Polaroid SX-70 ALPHA 1光臨 ポラロイド復活記念

 ポラロイド復活おめでたうございます!! 我が家もこれでReadyであります!!


(HASSELBLAD 503CW+PolaCombi 80/100、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8+Proxar 2.0、FUJIFILM FP-100C)

 Polaroid SX-70 ALPHA 1。1976年頃から生産されていたモデルで、初代機SX-70にストラップ穴と三脚穴が追加されたモデルであります。このALPHA 1は「銀色+茶皮」といふSX-70を代表するカラーリングの最後期モデルださうで、數が少ないとか。偶然オークションで見つけて・・・頑張って落札致しました。

 しかもこのSX-70、何とType 600のフィルムがそのまま使へるやうに露出計をISO 600に調整してあるカスタム品。通常のSX-70だとType 70のフィルム(ISO 150程度)なので、Type 600のフィルム(サイズは同じ)を強引に突っ込んでも眞っ白けっけに寫ってしまいます。仕方ないのでNDフィルターを付けての撮影を強いられるのですが、畳むたびに付け外しが必要、ファインダーが暗くなるなど、良いこと無し。このカスタム品はNDフィルター無しのファインダーが明るい狀態で撮影可能になってます。しかも分解整備濟み。素晴らしい。皮は新品に張り替えてあり、特に目立った傷もなくピカピカです。

 速攻で発送して頂きましてありがたうございます。そのままでは勿論撮れないので、期限切れの600のフィルムをポパイカメラで入手致しました。

 到着したので寫眞に撮らうと思ったんですが、正眞正銘のポラロイドならばそれ相應の相手が必要だらう、といふ事で、HASSELBLAD+フォトラマFP-100Cでキメてみました。室内燈下なので獨特の色になってます。

  室温20℃なので120秒待って、ペリッと剝いでハイ出來上がり。ちなみに今回はProxar 2.0を使ひました。これについてはまた別記事で。上の畫像は80mm + Proxar 2.0での最短撮影距離です。50cmくらい。

 SX-70ではまだ撮ってませんが愉しみだなぁ。ちなみにこのSX-70のフィルムはペリッと剝がずとも自然に寫眞が出てきます。

 撮るときはもちろん左右逆像。大型寫眞機と同じく、兩眼で構圖をじっくり考へられるところが中判+ウェストレベルファインダーの利點であります。餘談でした。

−*−

 ところでThe Impossible Projectで鋭意復活製造中のものがPolaroidの純正フィルムとして復活する予定は、来年2010年の春。最初にモノクロフィルムが復活との事で、カラーフィルムは秋以降。それまで市場のType 600フィルム(もちろん期限切れ)が底をつくのかもしれず多少不安ではありますが、假に切れたとしても暫しの辛抱です。

 もしThe Impossible Project側で先行販賣してくれれば、まづはそちらを入手してみたいなと考へております。

備忘録

ポラロイド復活、プリンタ一体型デジカメのほかフィルムカメラも投入
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0912/03/news069.html

「花を再度咲かせたい」–ポラロイド復活、9800円のモバイルプリンタも発売
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20404730,00.htm

「ポラロイド」復活“SX-70”も復活へ
http://netafull.net/dcam/032836.html

「ポラロイド」カメラ、10年夏に復活
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20091203-OYT1T01062.htm

學研大人の科學Vol.25 35mm二眼レフカメラを買ってきた

 學研二眼レフカメラ(大人の科學Vol.25 35mm二眼レフカメラ)を買ってきました。通稱Gakkenflex。2,500圓。既に學研の通販では品切れなので、お早めにどうぞ。


(HASSELBLAD 503CW、PolaCombi 80/100、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、FUJIFILM FP-400B)

 開けた。結構な量。所要時間約一時間。ドライバー付属なので特に別途購入が必要なのは35mm判フィルムのみ。ISO 400の24枚撮りが推奬ださうです。我が家にはFUJICOLOR 100の24枚撮りとFUJICOLOR X-TRA 400の36枚撮りしか無いので買ってくるであります。


(HASSELBLAD 503CW、PolaCombi 80/100、Carl Zeiss Distagon T* CFi 50mm F4、FUJIFILM FP-400B)

 でけた。やっぱり一時間くらいかかった。35mm判用なので想像以上に小さい。Peakのアナスチグマット4xルーペ竝の大きさであります。中はスカスカなので數十グラムくらいでせうか。

 組み立て時の注意點は、既にお詫びと訂正が公開されていますとおり、バネの表記がAとB、CとDがひっくり返っております。まぁ物理的にハマらないので私も氣付きましたが、ご注意を。また組み立て最終局面では筐體をひん曲げて突っ込む工程があるので、誤って割らないやうにご注意あれ。あと、シャッターはちゃんとパチンと動く事を確認してから組み上げないと、再度バラすはめになるのでお氣をつけ下さいませ。

 さて試寫に行ってくるでござる。

 追記: 作例を掲載しました。

さよならE-300

 前回話題にしてしまった、自然に動かなくなったOLYMPUS E-300ですが、早速時間を作って小川町のオリンパスに持って行ってみました。

 で、結論から。基盤交換。一萬圓より+工賃八千円=合計約二萬圓より。中古より高い。思はず笑ってしまいました。どうしたかって? 勿論御禮を云ってそのまま持ち歸り、封印しました。我が家ではこれでデジタルカメラは電話として利用中のiPhoneを除き、これで全て無くなりました。


(HASSELBLAD 503CW、PolaCombi 80/100、Carl Zeiss Distagon T* CFi 50mm F4、FUJIFILM FP-400B)

 その代わりに鎮座してゐるのが、HASSELBLADとインスタント寫眞。現在はモノクロをちびちび使っていますが、これが終はったらカラーのFP-100Cに代へる予定です。遺影をFP-400Bで撮ってみました。我が家の世代交代。

 銀塩寫眞の大切さを教へてくれて有り難う。さよならE-300。

PolaCombi 80/100 HASSELBLAD+ポラロイド

 前記事のとおりThe Impossible Projectによるポラロイド復活を記念して、我が家でもひとつポラ付いてみよう。なんて思っていた譯でして、目を付けていたHASSELBLAD用のポラバックを入手致しました。

 HASSELBLAD PolaCombi 80/100。一應現行品です。箱付き完品シュリロの証憑き付き。またもやeBayをも超える至上最安値(私レーダー)で確保。有り難うございます。珍しく保証書やら説明書やらまで入ってます。まぁ、中身は單純すぎて必要ないと言ってしまえばそれまでですが。

 感光側。右上の銀のポッチで本體とロックします。SWEDEN製、かと思いきや・・・

 裏側。引き蓋の格納部分が付いてます。これ、ひとつ前のモデルのPolaPlusやPolaBasicだと廃止されていて、引き蓋が引き抜けず途中で止まるやうになっていたみたいなんですが、PolaCombiで復活したやうです。引き蓋がすっぽ抜けないのは一見便利なやうに見えて、鋭い鋼がぷらんぷらん狀態にもなり、實は危險だったりもするんで、私はこちらが正解だと思ひます。

 開いた。傷が多く付いてるので、多分プロカメの方が前オーナーなのでせう。

 ローラー部分を外してみた。ポラバックは一律、この部分が肝です。ここがやられてると、正常に現像できません。やはり澤山使っていた形跡があり、ローラーが現像液のカスでベタベタボロボロでした。竹串と濡らした鼻紙で頑張ってフキフキしたらピカピカになりました。大成功。本體の裏にはなんと、MADE IN UNITED KINGDOMとありました。えーHASSELBLAD SWEDENって表に書いてあったじゃんか〜(←どうでもいいです)

 引き蓋を抜いた。ガラスがあるんですよ。ここが傷ついてると無論正常に撮れません。これは傷ひとつ無くピカピカでした。汚れていたので眼鏡拭きで拭ったら綺麗になりました。

 引き蓋。彎曲しててグニャグニャ(笑) 急いで差したりすると曲がっちゃうんですが、相當使い込んである事が伺へます。これは新品に買い換え決定。もちろん、單品で賣ってます。

 Type 100のポラ、じゃなくてフォトラマ買ってきました。このビックカメラで1590圓。ほんとはFP-100C(ISO 100のカラー)を買いに行ったのに、缺品。しようがないのでISO 400のモノクロFP-400Bを買ってきました。これは近く無くなる予定ださうで、The Impossible Projectによる早期の再開が望まれます。

 ちなみにこのPolaCombi 80/100はその名の通りType 80(正方形)とType 100(長方形)の二種類に對應している珍しいホルダーなので、その先まかり間違ってType 80のフィルムが復活してくれれば、安價に愉しめる可能性もあります。(Type 80の方が面積が小さい分安かったんですよ確か)

 開封。

 パックの腹を押さえないやうにして横を持ちつつ剥き剥き。パックの腹を押さえると、押した場所に謎の心靈が寫ります(その昔のインチキ心靈寫眞僞造の定番だったやうです(笑)

 本體。これをホルダーにはめるだけ。簡單すぎて呆れます。

 黒い臺紙がホルダーの外に出るやうにしてハメ込みます。これは4×5サイズも同じ作法ですね。

 こんな風に、白い引き紙が所定の場所に収まるやうに確認します。

 パチンとはめて完了。

 こんな感じ。白い引き紙が見へてます。

 では一枚目を撮るために黒い臺紙を引っ張ります。ズルズルズル〜

 1の引き紙が見えたら完了。これで撮れます。

 さてHASSEL本體に取り付けてみます。

 通常のバックを外して・・・

 ガチョン。

 前から眺めてみた。何か昔のロボットアニメに出てくるやうな無理矢理風不格好さが男心を擽ります。感じとしては鋼鐵ジーグとかマグネロボガ・キーンとか超人戰隊バラタックみたいな、そんな感じ。

 ファインダーを開けた。これ、PolaCombiがつっかえてフードを跳ね上げる突起に手が入りません。え〜!? 無理矢理横を握って跳ね上げられますが。

 上から見た。全長が短くなって變な感じです。

 で、シャッターを巻き上げやうとクランクを出すと、PolaCombiが邪魔で出ない(涙。何といふ素敵仕様。

 本體からちょっと外してクランクを延ばすと、今度はそれがつっかえてPolaCombiが本體にはまらない。ガーン

 結局クランクは閉じて使へ、といふ事のやうです。まあ、實用上は全く問題有りませんが。

 引き蓋を引いて

 裏に格納して完了。これで撮れます。

 上から見たらこんな感じ。PolaCombiは下に飛び出てない分、邪魔にはならず手持ちでも全く違和感なく使えます。素晴らしい。

 試しに撮ってみた。引き紙をズルズル〜と引いて、

 プチンと切れると感光した紙が。これをゆっくり引っ張ります。

 ゆっくりゆっくり、現像液が染みるやうに一定速度で。

 引き出した。23℃くらいなので、これから20秒程度待ってから、一氣に引っぺがします。ベリッ


(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Distagon T* CFi 50mm F4、PolaCombi 80/100、FUJIFILM FP-400B)

 ううむ、桔梗の花を光に當てて撮ったつもりが、花が完全に飛んでいる(爆) モノクロって難しいですね。ちなみにHASSELBLADの印面はこの大きさなんで、これだけしか寫りません。勿體ないですなぁ。無駄の少ない正方形のType 80が復活して欲しいところです。

 といふ事で、我が家でも4×5と2X2でポラ撮り覺悟完了になりました。さぁ、いつでも來いThe Impossible Project!! (^^;;;