金澤 兼六園 其の貳

 前囘の續きでございます。雨が降って来たった為裏の観光物産館に逃げ込み、晝食を頂いた後再度突撃致しました。とにかく暗いので、入り口で三脚の使用を尋ねたところ、柵の中に足を突っ込まない約束でOKを頂きました。東京近郊なら間違いなく不可でせうなぁ。ありがたうございます。

 雨はほぼ止んでおり、苔の濡れた苑内の雰圍気はそれはもう素晴らしいものでした。これは晴れた日に行つても味わへないでせう。また行きたうございます。

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、三脚、スポット測光
苔がこれほど美しいとは
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、三脚、スポット測光)

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、三脚、スポット測光
苔の生した獅子巖
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、三脚、スポット測光)

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、三脚、スポット測光
濡れた苔
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、三脚、スポット測光)

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、三脚、スポット測光
椿
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、三脚、スポット測光)

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、三脚、スポット測光
撮つていると尉鶲(ジョウビタキ)もすぐ近くに降りてきました。
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、三脚、スポット測光)

櫻開花 新宿御苑

 さて金澤兼六園の話はひとまずおいて、先週土曜日に行ってきた新宿御苑、すっかり櫻が咲いておりました。

 多分需要が多いのではと思ひますので、今日上がってきたリバーサルフィルムを掲載しておきます。

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、三脚、スポット測光
見事。
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、三脚、スポット測光)


夕方なので赤味が強いです。
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、三脚、スポット測光)

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、三脚、スポット測光
素晴らしい。
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、三脚、スポット測光)

金澤 兼六園 其の壹

 さて今週末、金澤は兼六園まで行って參りました。勿論愛車でぶっ飛ばしてに乗って遠路遙々六百km。いや、定常運行百km/hですよ。いくら何でも疲れます。燃費10km/l。無改造第貳世代GT-Rの燃費はこんな感じだそうで。

 一泊後次の日、いざ撮影へ!! というところで雨。何といふ事。しかしここでめげては男が廃る、と乗り込んだのは良かったのでありますが・・・


どんより曇ぱらぱら雨。これぞ兼六園、といふ前で。
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、手持ち)


高臺なので雨が横毆りで・・・
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、手持ち)


がんがん降ってきました。一旦退却。
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、手持ち)

 雨の準備をしてこなかったので、カメラがずぶ濡れになる前に退却致しました。何といふ事だ・・・そして後編へ

白木蓮 新宿御苑

 さて先週末は(またもや)新宿御苑に行って參りました。

 今囘のお目當ては白木蓮。バッチリ咲いておりました。變な形の中判カメラを三脚に立ててのんびりスポットメーターで測光してると、寫眞に興味ありそうな方々から凄い形相で注目されてしまいます。樂しいからこっちへおいで〜(笑)

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、C-PL、スポット測光
青い。白い。
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、C-PL、スポット測光)

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、C-PL、スポット測光
雪のやうに白い。
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、C-PL、スポット測光)

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、C-PL、スポット測光
白い花空に向かひ。
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、C-PL、スポット測光)

前にも書いたかも知れませんが、デジタル一眼レフ一式全部賣却致しました。其の理由は色々ありますが、RAWやJPEGなどの畫像データはやはり寫眞ではないといふ結論に至ったからです。原子性及び眞贋性を担保できない結果は、趣味として不適切であるとの思ひが強くあります。さらば電子式塗り繪機械。

Apple iPhone 3G
さらばデジタル家電製品。こんにちは完全機械式光学兵器機械。
(Apple iPhone 3G)

 この選擇はノスタルジーではなく、ある程度の合理性を孕んでいるとの確信を持ってをる次第です。いづれ、誰もが氣づくのではないでせうか。

 まぁ、どちらにしてもフィルムの消費量はコンスタントに續いております。私はカメラにはあまり興味が無く、寫眞にこそ興味がございます。

箱根芦ノ湖スカイライン〜芦ノ湖海賊船

 どうも忙しくて更新する暇がございませんでした。

 さて珍しく先週は友人と早朝から箱根は芦ノ湖まで走りに行って參りました。雨上がりだった爲にまだ曇空でしたが、幸運にも一瞬冨士山が見えてございます。狙ってドバッ、キュポ (←ハッセルのシャッター音)。その後海賊船 (湖賊船?)で芦ノ湖を一周し、温泉に入って歸って參りました。

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、SEKONIC L-758D
こっちは曇、あっちは晴れ。
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、SEKONIC L-758D)

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、SEKONIC L-758D
この船で一周。天氣惡〜。上にニュートンリング出てますが無視して下さいませ。
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、SEKONIC L-758D)

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、SEKONIC L-758D
乗ってると天氣恢復。
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、SEKONIC L-758D)

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、SEKONIC L-758D
隣に船が。お互い手を振りながら。
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME Velvia 100F、SEKONIC L-758D)

今日の一枚 梅

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss T* Planar 80mm F2.8、C-PL、FUJICHROME Velvia 100F、三脚

 けふの一枚。前囘と同所、昭和記念公園。

 本日夜、セブンスドラゴンの發送メール有り。すっかり忘れてた。

 某所より執筆依頼。明日打ち合わせ。決まったらまたお知らせします。

 うーむ、頭が疲れてて文章が浮かばない。寝ます。お休み。

梅x櫻x福壽草 昭和記念公園

 さて昨日はスポット測光の練習に、立川は昭和記念公園に行って參りました。HASSELBLADに露出計が付いてないために澁々始めたんでございます。無論、師匠はスポット測光術の開祖たる鈴木一雄氏。『おぐにの聲―山形縣小國だより』出版時に筆で直筆サイン頂いたり、一昨年富士フイルムイメージングフェスタで直接教えを請うたり(このときは構圖がメインだったけど)してをります。

 さて、鈴木氏のスポット測光術三部作『風景の極意』『露出の極意』『露出決定術』(最後だけCAPAサイトに既に無いのでAmazonへ)を熟読し、反射率を頭に叩き込んでそのスポット測光やった結果ですが、六割成功ってところです。數枚は真っ白&真っ黒。敗因は、測光した場所が間違ってたといふのと、太陽の差し込む角度によって青空の出方がずいぶん違うといふ、まあ當たり前の話だったりします。これまではF6の3D RGBマルチパターン測光で樂してきた分、何もない世界に放り出されると弱いもんですなぁ。何事も基礎軆力が最重要でございます。

 今囘は、暫く封印していたC-PLフィルターとFUJICHROME Velvia 100Fを解禁致しました。HASSELBLADのCarl Zeiss CFEレンズはB60 (Bayonet 60)といふ特殊枠なので市販のフィルターがはまらないんですが、純正のB60→Φ67mm変換アダプター(金属製)を某所新品で發見してしまったので、これでケンコーのPRO-1D 67mmのものをはめました。純正フードの着脱に引っかかると思ひきや、ピッタリ。スルッとはまります。さすが純正品。素晴らしい。

 一寫入魂で120フィルム(6×6判で12枚撮り)を二本ばかり撮ってきました。意圖した露出っぽいやつから三枚ほど。無論、畫像は無修正、ノートリミングで。ライトボックス上でもかくの如く映ります。

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss T* Planar 80mm F2.8、C-PL、FUJICHROME Velvia 100F、三脚
青い空と白い梅を狙って。花を狙って+1.5EV (ちょい暗めで)
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss T* Planar 80mm F2.8、C-PL、FUJICHROME Velvia 100F、三脚)


福壽草を狙って+0.5EV (ちょい暗めで)
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss T* Planar 80mm F2.8、C-PL、FUJICHROME Velvia 100F、三脚)

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss T* Planar 80mm F2.8、C-PL、FUJICHROME Velvia 100F、三脚
櫻の蕾を狙って±0EV
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss T* Planar 80mm F2.8、C-PL、FUJICHROME Velvia 100F、三脚)

眞四角の中の梅 神代植物公園

 昨日は神代植物公園まで撮影に參りました。朝は曇で雨も降ってをりましたが、雲の予想を見て晝前から大丈夫なんぢゃないかといふ事で見切り發車。

 案の定着いた頃には晴れ晴れとした天氣と梅のてんこ盛りが拝める状態でした。素晴らしい。かういふ時は出かけるべきなのでせう。

 さて、前囘から中判に移行したわたくしでございますが、現在使用中のHASSELBLAD 503CWは完全機械式カメラ、つまりゴリゴリ引き金を廻してバネと齒車を引き、シャッター押すとガチャポンと動く「からくり箱」。電池なんぞなくとも當全動きます。何といふエコ。デジカメなんぞ永遠に到達できない領域(極めて逆説的ですが)でございます。

 といふ事で露出計などといふ現代的なものが付いてをりません。近々スポットメーターを導入せねばならぬ身なのですが、まだ持ってないといふ事で、暫定的にNikon F6をスポット測光設定にし、それで簡易に合わせてをります。でもこれじゃぁ完璧ぢゃぁないのですよな。日々精進あるのみでございます。

 で、120判リバーサルのスキャニングですが、GT-X750を散々使い込んだ擧げ句、何とかコツを掴みました。EPSON SCANの設定方針は(1)自動露出ON、(2)アンシャープマスクをOFF、(3)Digital ICEをON、(4)シアンを動かして色を整へる(何故か赤や青に轉ぶので)でスキャン(4800dpiで6×6一コマ約10分強、約一億畫素)、その後Photoshopでアンシャープマスクをかけるのが一番のやうです。これでCOOLSCAN竝、とはいかないまでも、マァマァの解像度が得られました。買い換へるのもアホくさいので暫くこれで続行でございます。

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME PROVIA 100F
青い。青い空と白い梅が染みる。
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME PROVIA 100F)

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME PROVIA 100F
梅と鑞梅(らふばい)。どっちも梅。
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME PROVIA 100F)

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME PROVIA 100F
一つの枝に紅と白。
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME PROVIA 100F)

HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME PROVIA 100F
ドバッと日の丸構圖。6×6判はこれが好きなんですよ。
(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICHROME PROVIA 100F)

 たまにゃぁ情報技術の話もしなきゃなぁとは思ってをりますが、本業側で書きまくってるのでご勘弁をば。そのうち書きますので。すまんこっです。

新宿御苑 梅x櫻 咲き始め

 ちょっと更新が滞っておりましたが、春に向けて色々やってをりまして、寫眞の方も遂に踏み出してはいけない領域にまで足を踏み込んでしまいました。中判に手を出してしまいました。もう35mm判には戻れません。

 120ブローニーフィルム6×6判、4800dpiでスキャンすると約一億畫素。冗談みたいな話ですが本當でございます。35mm判でも滿足してをりましたが、やはりここは完膚無きまでにコンスーマー向け1〜2千万畫素機がメインの一眼デジカメを超えようと、決意を新たに致しました。寫眞が四角ですが、元々この判です。縱横のない世界。ファインダーを覗いても眞四角。單軆露出計をまだ持ってないので、FM3Aの露出計を見ながら、あとは勘で。被寫界深度が淺い爲、絞ってもピント合わせは苦勞致します。

 新宿御苑は既に梅が咲き始め、何と櫻も咲いてをりました。これ、毎年早咲きなのでもしかすると、と思ってましたが案の定。鵯(ヒヨドリ)が櫻の中を右往左往。デジカメな方々がピピッとかピロリーンとかガシャガシャとか音を立てつつ、盛大に群がってをりました。

 撮影後、ネガフィルムをポパイカメラに出してきました。ブローニー對應の現像機を導入されたようで、翌日仕上げで現像+紙焼き出來ました。今どき何といふ高尚なる投資を。素晴らしい。大きなネガをうちのフラットベッドスキャナーEPSON GT-X750で讀み込んでも、まぁまぁの解像度です。激遅いですけど。慣れてないのでまだ頑張ります。次はリバーサルフィルムに挑戰致します。


HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICOLOR PRO160 NS


HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICOLOR PRO400


HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJICOLOR PRO400