PX-5002ブロガー發表會に行ってきました!其の貳

 前回の續きでございます。一日一鐵!のレイルマン中井氏により、木枠を使って作品を作りませう、と宣言がありました。これ、昔の寫眞展でよく額装されていた、木枠に印畫紙を貼り付けるタイプのものをここでDIYしちゃおう、といふ凝ったものでした。この額装は業者に頼むと何千円も取られたりするらしいですが、今回はIKEA家具で999円で買ってきた木枠のDIYキットが登場(笑)。これに巻き付けるのが最終目標となりました。

 私は今年の春に大型寫眞機で撮ってきた福島縣三春町の瀧櫻の4×5リバーサルを、事前にGT-X970で限界の3200dpiにてスキャンしてきたデータを持ってきました。14933pixels x 11786pixels = 176,000,338畫素(一億7千6百万畫素)。A2に印刷するのであれば、このくらい必要でせう、なんて當たりをつけてました。折角なら巨大データがちゃんと印刷できるかどうか、チェックしたいですからね。

 机の上に置かれたPX-5002をまじまじと眺めると、A2にしては小さい、といへどもデカいなぁ、と改めて思ひ知らされます。そして印刷のために排出トレイを延ばすと・・・プリンターの横幅より長い!(笑)。家の中での置き場所は相當限られるといふ當たり前の事實に氣付かされ愕然となりました。さて、どこに置こう?(^^;;;

 それはさておき、早速プリンターの横に設置されたノートパソコン(もちろんEPSONのEndever)にインストールされた、PX-5002に同梱のPhotoshop Elements 7を使って印刷・・・といいたいところでしたが、私はこれ使ったことが無い(いつもLightroomから印刷してます)んで、けんたむ氏にお願いして印刷キューを出してもらいました。

 シューッシューッ・・・と印刷が開始したのですが、會場がガヤガヤしていた事もあるんでしょうが、静かです。耳を欹てないと動作音が聞こえない位。振動もあまり無く、會議机に手を置いてみてもさほどの揺れは感じられません。インクカートリッジが固定式のメリットはこんな所にもあるんですなぁ。我が家の五月蠅い&揺れるPX-G900とは隔世の感です。ちなみにPX-G900は電源を入れた途端にガチャッ・ギーーーー・ゴッ・グォーーーー・ギッ、印刷するとガチャッ・ギーーー・ゴギャッ・ゴーーーーー(給紙音)・キューキューキューキュー・・・(以下印刷中)なんて感じで、夜間に印刷するのは憚られる五月蠅さです。

 そんなことを思ひ出しながら暫く待ってると、プリンターの排出トレーの方に印刷された紙が登場。周圍から「オーッ!」と歓声が。うーむ、確かに綺麗です。今回はベルベットファインアート紙(一枚千円!!)が準備されていたので光澤は無いんですが、「作品」っぽい感じで出てきます。

 ううむ、これは素晴らしい。生まれて初めてA2の大きさでプリントしました。

 次に隣のmayuさんの番。先にやっちゃってすみません。けんたむ氏の紙の裝塡、キまってます。こちらは鈴鹿サーキットでのF1を流し撮りの寫眞。バリピン來てます!! 素晴らしい作品です。でっかく印刷されると、これまた箔が付きます。

 ここからが大變だったんですが、これをIKEAの木枠にホッチキスで留める作業に。けんたむ氏に手傳って頂きながらポチン、ポチン・・・なかなか上手くいかないんですが、何とか完成。一番乗りでした!!

 ううむ、素晴らしい。私が撮ったものとは思へない素晴らしさです(笑)

 さうさう、中井氏の方で試しに前機種のPX-5800と後繼機のPX-5002とで同じ寫眞を印刷されておりましたが、微妙ながらやはり新機種の方がなめらかなグラデーションが出ておりました。これが銀塩印畫紙ではなくインクによる印刷で出てくるといふのは驚異です。人類の技術はどこまで進むのでせうか。

 皆さんひととおり完成したところで中井氏からの講評が。

 三春瀧櫻のてっぺんの部分が枠の上に。ここがポイントださうです(笑)

 これいいですねー、ってそれ氏のやつでしょー! お約束ですね。

 やはり、A2サイズまで印刷して額裝するとマジもんの作品に昇華します。ううむ、これは凄い。

 氏も講評してましたが、なんか皆さんのレベル高すぎです。プロ顔負けといふかプロの方もいらっしゃいました。納得。

 そんな樂しいひとときも終わりに近づき、質問コーナーが。技術の方がいらっしゃってるので、聞きたいことがあればここで聞いてしまいませう、と。折角なので書き留めておいた分まとめて書いてしまいます。

Q: ランニングコストは?

A: L判で20.4円。インク代のみだとこれから5円引けばいいので15.4円くらい。

Q: 街の寫眞屋さんに勝てますか?

A: 街で頼むとA2刷りで数千円かかる。價格的にも品質的にも十分勝てると思っています。(オーッと歡聲が(笑))

Q: PX-5800より黒がスムーズだが?

A: LCCSのおかげ。光澤ムラが改善されている。

Q: MAXART PX-6550との比較は?

A: ビビッドマゼンタはあちらでは既に採用されている。原則としてPX-5002より上位が劣ることはない。違いはロール紙とインクカートリッジの大きさのみ。

Q: フォトブラックとマットブラックとの切り替えは何故殘ったのか? 何故ノズルを9つ付けなかったのか?

A: お客様に安價に提供するために汎用品の8つノズルにしている。9ノズルにするとさらに数万円上昇してしまう。

Q: EPSON機では電源を入れるたびにクリーニングされている氣がするが?

A: 通常はセンサーがヘッドの位置を確認するのみの目的で動作している。クリーニングは数ヶ月に一度の割合で入るのみ。

Q: フォト・マットブラックの切り替えでインクはどの程度消費されるのか?

A: 数グラム。フォト→マットで1.5g、マット→フォトで4.5g。

Q: インク代の価格は下げられないのか?

A: 成分が藥と似ていてどうしても高くなってしまう。大量に作れれば安くなるのだが。

Q: PX-5002の市場想定価格は?

A: 15万円後半が想定されている。

 といふことで今回の會はおしまい。けんたむ氏どうもお世話になりました。

 で、10月中旬にはこんなドデカイ箱で届くさうです。え〜!?

 最後にインクタンクの蓋を開けてみました。インクでけー。ひとつ5千円くらいなので、9色換へると4万5千円。え〜高い〜

 最後に中井氏にお願いして寫眞撮って貰いました。嬉しくて私の顔がニヤけてたので削除します(爆 中井氏すみません!!

PX-5002ブロガー発表会を開催しました!その2
http://proselection.weblogs.jp/epson_proselection_blog/2009/10/post-b4d2.html

PX-5002ブロガー發表會に行ってきました!其の壹

 私が愛用しているスキャナー及びプリンターはEPSON GT-X970PX-G900ですが、といふ譯でも無いんですが、レイルマン中井氏の一日一鉄!にてA2プリンターPX-5800の次世代機種PX-5002のブロガー向け貸し出し應募を見て、輕い氣持ちで應募したところ、當籤してしまいました。かういふのにはまず當たらない自信のある私ですが、最近どうも流れが變はってきたやうです(嬉

 さて昨夜喜び勇んで新宿のエプソンへ貸し出しの説明會に向かひました。ここではPX-5002の説明と、實際にA2でプリントしてみよう、といふ企劃がなされておりまして、生レイルマン中井氏も登場。他にもEPSONの中の方々が遙々長野から踊り子号に乗っていらっしゃっておりまして、プチお祭り狀態でありました。

 さて會場に入りまして、撮影しやすいやうに一番前に陣取ってHASSELBLADを取り出すと「おお〜ハッセル!!」とEPSONの中の方に何だかウケてしまったやうで、狙いはバッチリ(嘘です)。ほんとはデジカメ既に全部賣り拂ってもう無いんです(笑)。

 フィルムを月一本使う會の精神に則りまして、FUJICOLOR PRO800を三本程準備致しました。これで6×6判にて36枚はOK。ちょっと少ない感じもしましたが、中判・大判を使うやうになってから不思議と絶對的な撮影枚数は極端に減った私なので、バカみたいにバシャバシャ寫さなければこれでOKです。部屋の光をSEKONICのL-578Dの入射光モードで計ったところ、1/60でF4。やはりPRO800を買ってきて正解でした。ちょっと絞るためにSLIKのプロミニIIIを付けて、レリーズを装着して準備完了です。

 ひとつの机にはパソコンとプリンター一臺づつ、二人組での作業でしたが、今回はmayuの日記のmayuさんとご一緒することに。どうもお世話になりました。


(HASSELBLAD 503CW、ZEISS Planar T* 80mm F2.8、FUJICOLOR PRO800、以下同)

 會が開始しまして、まずEPSONの鈴村氏からご挨拶が。ハッセルのことをネタにして頂きまして有り難うございます(^^;;;。今回が10回目のブロガー向け新商品發表會で、プロセレクションブログにもらったトラックバック数が312、といふ話がございました。なるほど、プロセレクションブログはたまに見てましたが、ブロガー向けのがこんなにあったとは知らなかったです。もっと應募しておけば良かった(^^;;;

 次にプロセレクションブログでよく書かれているけんたむ氏と中井氏登場。當全ですが中井氏もヘビーブロガーです。鐵道寫眞って車輌全部を入れるのがお作法、といふのをどこぞで繰り返し聞いた私ですが、氏は鐵道に關はる全てを被寫體として撮られております。先日のゆる鐵でもお世話になりました。中井氏は自らPX-5600もお持ちだそうです。

 そして實はけんたむ氏も中井氏と同じく鐵ちゃんださうでして、趣味と仕事を運良く兩立されているといふ何とも羨ましい限りのお立場です。今日は鐵ちゃんイベントではないのでご安心を、との爆笑コメントも。

 さて、ようやくPX-5002の話に入るんですが、まず何で「5002」なの?といふ話から。「5800」の後繼なので「5900」とかやっちゃうと番号の枯渇に遭遇するので、ここで一氣にゼロまで落としちゃおう、で、落とした2年目の機種だから「5002」ださうです。ううむ、深い。のか?(笑) 興味があったんで會の終了後けんたむ氏に、じゃあPX-5600の後繼機は何て番号になるの? と聞いたら「期待してて下さい」との不敵な笑みが。期待してます(^^;;;

 PX-5002の製品としての位置づけはの中心はプロ向け。あとハイアマチュア寫眞愛好家向け。印刷直後からの色變化が少ない顔料インク機で、今回ビビッドマゼンタとビビッドライトマゼンタインクが搭載、といふ順當な進化を遂げております。この辺はけんたむ氏のプロセレクションブログの記事を直接覽て頂いた方が分かりやすいです。

 また、今回はLCCSといふ機構をPX-5600から引き繼いで搭載されております。このLCCSって私も知らなかったんですが、要するに畫像のRGB3色情報から、CMYK8色への變換に際して、候補が数百京通り(兆の上です)あるらしく、その中で(1)階調性、(2)粒状性、(3)色再現領域、(4)光源依存性、において一番良いパターンを速攻で選擇する仕組みのやうです。單純に考へると凄い處理に時間がかかりそうな感じがしますが、それを瞬時にやってしまうアルゴリズムだそうです。

 あと、A2對應機でここまでコンパクトに出來ました、といふ點を強調されていましたが、ここで皆さんから苦笑が(笑)。まぁ、實際に出てくる紙を見ればこんなもんでしょ、と思うんですが、比較対象が普段使ってるA4機なので、無理からぬ話ではあります。あと、切實な話として家に置けるか置けないか、との判斷も勿論あります。

 やっぱりデカいですね(^^;;;

 PX-5800とPX-5002との印刷比較。5002の方が締まりが良い氣がしました。直接比較するとよく分かります。

 印刷するのはこれ。パソコンはEPSON Endeavorです。

 さてこの後中井氏から「こんな感じで作品を作ってみませう!」といふお言葉が。えー、こんなの作るの!? 次回へつゞく・・・

PX-5002ブロガー発表会を開催しました!その1
http://proselection.weblogs.jp/epson_proselection_blog/2009/10/post-eab3.html

ゆる鉄(中井精也氏の寫眞展)に行ってきました

 さて既に今週初め頃の寫眞になってしまうのですが、「一日一鉄」でお馴染みの、鐵道寫眞家のレイルマン中井精也氏の寫眞展「ゆる鉄」に行って參りました。偶然にうちの會社のビル内で行われたので、通常日にのんびりと拝見することが出來ました。

 日曜日以外はレイルマン氏がそこにいらっしゃるとのことで、早速初日開展直後と、三日目にお邪魔して參りました。寫眞OKとの事でしたので、三日目にHASSELBLADを持っていき、お願いして撮らせて頂きました。「ブログOK」との言葉を頂きましたので、掲載させて頂きます。有り難うございます。お近くの方は是非一度。

中井 精也写真展
「ゆる鉄 from1日1鉄!」
会期:2009年6月12日(金)~6月25日(木) 10:30–18:00
(最終日は15:00まで)


場所は新宿三井ビルの1F、エプサイト2です。


ゆ、ゆるい・・・とまれみよ。


中には中井驛長樣が! この日は限定50枚の繪葉書に改札鋏を入れて頂きました。凝ってる・・・ご本人を前に慌てて撮ったので水平が出てません! すみません驛長!!


このゆるい森永ミルクキャラメル


氏の著書『一日一鉄! Rail Healing!』(交通新聞社)を直前に本屋さんで買ってきて、サインを頂きました。有り難うございます。

(HASSELBLAD 503CW、Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICOLOR PRO800、手持ち、EPSON GT-X970)

フォトイメージングエキスポ2009(畫像修正済)

※Picasaの不具合で寫眞が表示されてませんでした。原因が分かったので修正致しました。なんつーバグだ・・・

 ここ数日間風邪×花粉症のダブルパンチで寝込んでをりました。やっと復活しそうです。

 さてまう一週間前にもなるのですが、フォトイメージングエキスポ(PIE)2009に行って來ましたので、その寫眞を載っけておきます。何といふ遅さ。誠に申し譯ござゐません。

 今年のPIEは不況の煽りで規模縮小、といふのもあるのですが・・・そもそも皆様そろそろデジカメに飽き飽き、携帯電話付属のヤツで充分、といふ市況といふか皆様の節約感覺も重なり、聞くも涙の恐ろしひ出荷減。市場の大部分が吹き飛んでしまった状況下での寒い開催となってしまいました。復活は・・・無理かなぁ(^^;;;

 デジカメと電子畫像に醒めて一切処分した身である私の方は、ハッセルブラッドに感度800のフィルムを詰めての參畫となりました。さすがは中判の高感度フィルム、35mm判のやうにザラザラで見るに堪へないといふ事は無く、どうといふ事はありません。誰もレポートしなささうな寫眞をば掲載致します。

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICOLOR PRO800、スポット測光、手持ち
入り口。今囘は奥の會場でございました。規模縮小。
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICOLOR PRO800、スポット測光、手持ち)

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICOLOR PRO800、スポット測光、手持ち
5月發賣新型フィルム中判カメラ、GF670 Professionalの宣傳。
内田氏のフィルムに對する熱い語りに思はず目頭が熱く。
この後ハッセルをネタに聲をかけて頂きました。多分凄く良い方なのだらうと。
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICOLOR PRO800、スポット測光、手持ち)

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICOLOR PRO800、スポット測光、手持ち
私のカメラの會社の宣傳所。
新型のH3DIIばかりで、503CWは奥のガラスケースの中のみ。
まあ、そんなもんでせうなぁ。
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICOLOR PRO800、スポット測光、手持ち)


HOYAのPENTAX事業部の(ややこしひ)そのうち出る予定らしひ
中判デジタルカメラPENTAX 645D。
とはいえ、6×45サイズのセンサーぢやないので、645は看板のみ。ううむ。
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICOLOR PRO800、スポット測光、手持ち)


我がスポットメーターの會社SEKONICのブース。
さう、さうなんだよ!! なんて相づち打ちながら聞いてをりました。
無論この寫眞は手持ちのSEKONIC L-758Dでスポット測光。
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICOLOR PRO800、スポット測光、手持ち)