「月イチ」9月度テーマ「静物」

體調の惡い日々を送つていたのであるが、さすがに三聯休ともなると三日目には良くなるものである。今週末は極力寫眞を撮るやうにした。昨日は阿蘇といふか九重連山までドライブと洒落込んだのだが、さすがにWISTA45SPを持って行く氣力が無く、HASSELBLADのみの貧弱裝備となつてしまったのである。ご免よ、お天道樣(笑)。

FP-100C45

といふことで今日はずいぶんご無沙汰していた月イチ會の揭示板を眺めつつ、9月度のテーマであった「静物」の撮影を行つてみる事にした。私の最も苦手な類いのものだが、單にほとんど撮つたことが無いといふ事でもある。だいたい良くわからんので、近くにあつたやつを窓際で撮つてみた。

撮影に際しては、歪みを少なくするため今年中頃から參戰中の250mmにご登場願つたが、殘念ながら蛇腹がこれ以上伸びないのでこの大きさとなつてしまつた。カメラが制約になりすぎる日々が續いている以上、そろそろ買い替えといふか買い足しが求められてきたのであらうとも思ふのである。

フイルムは即時現像が可能なやうに富士フイルムのFP-100C45を使つた。10枚組であるのだが、これも最後の10枚目。よく考えたら福岡に引つ越し前に買つたものであり、二年以上前のものである。微妙に赤みがかつているのはその爲と考えても良からう。

上の畫像はFP-100C45を剥いだ裏紙、といふかネガフイルムである。月イチ會に投稿した今回の成果=ちゃんとした寫眞はこちらからどうぞ。
http://www.flickr.com/photos/rockcape/6230037898/in/pool-1383848@N20/

4×5インスタントフィルムで芍藥・藤・椿 FP-100C45

遂に復活。何となくそんな氣分でWISTAを担ぎ出した。大型寫眞機での撮影である。レンズは2本、150mmと400mm。現狀これだけしか持ってないのでフルセットではある。近々増やす野望を立てている。最近ハッセルをよく使っていたが、やはり大型寫眞機が私には合っていると思い直している所である。

極めて久しくの担ぎ出しであったため、1年以上使ってなかった4×5のインスタントフィルムを使ってみた。全てFP-100C45である。福岡は今日曇りから晴れの間を行ったり來たりであったが、午後は何となく晴れていた。花曇り前後である。

芍藥
(CM FUJINON CM W 150mm F5.6)

防濕庫に放り込んであったため、これでは特に變色等は見られない。白色も良く出る。

藤
(FUJINON T 400mm F8)

調子に乗って藤を撮ってみた。色が變であるが、元々こんな發色であった氣もする。但し、赤方向に轉んでいるため、やはり2年近い放置は良くないのだらう。

實は一枚目を大失敗してしまった。久しく使ってなかったからか、白い紙を引っ張ってもフィルムが出てこなかったので「?」と思ひながらもう一枚白い紙を引っ張ってしまった。これが元兇。2枚グチャグチャになって出てきてしまった。2枚目は見るも無慘な眞っ白けっけ。1枚目も一緒に出てきたがどうも現像液が行き渡ってない模様。ドキドキして規定秒数待ち剥いでみると・・・

椿
(CM FUJINON CM W 150mm F5.6)

こんなのが出てきた。FP-100Cは10枚で4000円くらいなので、大損害である。このカットは6×7のリバーサルでも撮影していたので、まあ良しとしやう。とにかくFP-100C45はコストがかかるため、必殺技に取っておいて、普段はもう少し小さなFP-100Cを使へるやうにPA-145を入手せねばならない。

FP-100C45

今日の溫度は槪ね25℃程度であったため、フィルムを剝がすまでの待ち時間は90秒である。これはフィルムの裏に書いてあるので、それを參照する。現像中は触らずフリフリせず、静かに置いておく。規定秒數に達したら一氣に「えい!」と剝ぐべし剝ぐべし。ベタベタの現像液+紙が殘るので、ちゃんと持ち歸るべし。決して現地に捨てるなど非國民的所作はやってはならない。

フィルムの方は敢へて4×5で撮らず、全て6×7で撮影した。まだ芍藥があまり咲いておらず、本番は來週に持ち越しである。蛇腹を伸ばして氣輕にマイクロ撮影、兩眼での構圖の確認など、大型寫眞機の利點は限りない。今後はやはりメインをこちらにするのが得策であらうと思ふ今日この頃である。

ポラロイドフィルム復活の簡易備忘録

 一昨日辺りからポラロイド復活の話が出てますね。來年中頃フィルムと對應カメラを發賣。「ポラロイド」ブランドとしては限定のやうですが。

 どっちにしろThe Impossible Projectが生産するし、その頃にはフィルム自體の流通は復活しているはずなので、一緒でせう。ただ、一般人からすれば「Polaroid」のフィルムが店頭に竝んでいて「復活ポラロイド!」とか書いてあれば「おっ!」と思ふでせうし、その破壊力は素晴らしいものがあります。賣れたら繼續もあるのでせうね。 新生日本ポラロイドも積極的に動いてくれる事を希望してをります。

The Impossible Project Inspires Polaroid To Re-Launch Instant Cameras
http://www.the-impossible-project.com/

THE IMPOSSIBLE PROJECTからのお知らせ
http://blog.goo.ne.jp/savepolaroid_jp/e/0a107c3139adc96988e8967f57604e2e

Polaroidのインスタントカメラが復活 (ITmedia News)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0910/15/news033.html

ポラロイドカメラは来年復活、デジタル版も登場へ (engadget)
http://japanese.engadget.com/2009/10/14/polaroid/

ポラロイド日本法人、MBOへ 破産の親会社から株買い取り (NIKKEI NET)
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20090925AT1D2406U24092009.html

 さて現狀出てる情報を簡單にまとめてみました。記事の公開時期が違ふので、まあ大體って事で。

時期 行事
2010年クリスマス〜初め モノクロType 600(3.1 x 3.1 inch)フィルム・スペクトラ(Type 1200、3.6 x 2.9 inch)フィルム販賣開始予定 (→SAVE PORAROID JAPANThe Impossible Project)
2010年春頃 カラーType 600フィルム・スペクトラフィルム販賣開始予定 (→SAVE PORAROID JAPAN)
2010年中頃 Polaroidブランドのモノクロフィルム・カメラ限定發賣予定 (→本記事)
2010年第三四半期 Type 800(8×10 inch)フィルム (→THE BRITISH JOURNAL OF PHOTOGRAPHY) 
時期未定 Type 100(4.25 x 3.25 inch)フィルム (→SAVE PORAROID JAPAN)

 

 こんなもんでせうか。私としてはType 550(4×5 inch)のフィルムが復活してくれれば、いつ無くなるか分からない富士のFP-100C45に縛られることが無くなるので有り難く存じます(富士は富士でライセンスの問題も複雜に縛りになってる事は承知しております)。また、無用の長物と化してるHASSELBLADのType 80(1/4 x 3 3/8 inch)ホルダーを復活させるためにも、こちらもやって欲しいなぁ。私に出來ることは買って撮る事だけなので、復活した暁にはドンドン使ひたいと考へております。

 ほかに情報有りましたら是非教へて下さいませm(_ _)m

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。