーズ
  • 三脚 (SLIKのカーボンのなんか忘れた + ARCA SWISS Z1)

改めて総重量を計ってみたら6.8kg+2.1kg(三脚)=8.9kgであった。クソ重いはずである。

で、フィルムがない。只の鉄とガラスの塊である。

しかし、ビューカメラを持って行く際に必ず持って行くカメラがあった。OLYMPLUS XAである。これは恐ろしく軽いというか200gくらいしかない。大きさもiPhone 4Sより横が短い。黄色の二重像を重ねる距離計付きの立派なレンジファインダー機、精度の良い露出計内蔵、しかも35mmフルサイズ機(笑)である。

本機は2年前に天神の中古カメラ屋に安価にあったものを保護したものである。露出計が当初アンダー気味だったためカラーネガ専用機として適当に使っていたのであるが、使っているうちに改善されてきて、今やSEKONICの露出計とだいたい同じ値を弾き出すまでに改善したため、今年からリバーサル機として大活躍中である。何故改善されたかは謎であるが、結果オーライである。

IMG_1524

クレジットカードサイズを一回りだけ大きくしただけである。ちなみに裏蓋だけは金属であるため、手触りはひんやりして意外にイケる。この点だけはNikon F100よりも上である。

さてこのXAにPROVIA 100Fが入った状態でポケットに入っていたため、全く撮れないという嘆かわしき事態だけは避けることが出来た。幸いターゲットたる藤棚もさほど満開という訳でもなく、フィルムがあったとしても撮らなかったかな、と思えるほどであったため、こちらも結果オーライであった。

いずれにせよ、フィルムは余計に買っておくこと、それと出掛ける前には必ずフィルムを持って行く事をチェックすること、が重要なことであると改めて思い知った次第である。フィルム忘れなくても露出計とかレリーズとかルーペとか忘れるんだけどね・・・

IMG_2815

フィルムを月に1本使うの会 4月分投稿

大変ご無沙汰になってしまって申し訳ない。超久しぶりに投稿した。半年ぶりくらいか。前にblogに掲載したものの別バージョンを投稿した。

http://www.flickr.com/photos/rockcape/5771777048/in/pool-1383848@N20/

いつも撮るのはほとんど中判か大型写真機であるが、桜の時期は35mmを使ってしまった。

今年は桜を大判で撮れなかった。無念。これからは反省して何でも大型写真機で撮るようにしよう(←無理

何故ASTIA 100Fの35mm判が生産中止になるのか

寝耳に水状態。富士フイルムがASTIA(アスティア)100F(RAP F)の135判(35mm判)を生産中止にするさうだ。

リバーサルフィルム・黒白フィルム 一部製品販売終了製品のご案内
http://fujifilm.jp/information/articlead_0066.html

何故この時期に、といふ點はさておいたとして、まあ賣れなかったのかな、といふのは間違いなからう。

かくいふ私も35mm判のASTIA 100Fは殆ど使った事が無い。勿論何度かは使ったのだが、安めのTREBI 100Cをよく使ってた關係上、殘念ながらそんなに出番が無かった記憶がある。

ASTIA 100Fは確かVelvia 100Fと同時期に販賣開始されたかなり新しいフィルムである。舊ASTIA 100を、新素材で高耐久性を持たせ、粒状性をRMS10から7に改善したと宣傳された事は記憶に新しいのであるが、それが消えてしまうのはどうも腑に落ちない。

が、何と120判以上のフィルムはそのまま存續である。これは何故か。

實際問題として35mm判を使ふ場合、問題となるのがその粗さと小ささだ。今時の1000萬畫素級のデジカメ畫像と比較した場合、元々塗り繪であるデジカメのJPEGは「くっきりはっきり」系である。小さい畫素なので、くっきりした方が何となく良く撮れてる雰圍氣が出るのである。デジカメ自體が何となく寫眞を撮った氣にさせる、雰圍氣を愉しむシミュレーターのやうなものだろうから、その目的には叶っているだらう。

さういふ眼から見ると、ASTIA 100Fはどうもシャキッとしない「眠い」寫眞が上がってくる、なんて多分大半の方々はさう感じていて、實際賣れなかったから今回の措置、なのだらう。

デジカメに引きずられて好まれるやうになった「くっきりはっきり系」の、PROVIA 100FやVelvia 100Fの方が賣れ、その結果賣れなかったASITAは退役。消えるべくして消えるという感じだろうか。何か間違ってるやうな氣もするが、對象の日本マーケットがこのていたらくなので致し方あるまい。

Kokura castle with ASTIA 100F

(ライトボックスの上でiPhoneにて撮ったASTIA 100Fの畫像。Click to large)

だが、これがブローニーや4×5になるとあら不思議、元々のフィルム面がめちゃくちゃデカいからそんなに「くっきりはっきり」してなくても意外にいけちゃう事實に驚く。實際私自身がさうなのだが、ルーペで見る場合にも兩眼で樂に見へるし、紙に焼く・印刷する場合も最低六切り以上になるので、そんなにクッキリハッキリしてなくても全然OKである。

むしろそのサイズ以上になってくると、各所がちゃんと寫ってるか、解像してるか、潰れてないか飛んでないかの方が氣になってくる譯で、階調性が壮絶に優れているASTIAの獨壇場である。なのでHASSELBLADで撮る場合の私の標準フィルムはASTIA 100Fである。

殘念ながら4×5の方はVelvia 100Fの方が登場機會が多いのであるが、これもそのうちASTIA化しやうと思っていた矢先のこの發表である。富士フイルム側はこのやうな事をちゃんと理解してるからこそ135判のみディスコンにして、PRO160NSのやうにブローニー以上のプロフェッショナルモデルにしたのであらう。良く判っとるなぁと妙に感心する次第である。

でも35mm判を使ってた方々も居るだろうし、もっと實際の利用者は聲を上げるなり交渉するなりして存續に乘り出した方が良いと思ふ次第である。もしくはB&H等々から個人輸入するか、だらうか。

福岡の現像事情

殺人担々麺

さて福岡に引っ越してそろそろ一年、まではいかないのだが、銀塩愛好家としては、フィルムを撮った場合の現像所が最大の懸念點であった。

通常の35mm判ネガフィルムの場合、ミニラボ(街の寫眞屋さん)がその辺にあるので良いのだが、問題は中判以上のネガフィルムとリバーサルフィルム。特にリバーサルはよく使ふし、こいつがいつまで経っても現像されないと云ふのも氣持ち惡いのである。

福岡の市街地、天神・博多の周りは主にフジフイルムのパレットプラザやキタムラ、タカチホカメラ系列、あとはパレットと同様だが元ダイエー系列の55ステーションが多く見られる。ここら辺にリバーサルを出した場合、當然ながら「ラボ送り」になってしまうのである。

そのラボであるが、クリエイト福岡といふ所が博多の外れの祇園といふ所にあるのだが、博多驛からはちょっと遠い。通勤電車の途中であるが、降りてさらに歩いて5〜10分といふ、これまた微妙な位置にあるのだ。

このクリエイト福岡はひょっとしたら九州で唯一のリバーサル現像可能なラボなのかも知れんのであるが、ここに朝9時に出した場合、上がりが17時である。35mmも120も4×5も同様。その日のうちに出來るのは良いのだが、仕事の關係上當日に出して當日に受け取るのは至難の業である。

さういふ譯でめんどくさい私は會社の近くであるヨドバシカメラ博多に出すのであるが、ここに出した場合、中一日。月曜日午前中に出して、水曜日晝に出來上がる事になる。以前別のミニラボに持って行ったが「いつになるか分からん」と非常に不安になる回答をもらった事もあり、ヨドバシ一擇なのである。

さういふ譯で、今日もヨドバシに通ふのであった。話長いなぁ(^-^;;;

2012/05/02追記:
當時存在した、ここに記載されているクリエイト福岡は閉店してしまったため、現在福岡にプロラボは存在しないやうである。博多のヨドバシカメラ、または天神のこおのカメラかビックカメラ辺りに出せば、福岡南の現像所送りとなり、中一日〜中二日で戻ってくる状況である。

35mmシステムの有り難さ

寫眞のBlogを分けた事もあるが、これまで雜誌執筆の延長で「ですます調」で書いていたのを、より個人性の高い「だである調」に變へてみた。ご容赦頂きたい。

さてけふは福岡國際マラソンが近所で開催された事もあり、道路狀況があまりよろしくない(通行止めされまくる)ので、ならばとテレビで中継を途中まで見ていたのを切り上げ、平和臺競技場に急行した。昨日は大型寫眞機を担いで阿蘇の外輪山をえっちらおっちら登った事もあり、けふは輕いのがいいなぁと思ひ、暫く使ってなかったM-1のシステムを持ち出す事にした。

OLYMPUS M-1 system

いつもはかういふ場合HASSELBLADのシステムを持ち出すのだが、長焦点距離のレンズをまだ持ち合わせてない事もあるし、何よりそれはそれなりに結構重いといふのもあってパス。とにかく輕く、とにかくチャチャッと撮れる事。F6を持ち出すのも嫌な感じだったので、M-1に登板してもらった。

我が家のM-SYSTEM (OM-SYSTEM)では現在3本のレンズが残存しているが、28mm F2.8、50mm F1.4、90mm F2 MACRO、これとM-1本體の総重量が1kgちょっと。何といふ輕さ。こいつらをLoweproのバッグに突っ込む譯だが、それでもバッグはスカスカ。だいたいこの3本があれば何でも撮れる。欲を言へば180mm F2.8がもう一本あればもっと良いのだが、さうなるともっと重くなる(財布は輕くなる)から先の話である。

最近35mmで撮ってなかったのでフィルムあるか!?と冷蔵庫を覗くと、Velvia 100Fが上手い具合に2本轉がっているではないか。箱を捨ててしまったためいつ買ったのかよく分からんが、まあ良いだらうとチャッチャと詰めて現場へ急行。

福岡國際マラソン

さて平和臺の現場では人もそこそこ(まあ福岡なので)で、先頭の選手が突入してくる3分前くらいに到着。先頭の選手が駆け込んでくるのをのんびりと應援しつつ、動的に合わせるのもダルかったため、90mmを付けて1/250-1/125の置きピンでじゃんじゃん撮る事に。撮れたかどうかは現像が上がってきてからのお樂しみ。

現場で感じたのは「撮りやすさ」。當たり前である。露出計は内蔵していて、輕い。とにかく輕い。三脚含めて7-8kg超の大型寫眞機と比べるのがおかしな話であるが、たった1kgちょっとが筋肉痛の我が身に有り難いのである。これだけで十分なメリットである。

ただ、撮った事の滿足度はやっぱり「感光サイズ相當」。4×5の強大な滿足度に比較しても、ほんのちょっとなのである。フィルム一本分じゃんじゃん撮った割に、どうも滿足しないのだ。これは單に大判ジャンキーであるだけの話かもしれない。が、結果を見てもたぶん釋然としないはずである。どうしても4×5と比較してしまうため、「もっと高精細に寫っててよ!」との心の声が(笑)

とはいえ、この小型のOM-SYSTEMも、久しぶりに使ってみて本當に良くできているものだと再確認できた。現像のあがりを見て、それなりの成果を上げてくれれば、もう一・二本レンズを足してみるのも良いかもしれん。