舞鶴公園の梅 ビューカメラって面白いよ


(Click to large)

櫻ばかりの投稿もどうかな、と思ひ、ちょいと前の梅を投稿してみることにした。舞鶴公園の梅である。この時はかなりの曇天で今にも雨が降りそうだったやうな記憶があるのだが、相手が難敵である梅であつたため、対抗するためにWISTAを持ち出すことにした。

一般に梅の撮影といふのは結構難しいと言われているのだが、特に難しいのが咲いている梅の木を長焦点距離で狙つた際である。大半の35mmフィルムだと、極めて濃い朱をまとった梅の花が汚く滲んだやうに表現されてしまい、更にNIKKORに代表されるカリカリ系のレンズだとザワザワしたような、見ていて何となく落ち着かない「ウザい」系の寫眞となってしまいがちである。

(もつと最悪なのが一眼デジカメ系で、フラグシップ機でも朱の表現が噓まみれのハイパー塗り絵状態である。が、まあ元々が「センサー感知式自動塗り繪器」なだけに面目躍如でもあらうが・・・)

これに對して大型のフィルムを使った場合、再現性に餘裕があるため滲みも多くなくザワザワした感じもなく、極めてごく普通に撮れてしまうところが利點である。なんだこのくらいうちのカメラでも撮れるよ、と思はれた方は實際に撮ってみると意外にも結果が意圖を反映してくれていない(どうもイマイチな感じになる)のに気づくことだらう。

フィルムカメラの利點はデジカメ玩具のやうにセンサーサイズに縛られない所である。撮影対象ごとにフィルムのサイズを変更して撮影できる點は何者にも代え難い長所として考えられるのである。このやうに腰を据えて緻密な撮影を行う際には、できるだけ大きいサイズのフィルムで、ビューカメラを用いて煽り等を用い厳密にピントを合はせるのが鉄則であらう。

この寫眞の場合は、高臺に登って三脚を立て、カメラを組み立て、蛇腹を延ばして250mmレンズをセットし、煽り・シフトを多少入れた上でスポットメーターで露出を計り、シャッターを閉めてチャージし、ブローニーのフィルムスライダーを突っ込んでから、遮光蓋を引いてようやくシャッターを切ったものである。

當然ながらシャッターを閉めた後はファインダーから像を覗くことはできないため、かなり強くファインダー像腦内に焼き付けておかないと、シャッターを閉める~シャッターを切る直前に人が通ったり強風が起きたりするわけで、撮ろうとしている所がどこなのか憶へておかないとシャッターを切るのを待つことすらできない。これは結構難しい。

一枚撮るのに、慣れてても3分はかかる。だいぶ慣れたので3分でできるやうになったが、通常は10分かかると云はれている。こんな面倒な事をやってでも得られる寫眞はそれ相當の満足感あるものである點が素晴らしい。まさに趣味冥利に盡きるといふものである。

この寫眞を撮った際には何も考えずに撮ったのであるが、改めて観ると背景に緑色がありつつの紅い梅が手前にあり、小型判では恐らく滲みまくって汚く写りがちなものである。フィルムサイズが大きくレンズにもギリギリ8×10まで行けるものを6×7で撮るといふ超餘裕かました状態であるので、特に問題なく写っている。この當たり前のものが當たり前に写るのが嬉しいのである。

ビューカメラ、といふ單語が廢れて久しいやうな氣もする。が、大型カメラといふよりはビューカメラの方が形態を表した單語として相應しいと思ふのでこちらの表現を使っている。ビューカメラもかなり面白いよ。

「月イチ」9月度テーマ「静物」

體調の惡い日々を送つていたのであるが、さすがに三聯休ともなると三日目には良くなるものである。今週末は極力寫眞を撮るやうにした。昨日は阿蘇といふか九重連山までドライブと洒落込んだのだが、さすがにWISTA45SPを持って行く氣力が無く、HASSELBLADのみの貧弱裝備となつてしまったのである。ご免よ、お天道樣(笑)。

FP-100C45

といふことで今日はずいぶんご無沙汰していた月イチ會の揭示板を眺めつつ、9月度のテーマであった「静物」の撮影を行つてみる事にした。私の最も苦手な類いのものだが、單にほとんど撮つたことが無いといふ事でもある。だいたい良くわからんので、近くにあつたやつを窓際で撮つてみた。

撮影に際しては、歪みを少なくするため今年中頃から參戰中の250mmにご登場願つたが、殘念ながら蛇腹がこれ以上伸びないのでこの大きさとなつてしまつた。カメラが制約になりすぎる日々が續いている以上、そろそろ買い替えといふか買い足しが求められてきたのであらうとも思ふのである。

フイルムは即時現像が可能なやうに富士フイルムのFP-100C45を使つた。10枚組であるのだが、これも最後の10枚目。よく考えたら福岡に引つ越し前に買つたものであり、二年以上前のものである。微妙に赤みがかつているのはその爲と考えても良からう。

上の畫像はFP-100C45を剥いだ裏紙、といふかネガフイルムである。月イチ會に投稿した今回の成果=ちゃんとした寫眞はこちらからどうぞ。
http://www.flickr.com/photos/rockcape/6230037898/in/pool-1383848@N20/

CM FUJINON W 250mm F6.3

久しぶりのレンズ追加である。構想2年、苦節1年半、ようやく入手に辿り着く事が出来た。大型写真機用のレンズである。今時こんなもんを買うのは余程の奇人変人だろうと思わなくはないが、写真を趣味にして、レンズなんぞに投資している時点で一般人からは五十歩百歩である\(^o^)/

今回の構想は、我が大型写真機であるWISTA45 SPにレンズを追加した方が良いのではないだろうか、という事でスタートしたのであるが、最初は広角レンズが良いだろうと思って探していた。

ところが実際の撮影を改めて考え直すと、花を撮ったりする事が多く、近くまで寄れない(進入できない)ことが多い。こういう場合は35mm判だとM-1とZUIKO 90mm F2 MACROの独壇場であるのだが、それに相当するレンズが無い、という事実にはたと気付くのである。

所持していたレンズは2本。FUJINONのCM W150mmおよびT400mm。それぞれ4×5だと45mmと120mmくらいである。大型写真機は蛇腹を焦点距離より長く伸ばせばマクロ撮影モードに移行できるため、45mmより近接した撮影は可能であるのだが、T400はテレタイプ(強引に通常より短いフランジバックで兆焦点距離を扱えるよう頑張ったモノ)である上、ピントを合わせるためには蛇腹を252.4mm以上伸ばさねばならないため近接撮影はほぼ不可。

つまり、35mm判換算45mm-120mmという一番旨みのある距離が扱えないのが我が大型写真撮影の現実であったのである。という事でそこを埋めるのがまず先決であろうと、丁度150mmと400mmの中間で、かつWISTA45の限界蛇腹長300mmで扱える最大長のワイドレンズ、という事で250mmに白羽の矢が立ったのである。35mm判換算で70mmくらいのものである。

大型写真機のレンズは、国産だと現行は富士フイルムのFUJINONと山崎光学研究所のCONGOとの二択であるが、性能とメンテナンス性を考慮してFUJINONを選択している。無論最初の候補は現行品であるCM FUJINON W 250mm F.6.3である。第二候補が近接撮影用のapochromatレンズであるFUJINON A 240mm F9。後者の方がレンズは軽いのだが、イメージサークルが8×10で使う場合にはギリギリで煽れない、解放が暗くピント合わせが厳しそう、という事もあり、8×10をあつかう(かもしれない)将来性も考慮して、前者のCM Wが良いだろうと決めた。

あと、apochromatだとカミソリのようにシャープに写るのであるが、私はどっちかというとCM W 150mmのフツーに綺麗に写るその平凡なフツーさが大好きなので、やっぱりフツーのCM W型が良いなと思った次第である。

これが1年半くらい前である。

さてそこからが涙ナミダの物語である。その当時住んでいた東京で中古レンズを探すのであるが、このCM W 250mmが無い。何というか、人気がないのか人気があるのかさっぱりわからんのだが、とにかく無い。CM W 210mmやCM W 300mmなんぞは結構ゴロゴロしているのだが、この250mmだけが、蛇蝎のごとく嫌われてるのか全くない。

大判レンズが数多く置いてある某有名店を足繁く廻るが、無い。某フジヤカメラにも通うが、無い。年に数度ほど中古ページに出た事があるのだが、電話を掛けたら時既に遅し。オークションにも出ない。数度出たけどちと微妙だったりしてスルーした事も暫し。

そんなわけで引っ越しも重なり、あれよあれよと2年間も過ぎてしまったのであるが、今回諦めきれずに探していたところ、ひょんな事で発見。電話をしたらあったのですぐ送ってもらう事にした。そして到着したのが今日である。当初想定価格の半額くらいで買えてしまったので、もう何というか、果報は寝て待てである。ええんか、こんなんで。デジカメ様万々歳である。いいぞもっとデジに移れ皆のモノ\(^o^)/

という事で、我が家の激安大型写真機用レンズが3本構成に成長した。こんくらいになるとまあまあ様になるというものである。ただ、あんまりカメラ自体に愛着は無い。どうしても写真が主なので、カメラは脇役である。

レンズは多少使い込まれているが、シャッター速度等は簡易に見た限りでは特に問題ない状態である。どうせ使い込むので、そこはまあ、程ほどで良い。肝心のレンズは特に問題もなく良好。

WISTA45にはめてピント合わせを簡易に行ってみたが、全く問題が無く非情に良好である。フランジバックを239.9mm確保せねば無限遠が出ないので、それ以上蛇腹を伸ばす必要がある。300mmまで伸ばせるので、近くへのピント合わせも楽々である。

海外のフォーラムを見るとCM W 250mmの情報はやはり多くはなく、どうもマイノリティーっぽいレンズではある。が、前田真三氏らの過去の4×5写真を見る限りFUJINON 250mmというのはそれなりに使われてるので、まあそれなりに期待している次第である。

早速試写したいが、九州は台風直撃コースで今日も明日も雨である。トホホ。大濠公園では紫陽花が咲き始めである。