勝手に解説フジフイルム ネガフィルム篇(感度400)

※SUPERIA PREMIUM 400の正確な位置づけが判明したので修正しました。

 世の中にはカメラ本軆の解説は多くありますが、寫眞と言へばその名の通り主役はやはりフィルムでございます。この解説が無いのはおかしい。

 ってことで、勝手にフジフイルムに代わり、寫眞のフィルム選擇の話を書いていこうかと。ちなみに私の曾祖父が寫眞好きで大東亜戰前の寫眞が結構現存、祖父がオリンパスフレックス辺りからの寫眞キチ、叔父がフジフイルム(の今となっては子会社)に勤めておりますがそろそろ定年退職なので、フジが儲かろうがどうしようがわたくし自身には何のメリットもございません。單に昔からカメラやさん(熊本の田舎の話ですよ)に行ったらフジカラーとサクラカラーばっかり、しかもフジカラーばっかり使ってたので、その延長で今でもフジオンリーなわたくしでございます。なのでフジしか知らんのですよ。

 どーでもいい昔話ですが、うちの母親は「サクラカラーは赤っぽく映るからダメ。高くてもフジを買ないと(標準語譯済)」(原文: サクラはあーこ映るけん、高っかばってんがフジ)と言ってをりました。そりゃあんた、フジのお店に現像に出すからでしょー、と今なら突っ込みたいところですが。もうサクラカラーは無いから悩まなくてもいいですね。余計な話でした。

 さて、フィルムにはまず感度ってものがあって、100とか400とか800とか1600とか数字が書いてあります。でっかい数字の方がシャッター速度を高速にできる(より高速にシャッターを切って適正露出になる)んで、暗いところでも手ぶれせずに撮れる確率が高くなる反面、畫質はすこしづつ落ちていきます。ツブツブ(粒子)が見え始めて、何となく不自然な感じになる譯です。

 で、今回はこの「400」の話。400という數字は、その昔は敬遠されがちな感度だったんですけど、ここ最近めまぐるしい製品・品質向上により、ふつーに使う分には昔の感度100と全然變はらないくらいのなめらかさで撮れてしまいます。

 で、あとは種類。400のネガフィルムでも、フジカラーには三種類あります。上から順に價格が高くなります。

 これ、どこが違うかといふと、發色性能が違う譯です。上のX-TRA400の方がフツーな感じ、下のSUPERIA Venus 400の方がちょっとハデ系。どんな風に撮りたいかで選択する事になります。一般的には風景を撮るときにはVenus 400を、その他はX-TRA400 (つまり今度出るSUPERIA PREMIUM 400) を、って感じなのでしょうか。脚色が少なく再現性を高く、との特殊用途(要するにハイ・アマチュア用途やプロ用途)の場合にはPRO400を、といふ感じになると考えればよろしいかと。

 ちなみに「品種表示」といふのは、フィルムの上の方に書いてある文字です。現像が終わったネガの上の方に穴(スプロケット・ホール)がポコポコ開いてますが、そこらへん(サイドプリント)に書いてある、そのネガの自分の名前です。例えば手元にあるSUPERIA Venus 400のサイドプリントにはこんな風に書いてあります。この中にある「S-400」の部分です。

X36 00A ||||||| S-400 0 ||||||| 36 0A ||||||| S-400 1 ||||||| CH-9 1A ||||||| S-400 2 |||||||……

 こんどフィルム賣り場を覗いたときには、そんな事を念頭に買って頂ければと。まとめ買いがお得。3本パックや5本パック、10本パック・20本パックなどで賣ってます。大量に買っても数千圓。安い〜

 作例ですが、上記PRO400は使ったことがないので無いんですが、年末年始に普段ネガじゃなくてリバーサルばっかり使う私なのに、珍しくネガのX-TRA400を大量に使ったので、その典型例を擧げておきます。Venus 400・PRO400はトンと使ってないので、嫁の引き出しからゴソゴソと。


フジカラー SUPERIA X-TRA400 (Nikon F6、Ai Nikkor 20mm F2.8S)
すっきり色味の特に何の變哲もないフツーのフィルムです。
知る人ぞ知る鹿兒島縣嘉例川驛。年末に行ってきました。


フジカラー SUPERIA X-TRA400 (Nikon F6、Ai Nikkor 20mm F2.8S)
感度が高いので暗いところでも何とかなります。色も濃くなく薄くなく。
安いのにPRO400っぽいところが好感が持てます。
普通に使うなら、これで決まりじゃないでせうか。
五段階評価で星★★★★。


フジカラー SUPERIA Venus 400 (Nikon FM3A、Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 ZF) 作:嫁
この毒々しくもハデハデな色がVenusの特徴です。
良く言へば發色良好、悪く言へば現代デジカメ風インチキ發色。
刹那的なギトギトさが安っぽさをさらに煽ります。


フジカラー SUPERIA Venus 400 (Nikon FM3A、Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 ZF) 作:嫁
このVenusシリーズ、緑と紫の再現が特徴的、というか變です。
お店に同時プリントで頼むと、これ以上に色が轉んだ失敗作が量産。
お店で使われている現像機フロンティアとの相性が悪いのではと勝手に思ってます。
私は絶對に使わないフィルムのひとつです。五段階評価で星★。


フジカラー PRO400 (Nikon F100、AF-S VR Zoom Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G) 作:嫁
これはプロ向けのフィルムです。途端に「作品」風の色が出ます。
良くも悪くもニュートラル。素晴らしい。高價なだけあります。


フジカラーPRO400 (Nikon F100、Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 ZF) 作:嫁
二つ上のVenusと對局にある、すっきりだがコクのある色味。
フジカラーの感度400のネガフィルムでは最高だと思います。五段階評価で★★★★★。

謹賀新年 皇紀二六六九年 聖壽萬歳 霧島神宮

明けましておめでたうございます。本年も宜しくお願ひ申し上げます。

さて正月前からいままで何をしていたかというと、車で爆走往復2400km實家歸省。やるか、そんなことフツー? (^^;;; >俺

で、そのあとものの見事にインフルエンザに罹って病床に伏してをりました。予防接種受けたのに。型が違ったんでせう。諦めます。私が罹ったやつはいきなり猛烈な悪寒で39度近くまで上昇、関節の痛みも咳も鼻水も一切無し、といふ、これまた變なやつでございまして、インフルエンザと氣づいたときには發症から48時間經過後だった爲、諦めて寝て治しました。

んな譯で、車で歸ったときの顛末はそのうち載っけるとして、大晦日の霧島神宮の寫眞を載っけておきます。このときは珍しくその辺に賣ってた一番安いネガフィルム、フジカラーX-TRA400 (詳しくは前囘の日記をだうぞ)を使ひました。今年は皇紀二六六九年(昔風にいへば紀元二六六九年)でございます。奉祝。

※前のは青っぽくて一寸色味が氣にくわなかったので、再度スキャンし直しました。

新宿御苑の猛烈な紅葉 二本目

けふは前囘の続きで、フィルムの二本目です。

場所は前囘一番奥の池から、日本庭園の方へ場所を移しつつ。血のように紅ひ紅葉が目前にあり吃驚しました。こんな紅葉が都心で見られるとは。衝戟の赤。勿論、紅葉は光線の關係から見える赤が激變する難しい被寫軆ですが、これだけの色は珍しゅうございます。

周辺の緑と比較して分かるとおりですが、ニュートラル発色のFUJICHROME PROVIA 100Fで撮ってそのままフィルムスキャナーで読み取っただけ。フィルム自体を肉眼で見てもこの發色でございます。どんだけ紅かったかは推して下さいませ。


Ai-S Nikkor 20mm F2.8


Ai-S Nikkor 20mm F2.8


Ai-S Nikkor 20mm F2.8


Ai-S Nikkor 20mm F2.8


Ai-S Nikkor 20mm F2.8


Ai-P Nikkor 45mm F2.8


Ai-P Nikkor 45mm F2.8


Ai-S Nikkor 20mm F2.8


Ai-S Nikkor 20mm F2.8


Ai-S Nikkor 20mm F2.8


Ai-S Nikkor 20mm F2.8

新宿御苑の紅葉 其の壹

 今なら紅葉が見られる!! なんて話を聞きつけて、のこのこと新宿御苑まで行ってきました。毎年恒例なので、今囘もリバーサルフィルムにて。デジカメは便利だけど、永年保存を考えると、消失の危険性と常に隣り合わせの電子データ(フォーマット変更の危険性もあり)で保存という考えはわたくしには御座いません。一時情報としてのみJPEGなどを利用し、フィルムで保存が最も安全との確信を持ってをります。

 それと、いつも長玉を使う(依存する)癖が付いてしまってるので、矯正する意味でも20mm、45mmの二本のニッコールレンズのみを持ち出しました。しかも、いつも極彩発色のフジクロームのVelvia(ベルビア)50ばっかり使ってるので、色彩感覺を矯正する意味でも、ごく普通の發色傾向であるフジクロームのPROVIA(プロビア) 100F 縛りで頑張ることにしました。

 デジカメは何枚も撮れるので、自分がどんどん馬鹿になる感じがして、どうも寫眞を「撮ってる」感じがしない。一枚ごとに色彩が焼き付けられるフィルムを使う事で、勿体ない感覺と相まって、一寫入魂の趣味としては最高の贅沢を味わうことができる。そう感じるけふこの頃で御座います。

 それはさうと、現場は確かに凄い紅葉で御座いました。來週まで大丈夫でせうか。量が多いので貳囘に分けて。次囘の方がもっと紅ひですよ。


Ai-P Nikkor 45mm F2.8


Ai-S Nikkor 20mm F2.8


Ai-P Nikkor 45mm F2.8


Ai-P Nikkor 45mm F2.8


Ai-S Nikkor 20mm F2.8


Ai-S Nikkor 20mm F2.8


Ai-P Nikkor 45mm F2.8


Ai-P Nikkor 45mm F2.8


Ai-P Nikkor 45mm F2.8


Ai-S Nikkor 20mm F2.8

日産自動車横浜工場見学会&プチツーリング

さて月曜日祝日はまたもやGTROCのミーティングで横濱の日産工場に見學に行ってきました。お目当ては勿論、R35型日産GT-RのエンジンであるVR38DETT!! その組み立て現場に突入!!

・・・なんて話だったのですが、折からの不況の煽りを直撃されまくって、何と生産ラインが停止!! 從って見學もできず!! なんてこったい!!

代わりにVR38DETTの生産現場(無人)を見學(横のビデオで詳しく見られましたけど)、その他のエンジンの生産現場を見ることが出來ました。タイヤ工場なら見たことがあるんですけど、エンジン作ってる所は初めてで大變興味深うございました。勿論NDA (Non-Disclosure Agreement) 有りでございます事なので全て内緒。

見學後、質問コーナーがあったんで、まだR34型販賣終了から十年經ってないRB26DETTって、まだ作ってるんですか? と聞いてみたところ、もう作ってない、とのこと。えー(゜◇゜)ー だからR35型買ってね、って言われたんですけど、4ドアじゃないし高いんで買えません事よ(詠嘆

ただ、在庫が足りなくなったときには、都度金型取って生産(?)みたいな話だったんで、とりあえずは安心してもいいんでしょうか。いいんですよね!? >日産の中の方


朝九時に現地集合。一番右うちの。


日産横濱工場でございます。


朝から第二世代・第三世代のGT-Rが集結。


でもVR38DETTの見學ができなかったので、集まりはそこそこ・・・


待合室(創業當時の本社)にあったR30型スカイラインRS TURBOのFJ20ETエンジン


うちの前の愛車R33型スカイラインGTS25(現在熊本で弟の元へ)のRB25DEのエンジンブロック。
ピンポイントでR33型のかどうかは分かりませんが。


ダットサントラック。澁い。


キタコレ! RB26DETT! とR32型スカイラインGT-R!


見學し終わって。みんなで記念撮影の後。


解散後、時間ある方々が何となく大黒埠頭へ揃ってツーリング。


猛烈な雨で寒い〜!! 早々に退散してしまい申し訳ありませんでした>現地の皆様

スカイライン in 富士箱根スカイライン・芦ノ湖スカイライン

昨日は朝から富士箱根スカイラインに行ってきました。理由は單純、みんな日光の方に行ってるだろうから、こっちは空いてるだろう、と(^^;;;;;

案の定空き空きの箱根でしたので、のんびり晝頃到着。晝過ぎにも関わらず富士山が麓まで見えるという類い希なる好環境です。最近あんまり車の寫眞を撮ってなかったので、今日は急遽撮影會です。


富士箱根スカイラインにスカイラインで到着。
富士山が見える!!


おおー富士山!!


薄い富士山と一緒に


高い〜!!


快晴でございました


芦ノ湖スカイラインに突入。杓子峠にて。
♪愛の〜スカイライン〜


嗚呼、土曜日にも関わらず頑張って出てきて正解だった…


芦ノ湖を望む


撮影場所を探して探してうろうろし暫し休憩。あ〜疲れた!!


疲れたらあ〜た、これしか無かですばい!!
芦ノ湖のほとりにて。


風が強くて家鴨ボートは店仕舞いされてました。
箱根の秋は暮れるのが早い。