EPSON PX-5002でA2印刷

 年末年始と大變忙しかったためマトモに更新できなかったのですが、PX-5002の記事を書けずにをりましたので、遅ればせながら掲載します。

 我が家にやってきたA2印刷對應の顔料機であるPX-5002、六切りと四切りの印刷をガンガンやってたのですが、A2の印刷をまだやっておりませんでした。EPSONからはVelvet Fine Art PaperのA2サイズを頂いてゐたので、4×5のフィルムをこいつに印刷してやらう、と。

 今回の生け贄は前々回の月イチ會で提出した4×5のリバーサルフィルムとしました。ちゃんとスキャンしようと思ひ、再度スキャナーGT-X970で2400dpiにてフィルムを縁まで含めてスキャン、9569×11907ピクセル(1億1千萬畫素)のJPEGにしまして、Photoshop Lightroom 2から印刷をかけました。

 ↑これ。

 印刷設定は以前と同様、EPSON機がSnow LeopardのColor Sync未對應のためPhotoshop側のCMSをONにして、Velvet Fine Art Paperのプロファイルを使って印刷しました。

 プリンター本體は棚の上に置いておいたのですが、さすがに紙が天井につっかえて差せないので、床に下ろしてトレイを全開にしました。

 後ろから紙を挿入。でかい。とてつもなくでかい。一般家庭では冗談とも思へる巨大サイズ。

 印刷開始。徐々に出てきます。

 こんな感じ。おお、綺麗に出てる!!

 なかなかのもんです。すげぇ。

 できあがりました。プリンターもデカいが、A2紙も全開にした排紙トレイをはみ出すくらいデカい。本體のデカさもしやうがないと納得のデカさ。

 できあがり。素晴らしい再現です。ライトボックス上で観るリバーサル現物と比較しても遜色ありません。そのまま展覽會に持って行けそうな錯覺に陥ります(^^;;; Velvet Fine Art Paperで印刷した巨大サイズがこんなにも素晴らしい再現性だとは思ひませんでした。テカテカの光澤紙よりも數段高級に見えるのは錯覺でせうか。

 さて、調子に乗ってじゃんじゃん印刷してみたんですが、印刷物をどうやって保存したものか、印刷してみて惱みました。で、探したのがITO-YAのポートフォリオ、ART PORTOFOLIO EVOLUTION (EV-12-18)をヨドバシカメラで入手しました。これ在庫切れのやうで、横浜のお店で殘りを確保してきました。

 これもまた、デカいしお値段もなかなか・・・

 さすがに専用品だけあって、品質はバッチリです。印刷物を詰め込むと凄い重さです。母は持てませんでした(^^;;;

−*−

 A2まで引き延ばした場合、フィルムサイズはどこまで耐へられるのか。結構興味がありましたので、35mm判、6×6判、4×5判と三種類のフィルムサイズをGT-X970の實質最高解像度近辺でスキャンして、そのまま印刷してみました。35mm判はNikon F6とAF-S VRレンズ、6×6判はHASSELBLADとCFi/CFEレンズ、4×5判はFUJINONレンズです。

 スキャン後のサイズは35mm判を3200dpiでスキャンして4594x4923pixels(約2200萬畫素)、6×6判は2400dpiで6985x7081pilels(約5000萬畫素)、4×5判は前述の通り2400dpiで9371x11780pixels(約1億1000萬畫素)です。

 結論。35mm判はダメです。ポヤンポヤンのボロボロ。A2まで伸ばすと解像感の足りなさで泣きさうになります。6×6判でバッチリのバキバキ解像感、4×5は余裕しゃくしゃくA0でもOKですわよ、といふ感じでありました。個人で引き延ばす場合このA2近辺が限界のやうに感じます。ここまでの展示を前提に撮影を行う場合、やはり中判以上のフィルムサイズは必須といふ結論に至りました。Webでこの感じを表現するには不可能なので是非皆様もお店などで見て欲しいところです。

 で、デジカメの場合ですけど、やはりこのサイズだと2000萬畫素オーバー、できれば3000萬畫素以上の解像度が無いとダメだなぁと感じます。例へばヨドバシカメラの新宿西口店では階段にデジカメのフラグシップ機の畫像をA2やA1で印刷したものが飾ってありますが、1000萬畫素級のD3辺りではもうガタガタのピクセルが見へ見へな譯でありまして、2000萬畫素級のD3Xで何とか誤魔化せるか?といふ嚴しい領域です。ここら辺だと3000萬畫素オーバー機がゴロゴロある中判デジタル機(中判デジタルバック)の独壇場ですなぁとつくづく思ひます。

 私自身は寫眞をどちらかといふと心象表現手段ではなく記録手段として使っている身なので、真贋性および解像度はやはり最重要課題であります。少なくとも6×6判以上で撮っておけば、このサイズまで引き延ばしてもギリギリ大丈夫さう、といふ事が分かっただけでも有り難いものです。もちろん、4×5以上、できれば8×10以上が理想ではあります。次はバイテン行きたいなぁ(ぇ

−*−

 さてポートフォリオを持參して年末年始歸郷しまして、家族に見せびらかしました。さすがに誰もそんなデッカい寫眞を間近で見たことが無いだけあって、ウルトラ大好評でありました。大東亞戰直後に初任給でオリンパスフレックスを買った90歳越えの祖父からは「お前は寫眞屋になれ!」と有り難いお言葉を頂きました(笑)。儲かりさうにないので遠慮しておきます(^^;;;

PX-5002 vs PX-G900 顔料機對決

 我が家の方ではあまり寫眞を印刷する文化は無かったりするのですが、PX-5002のブロガー向け貸し出しに當籤してしまってから、積極的に印刷してみるやうになりました。

 從來我が家に存在したのはEPSON PX-G900。これ、my epsonの登録情報を見る限り2005年の7月頃に購入したやうで、もう4年以上使ってることになります。いい加減インク詰まりが酷くなってきたので、先日修理に出し、中身ピカピカで戻ってきたばかりです。動作音も静かになり、結構氣に入って偶に使っては居たのですが・・・PX-5002がやってきて、意地惡にも對決させてみやう、なんて氣になってました。

 我が家のパソコン環境も、ちょっと前にやったスキャナー對決の時よりも微妙に更新されていて、OSがMac OS X 10.6 Snow Leopardに、畫像管理ソフトはAdobe Photoshop Lightroom 2.5へと小變更。プリンタードライバーも最新の對應品へとなっております。


 今回の印刷對決用の寫眞。いかにも色轉びしさうなやつを敢へて選んでみました。安物だとボロボロの結果が待ってるでせう。GT-X970で3200dpiでスキャン、7797×7765ピクセルです。このくらいの高精細さはさすが腐っても中判フィルム+Distagonであります。フィルム最強。
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Distagon T* CFi 50mm F4、FUJICOLOR PRO400、手持ち撮影)


 これをLightroom 2.5で印刷。PX-5002もPX-G900もほぼ同じドライバーで、Leopard時代のものとだいぶ異なっています。印刷設定は上のスクリーンキャプチャーのとおりですが、列擧しておくと・・・

Lightroom側の設定

  • プリント解像度: 360dpi
  • シャープ(プリント用): 強
  • 用紙種類: 光澤
  • カラーマネジメント
    • プロファイル: PX-5002 Photo Paper / PX-G900 Photo Paper
    • マッチング方法: 知覺的

プリンタードライバー側の設定

  • 用紙設定: EPSON寫眞用紙
  • カラー: カラー
  • カラー調整: オフ(色補正なし)
  • 印刷品質: 超高精細

 ちなみに、Snow Leopardでは、Lightroom 2などのAdobe製品と組み合わせた場合、何とColor Sync未對應といふ事が制限事項として説明書に書いてありました。これはPX-5002だけでなく、PX-G900も同様。Color Syncのチェックがグレー表示になって選擇できなくなっていたので、散々惱まされました。なんてこったい。Adobe側に問題があるのかどうか分かりませんが、これはとっとと解決して欲しい。色々試した結果、上記の設定が一番マトモだらう、といふ事で選擇しました。

 これに、EPSON寫眞用紙の六切りを突っ込んで印刷してみました。


 でけた。左がPX-G900、右がPX-5002。ぱっと見は全く分かりませんが、よーく見るとシャドウ部の潰れ具合が違ふなぁと。もっと違いが出ると思ってたんですが、あまりの差の無さにびっくり。うーむ・・・


 これをさらにGT-X970で150dpiにてスキャン。Lightroomで比較してみました。結構違ふもんだなぁ。左のPX-G900はシャドウ部が潰れ気味なのに對して、右のPX-5002だとスッキリ系。色も轉んでません。好みは抜きにしても、やはり價格差と時代の差はかういふ微妙な點で現れているのでせう。


 ひとつ気がついたのが、グロスオプティマイザーが、PX-G900(上)だと印刷してない空白にもベターと塗ってあるのに對して、PX-5002(下)だと印刷部分のみに塗ってある、といふ點。さほど違いはありませんが。

−*−

 こんな譯で比較になったやうなならなかったやうな感じではありますが、まぁ最新になった分だけ良くはなってるかな? と感じる事はできました。が、PX-G900側も相當健闘している事も間違い無い事實でありまして、4〜5年前の機種なのに数倍の價格の最新機種と互角に戰へるだけのポテンシャルは持っていたのだなぁと改めて感心してしまいました。

 もちろん、冒頭に書いたやうにオーバーホール直後で中身がピカピカ狀態だったので、オリジナルのPX-G900よりも各部が新しくなっている可能性もありますし、プリンタードライバーも最新になっていて改良に繼ぐ改良が重ねられている點も見逃せません。

 私のやうな單なる趣味人が使ふ分にはほとんど差がない位の違いですが、そこに敢へて拘られる方はもちろん最新機種のPX-5002などの方が良いでせう。印刷品質に加えて大容量インクや大判印刷など、他の多くの利點もありますし、今回の件は評價點のひとつとして考えれば良いのかなと。

PX-5002・5600とPX-G5300の色傾向の違い
http://proselection.weblogs.jp/epson_proselection_blog/2009/11/post-3336.html

PX-5002を動かせるようにするまで

 さて前回の續きです。LANケーブルも調達できた事なので、早速設定してみます。PX-5002のLANポートにケーブルを突っ込みました。家の中にはDHCPサーバーが居るので、そこからIPを拾ってきてくれるであらう事を想定の上です。ので、單に差しただけ。

 設置しただけの狀態。シールがたくさん。これを剥がすのが一苦勞な譯ですが・・・矧ぎ矧ぎ。

 澤山剥げました。なんつー量だ。これ、全部捨てたら後で説明書に「輸送時のために殘しておいて下さい」なんて書いてあるじゃぁないですか。えぇー!?

 どうやら殘しておくべきパーツ。これは捨ててはダメみたいです。無くしさうではありますが・・・

 剥き剥きしたあと。なかなか格好いいですな。

 蓋を開けてみた。後ろのクリアランスが足りないですわ。もっと前に移動させようとするが、その壯絶な重量のためになかなか動いてくれません。氣合いで前にズラす。

 ようやく電源ON。キューガシガシと音がして、前面の蓋がパカッと開く。何といふ無駄なギミック。素晴らしい。

 さてこれからインクを詰めていく譯ですが、詰める前に5秒ほど振りましょう。フリフリ

 突っ込めー!!

 さすがに9本もフリフリして突っ込むと疲れます。やっと終わったので蓋を閉めます。「ィーーキューーーーキューワォーワォーワォーワォーィーーキューーーーキューワォーワォーワォーワォー・・・」インク充塡のために6分ほどかかるとの事。その間にパソコンの方にドライバー等を入れておきます。

 とりあえず付属のCDを突っ込んでみた。我が家の環境は数週間前にMac OS X 10.6 Snow Leopardにアップグレード濟みなので、それ用のドライバーが必要になります。EPSONのサイトからもドライバーを落としてみましたが、付属CDとバージョンは同一でした。(あくまで現狀では、の話なので、最新ドライバーを落とす必要があるのには間違いありません)

 どうでもいい話なんですが、EPSONのドライバーはいいとして、その他のソフトウェアについては、Snow Leopardに對應しているのか否か、分かり辛すぎます。例えば、PX-5002のドライバーダウンロードページ。PX-5002のダウンロードページの10.6の項目を覧た限り、ドライバーの最新のものは存在します。しかし、それ以外のソフトウェアについては、ここにリンクも無く、ほかのページ(エプソン周辺機器製品のMac OS® X v10.6 "Snow Leopard"への対応について)を参照する必要があります。

 さらにこの對應ページ、MAXARTリモートパネルについては「動作確認中」。Snow Leopardの最終候補ベータ版がADCに公開されてから一體どれだけの時間が經過していることか。ずいぶんと念入りに確認されてるんでしょう、ねぇ・・・(-_-;

 しかも、その他のソフトウェア(ICCプロファイル、EpsonNet Config、EpsonNet Easy Install)については記載すらありません。なんだそりゃ。致し方ないので、何かヤバそうなMAXARTリモートパネルはスキップして、EpsonNet ConfigとICCプロファイルはインストールしてしまいました。これで良いんだらうか・・・?

 あと、どうでもいいんですけど、インストーラー、古すぎませんか? 電子マニュアルのインストーラーは昔懐かしの「:」がディレクトリーセパレーターで使われてます。これ、Mac OS 9以前の表記方法なんですけど。いい加減、OS標準のインストーラー使いませうよ・・・

 それに、インストール時に起動中のアプリを勝手に終了させまくったり、再起動を強制させられたり、デスクトップにエイリアスが強制的に作成されたりと、その古くささに目眩がします。よくもまぁ、誰も文句言わないなと。ドライバーやアプリごとにインストーラーの見た目もバラバラだし、印象最惡です。Mac對應はオマケ程度なのかもしれませんが、本機のユーザーの多くはMacも多からうと推察致します。ここは積極的にテコ入れして欲しい所です。

 (あ、あとPX-G900のSnow Leopard正式對應ドライバーもお待ちしておりますよ!!)

 さてインストーラーへの苦言はさておいて、これから先は順調に進みました。まずシステム環境設定からプリンターを選擇して追加。上のダイアログが登場して、BonjourとEPSON TCPIPの項目にてPX-5002が登場しました。ちゃんとDHCPからIPを拾ってきてくれています。しかもBonjourに對應しているみたいなので、一撃發見。素晴らしい。モザイクかかってるところには、プリンター側LANのMACアドレスが書かれていたので、念のため。

 Bonjourを選擇してOKを押して無事登録されました。デフォルトプリンターをPX-5002に變更しました。

 さて「サプライのレベル」(この意味不明の名稱は何とかならんのか・・・アポーが惡いんですが)を覽ると、早速インクが減ってます。ううむ。

 こっちはEPSONプリンタウィンドウ。そろそろ内閣告示の外来語の表記に則って、「プリンターウィンドウ」に表記を変更して欲しいものです。JIS表記ルールも最新のものは變更されました。Appleはまだ未對應ですが、OS側もとっとと對應して欲しいものです。

マイクロソフト、外来語カタカナ用語末尾の長音表記を変更へ~コンピュータ/プリンタがコンピューター/プリンターに
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0725/ms.htm

 まあ、それはいいとして、インク裝塡のためにずいぶんと吸い取られた感じがします。ううむ。メンテナンスカートリッジも空き容量が63%。何か、既に大量利用されてる感じがして納得できんなぁと。メンテカートリッジ(下位機種の廃インクタンク相當ださうです)は自分で交換できる分、全然OKではあるのですが。機構上やむを得ないのでせう。

 こちらはEpsonNet Configのページ。EPSONプリンタウィンドウの方から飛べます。ブラウザーが起動してネットワークの設定が可能です。これはEPSONのLAN機ではおなじみのページではあります。

 −*−

 さてさてこれで使えるやうになりましたので、早速印刷に取りかかりたいと思ひます。つゞく。

PX-5002はとてもコンパクトながらも、重量はすごいです。
http://proselection.weblogs.jp/epson_proselection_blog/2009/10/post-9333.html

PX-5002が我が家に到着!

 今日外出中にiPhoneが着信。「あーEPSONさんから何かデカいのが届いてますよ」とヤマト運輸の方から電話が。遂に、來た。

 総重量22.5kg。無茶苦茶重いとはいへ、配達さんが縱に持ってきてくれました。アチャー

 二人で持ってね! と書いてある。25kg-30kgとも。MADE IN CHINA。

 横に倒してみた。かうやって持ってこないとダメなんですが、一人だと不可能。さて開けませう。

 開けた。インクが大量に入ってる。しかしデカい。

 取り出した。説明書群、インク群、紙のトレイ。返送用の紙まで入ってました。おお、氣が利いてますね〜

 私は8番のやうです。一人で抱えやうとしましたが、腰が抜けさう。妻に頼んで二人がかりで取り出しました。二人なら女性でも何とかなります。

 場所は横幅61cmのオーディオラックの一番上、天井に近い場所しか空きがありませんでした。が、PX-5002の横幅は68.5cmでこれでもはみ出るくらいの大きさ。フツーのマンション住まいの場合、これ嚴しすぎます。一番端の足ははみ出てしまいましたが、その内側にも足があるんで、そこで支えて貰ってます。

 インクでかいなぁと思い、机上にあるPX-G900のインクと比較してみました。どんだけデカいことか。倍以上。

 インク單軆同士の比較。大人と子供です。

 特に横幅が全然違いますなぁ。

 −*−

 さて、これから接續に入りたいと思います。が、LANケーブルが届かない事實に今頃氣付きました。明日までお預け喰らってしまった・・・つゞく

エプソンプロセレクションブログ
PX-5002はとてもコンパクトながらも、重量はすごいです。
http://proselection.weblogs.jp/epson_proselection_blog/2009/10/post-9333.html

PX-5002ブロガー發表會に行ってきました!其の貳

 前回の續きでございます。一日一鐵!のレイルマン中井氏により、木枠を使って作品を作りませう、と宣言がありました。これ、昔の寫眞展でよく額装されていた、木枠に印畫紙を貼り付けるタイプのものをここでDIYしちゃおう、といふ凝ったものでした。この額装は業者に頼むと何千円も取られたりするらしいですが、今回はIKEA家具で999円で買ってきた木枠のDIYキットが登場(笑)。これに巻き付けるのが最終目標となりました。

 私は今年の春に大型寫眞機で撮ってきた福島縣三春町の瀧櫻の4×5リバーサルを、事前にGT-X970で限界の3200dpiにてスキャンしてきたデータを持ってきました。14933pixels x 11786pixels = 176,000,338畫素(一億7千6百万畫素)。A2に印刷するのであれば、このくらい必要でせう、なんて當たりをつけてました。折角なら巨大データがちゃんと印刷できるかどうか、チェックしたいですからね。

 机の上に置かれたPX-5002をまじまじと眺めると、A2にしては小さい、といへどもデカいなぁ、と改めて思ひ知らされます。そして印刷のために排出トレイを延ばすと・・・プリンターの横幅より長い!(笑)。家の中での置き場所は相當限られるといふ當たり前の事實に氣付かされ愕然となりました。さて、どこに置こう?(^^;;;

 それはさておき、早速プリンターの横に設置されたノートパソコン(もちろんEPSONのEndever)にインストールされた、PX-5002に同梱のPhotoshop Elements 7を使って印刷・・・といいたいところでしたが、私はこれ使ったことが無い(いつもLightroomから印刷してます)んで、けんたむ氏にお願いして印刷キューを出してもらいました。

 シューッシューッ・・・と印刷が開始したのですが、會場がガヤガヤしていた事もあるんでしょうが、静かです。耳を欹てないと動作音が聞こえない位。振動もあまり無く、會議机に手を置いてみてもさほどの揺れは感じられません。インクカートリッジが固定式のメリットはこんな所にもあるんですなぁ。我が家の五月蠅い&揺れるPX-G900とは隔世の感です。ちなみにPX-G900は電源を入れた途端にガチャッ・ギーーーー・ゴッ・グォーーーー・ギッ、印刷するとガチャッ・ギーーー・ゴギャッ・ゴーーーーー(給紙音)・キューキューキューキュー・・・(以下印刷中)なんて感じで、夜間に印刷するのは憚られる五月蠅さです。

 そんなことを思ひ出しながら暫く待ってると、プリンターの排出トレーの方に印刷された紙が登場。周圍から「オーッ!」と歓声が。うーむ、確かに綺麗です。今回はベルベットファインアート紙(一枚千円!!)が準備されていたので光澤は無いんですが、「作品」っぽい感じで出てきます。

 ううむ、これは素晴らしい。生まれて初めてA2の大きさでプリントしました。

 次に隣のmayuさんの番。先にやっちゃってすみません。けんたむ氏の紙の裝塡、キまってます。こちらは鈴鹿サーキットでのF1を流し撮りの寫眞。バリピン來てます!! 素晴らしい作品です。でっかく印刷されると、これまた箔が付きます。

 ここからが大變だったんですが、これをIKEAの木枠にホッチキスで留める作業に。けんたむ氏に手傳って頂きながらポチン、ポチン・・・なかなか上手くいかないんですが、何とか完成。一番乗りでした!!

 ううむ、素晴らしい。私が撮ったものとは思へない素晴らしさです(笑)

 さうさう、中井氏の方で試しに前機種のPX-5800と後繼機のPX-5002とで同じ寫眞を印刷されておりましたが、微妙ながらやはり新機種の方がなめらかなグラデーションが出ておりました。これが銀塩印畫紙ではなくインクによる印刷で出てくるといふのは驚異です。人類の技術はどこまで進むのでせうか。

 皆さんひととおり完成したところで中井氏からの講評が。

 三春瀧櫻のてっぺんの部分が枠の上に。ここがポイントださうです(笑)

 これいいですねー、ってそれ氏のやつでしょー! お約束ですね。

 やはり、A2サイズまで印刷して額裝するとマジもんの作品に昇華します。ううむ、これは凄い。

 氏も講評してましたが、なんか皆さんのレベル高すぎです。プロ顔負けといふかプロの方もいらっしゃいました。納得。

 そんな樂しいひとときも終わりに近づき、質問コーナーが。技術の方がいらっしゃってるので、聞きたいことがあればここで聞いてしまいませう、と。折角なので書き留めておいた分まとめて書いてしまいます。

Q: ランニングコストは?

A: L判で20.4円。インク代のみだとこれから5円引けばいいので15.4円くらい。

Q: 街の寫眞屋さんに勝てますか?

A: 街で頼むとA2刷りで数千円かかる。價格的にも品質的にも十分勝てると思っています。(オーッと歡聲が(笑))

Q: PX-5800より黒がスムーズだが?

A: LCCSのおかげ。光澤ムラが改善されている。

Q: MAXART PX-6550との比較は?

A: ビビッドマゼンタはあちらでは既に採用されている。原則としてPX-5002より上位が劣ることはない。違いはロール紙とインクカートリッジの大きさのみ。

Q: フォトブラックとマットブラックとの切り替えは何故殘ったのか? 何故ノズルを9つ付けなかったのか?

A: お客様に安價に提供するために汎用品の8つノズルにしている。9ノズルにするとさらに数万円上昇してしまう。

Q: EPSON機では電源を入れるたびにクリーニングされている氣がするが?

A: 通常はセンサーがヘッドの位置を確認するのみの目的で動作している。クリーニングは数ヶ月に一度の割合で入るのみ。

Q: フォト・マットブラックの切り替えでインクはどの程度消費されるのか?

A: 数グラム。フォト→マットで1.5g、マット→フォトで4.5g。

Q: インク代の価格は下げられないのか?

A: 成分が藥と似ていてどうしても高くなってしまう。大量に作れれば安くなるのだが。

Q: PX-5002の市場想定価格は?

A: 15万円後半が想定されている。

 といふことで今回の會はおしまい。けんたむ氏どうもお世話になりました。

 で、10月中旬にはこんなドデカイ箱で届くさうです。え〜!?

 最後にインクタンクの蓋を開けてみました。インクでけー。ひとつ5千円くらいなので、9色換へると4万5千円。え〜高い〜

 最後に中井氏にお願いして寫眞撮って貰いました。嬉しくて私の顔がニヤけてたので削除します(爆 中井氏すみません!!

PX-5002ブロガー発表会を開催しました!その2
http://proselection.weblogs.jp/epson_proselection_blog/2009/10/post-b4d2.html

PX-5002ブロガー發表會に行ってきました!其の壹

 私が愛用しているスキャナー及びプリンターはEPSON GT-X970PX-G900ですが、といふ譯でも無いんですが、レイルマン中井氏の一日一鉄!にてA2プリンターPX-5800の次世代機種PX-5002のブロガー向け貸し出し應募を見て、輕い氣持ちで應募したところ、當籤してしまいました。かういふのにはまず當たらない自信のある私ですが、最近どうも流れが變はってきたやうです(嬉

 さて昨夜喜び勇んで新宿のエプソンへ貸し出しの説明會に向かひました。ここではPX-5002の説明と、實際にA2でプリントしてみよう、といふ企劃がなされておりまして、生レイルマン中井氏も登場。他にもEPSONの中の方々が遙々長野から踊り子号に乗っていらっしゃっておりまして、プチお祭り狀態でありました。

 さて會場に入りまして、撮影しやすいやうに一番前に陣取ってHASSELBLADを取り出すと「おお〜ハッセル!!」とEPSONの中の方に何だかウケてしまったやうで、狙いはバッチリ(嘘です)。ほんとはデジカメ既に全部賣り拂ってもう無いんです(笑)。

 フィルムを月一本使う會の精神に則りまして、FUJICOLOR PRO800を三本程準備致しました。これで6×6判にて36枚はOK。ちょっと少ない感じもしましたが、中判・大判を使うやうになってから不思議と絶對的な撮影枚数は極端に減った私なので、バカみたいにバシャバシャ寫さなければこれでOKです。部屋の光をSEKONICのL-578Dの入射光モードで計ったところ、1/60でF4。やはりPRO800を買ってきて正解でした。ちょっと絞るためにSLIKのプロミニIIIを付けて、レリーズを装着して準備完了です。

 ひとつの机にはパソコンとプリンター一臺づつ、二人組での作業でしたが、今回はmayuの日記のmayuさんとご一緒することに。どうもお世話になりました。


(HASSELBLAD 503CW、ZEISS Planar T* 80mm F2.8、FUJICOLOR PRO800、以下同)

 會が開始しまして、まずEPSONの鈴村氏からご挨拶が。ハッセルのことをネタにして頂きまして有り難うございます(^^;;;。今回が10回目のブロガー向け新商品發表會で、プロセレクションブログにもらったトラックバック数が312、といふ話がございました。なるほど、プロセレクションブログはたまに見てましたが、ブロガー向けのがこんなにあったとは知らなかったです。もっと應募しておけば良かった(^^;;;

 次にプロセレクションブログでよく書かれているけんたむ氏と中井氏登場。當全ですが中井氏もヘビーブロガーです。鐵道寫眞って車輌全部を入れるのがお作法、といふのをどこぞで繰り返し聞いた私ですが、氏は鐵道に關はる全てを被寫體として撮られております。先日のゆる鐵でもお世話になりました。中井氏は自らPX-5600もお持ちだそうです。

 そして實はけんたむ氏も中井氏と同じく鐵ちゃんださうでして、趣味と仕事を運良く兩立されているといふ何とも羨ましい限りのお立場です。今日は鐵ちゃんイベントではないのでご安心を、との爆笑コメントも。

 さて、ようやくPX-5002の話に入るんですが、まず何で「5002」なの?といふ話から。「5800」の後繼なので「5900」とかやっちゃうと番号の枯渇に遭遇するので、ここで一氣にゼロまで落としちゃおう、で、落とした2年目の機種だから「5002」ださうです。ううむ、深い。のか?(笑) 興味があったんで會の終了後けんたむ氏に、じゃあPX-5600の後繼機は何て番号になるの? と聞いたら「期待してて下さい」との不敵な笑みが。期待してます(^^;;;

 PX-5002の製品としての位置づけはの中心はプロ向け。あとハイアマチュア寫眞愛好家向け。印刷直後からの色變化が少ない顔料インク機で、今回ビビッドマゼンタとビビッドライトマゼンタインクが搭載、といふ順當な進化を遂げております。この辺はけんたむ氏のプロセレクションブログの記事を直接覽て頂いた方が分かりやすいです。

 また、今回はLCCSといふ機構をPX-5600から引き繼いで搭載されております。このLCCSって私も知らなかったんですが、要するに畫像のRGB3色情報から、CMYK8色への變換に際して、候補が数百京通り(兆の上です)あるらしく、その中で(1)階調性、(2)粒状性、(3)色再現領域、(4)光源依存性、において一番良いパターンを速攻で選擇する仕組みのやうです。單純に考へると凄い處理に時間がかかりそうな感じがしますが、それを瞬時にやってしまうアルゴリズムだそうです。

 あと、A2對應機でここまでコンパクトに出來ました、といふ點を強調されていましたが、ここで皆さんから苦笑が(笑)。まぁ、實際に出てくる紙を見ればこんなもんでしょ、と思うんですが、比較対象が普段使ってるA4機なので、無理からぬ話ではあります。あと、切實な話として家に置けるか置けないか、との判斷も勿論あります。

 やっぱりデカいですね(^^;;;

 PX-5800とPX-5002との印刷比較。5002の方が締まりが良い氣がしました。直接比較するとよく分かります。

 印刷するのはこれ。パソコンはEPSON Endeavorです。

 さてこの後中井氏から「こんな感じで作品を作ってみませう!」といふお言葉が。えー、こんなの作るの!? 次回へつゞく・・・

PX-5002ブロガー発表会を開催しました!その1
http://proselection.weblogs.jp/epson_proselection_blog/2009/10/post-eab3.html