新発売のネガフィルム、フジカラーから今時登場!!

なんか猫も杓子もデジカメな世の中→みんな飽きて單價&賣り上げ大崩壊中のデジカメ(特にコンパクトデジカメ)。

レンズ一体型が減少に転じ、デジカメ国内総出荷も前年割れ~CIPA2008年4月統計より
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2008/06/02/8595.html

そんな不況の眞っ最中ですが、なんと我らのフジフイルムが新フィルムを發賣だそうです。なんてこったい/(^o^)\

新設計の感光層で露光オーバー時でも色をクリアに再現!
「フジカラー SUPERIA PREMIUM(スペリアプレミアム)400」
日本人の肌色をいきいきと美しく!新発売
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0245.html

ちなみにですが、ご自宅に死蔵されている何十年も前のふるーいカメラでも、こういう最新のフィルムを使うとバキバキのもの凄い寫りをします。多分お手持ちのデジカメをも超える勢いの味のある高畫質で。噓だと思ふならば是非一度お試しを。昔のカメラを今でも使えるなんて、エコじゃあないですか。餘計な電氣も要らんし、古いカメラなら電池すら要らんのですよ。

フィルムの良さは、撮った瞬間に全て完結してしまうところでございます。デジカメだとやれバックアップだ補正だプリントだDVD-Rに焼くだ移し替えろだ一杯になったからHDD買ってこいだパソコン壊れた畫像トンだ、ファイル形式が未對應になった開けなくなったと、まあ大變ですねぇ。進化してるんだか退化してるんだか譯ワカランでございます事よ。

寫眞は五十年單位での保存性をまず第一に考へるべきでございます。その爲に撮ってる譯ですから。筆者の持論です。

※フジカラーの解説記事は、検索しやすいように別記事に分けました。

@IT情報マネジメントでの講演&パネルディスカッション

SOAセミナーのサイト

昨日夜ですが、@IT情報マネジメント主催にて、『SOA推進のための具躰的方法論と新しい開發のカタチ』というセミナーで講演&パネリストしてきました。このセミナー、元々限定30名様という話だったため、特にこちらではアナウンスしてませんでした。(案の定30名を超える応募があった模様です)

こちらではSOA (サービス指向様式)という企業向けシステムの設計手法について、私の方で連載している『戰ふ現場に贈る分散システム構築』のOFF版、というか延長で話を、というお話を頂きまして、それで登壇することになったのが事の發端。

當初はできるだけ易しい内容を、と思いきや、後半のパネルディスカッションでは結構ディープな話も交えて・・・となった爲、あんまりSOAについてこれまで考えたことがない方にはちょっと難しかったかな? などとアレコレ考えている次第です。

しかし、雜誌やWeb記事などで語られることの無かった箇所などについても多く触れられたので、なかなか有意義な会合ではなかったかと私自身も思います。関係者各位の皆様おつかれさまでした。またやりましょう!

リバーサルフィルム買ったらルーペが付いてきた

 さて、先日現像に出しに行ったついでに、新宿でフィルムを仕入れてきました。いつも買うFUJICHROME PROVIA 100Fの6本セット(5+1本セット)を手に取り、ふと見ると上に何か變なものがくっついてる。


ハンディービューアーが付いてる模様。


ビューアー以外は普通の6本パックのようで。


開けてみた。


どうやらリバーサルフィルム(マウントにはめたやつ)をはめて、螢光燈にかざして見るタイプのようで。


反対側にもスリットが入っていたので、ここに通せばスリーブ(細切れにカットしてないタイプ)でも見られるようですが・・・

 これ、傷が入らないですかね? 堅いプラスチックVSフィルム。バリが残ってたらアウトですな。ホントに大丈夫? 私はスリーブで保管してるので、怖いんですけど。結局使ってません事よ。

 ちなみに、Velvia 50の6本セットにもこれが付いたのがありました。うーむ、嬉しいような嬉しくないような、微妙・・・

 しかし、富士フイルムこのご時世によくやるなぁ。素晴らしい。拍手。

Windows Updateに800B0100で失敗する場合の対処法

備忘録ですが、Windows Updateに800B0100で失敗する場合の對処法を見つけたので書いておきます。

文書番号: 947821 – 最終更新日: 2008年10月3日 – リビジョン: 3.0 Windows Vista および Windows Server 2008 用のシステム更新準備ツールについて
http://support.microsoft.com/kb/947821

ちなみにうちの環境は、MacBook ProにMac OS X 10.5.5を入れた状態でBootCampを使ひ、そこにWindows Vista SP1が入っていて、それをParallels Desktop 4で動かしている、という超ややこしい状況です。

これで上記800B0100エラーが出てWindows Updateができなくなったんですが、上記にあるパッチを使うことで無事恢復致しました。これ、Windowsが自動でやってくれればいいんですけど。普通の人無理ですよね、こんな対処。探し出せないって。

連載二本目始めました

豆蔵コラボ さて、すっかり忘却の彼方だったのですが、新たに開設したサイトである「豆蔵ソフト工学ラボ」の方に、サービス指向で連載を始める事になりました。月イチ更新でございます。

 既に@IT情報マネジメントの方に月イチ連載(戰ふ現場に送る分散システム構築)を持っている身なので、これで二本目になってしまいました。同時連載は初なので、耐久テストの様相を呈して参りました。

 SOA (企業向けのサービス指向方式)というとどうもインチキ臭い、という話があり、私もその一人だったのですが・・・という話が第1囘の主立った話となってをります。そんな話でも読んでやってもいいよ、なんて奇特な方はご一讀賜りますやう。

SOA實践の最前線 第1囘:「SOA」は本當か?
http://labo.mamezou.com/special/sp_001/sp_001_001.html

 ※連載では新字新假名なので念の爲。

新宿御苑の猛烈な紅葉 二本目

けふは前囘の続きで、フィルムの二本目です。

場所は前囘一番奥の池から、日本庭園の方へ場所を移しつつ。血のように紅ひ紅葉が目前にあり吃驚しました。こんな紅葉が都心で見られるとは。衝戟の赤。勿論、紅葉は光線の關係から見える赤が激變する難しい被寫軆ですが、これだけの色は珍しゅうございます。

周辺の緑と比較して分かるとおりですが、ニュートラル発色のFUJICHROME PROVIA 100Fで撮ってそのままフィルムスキャナーで読み取っただけ。フィルム自体を肉眼で見てもこの發色でございます。どんだけ紅かったかは推して下さいませ。


Ai-S Nikkor 20mm F2.8


Ai-S Nikkor 20mm F2.8


Ai-S Nikkor 20mm F2.8


Ai-S Nikkor 20mm F2.8


Ai-S Nikkor 20mm F2.8


Ai-P Nikkor 45mm F2.8


Ai-P Nikkor 45mm F2.8


Ai-S Nikkor 20mm F2.8


Ai-S Nikkor 20mm F2.8


Ai-S Nikkor 20mm F2.8


Ai-S Nikkor 20mm F2.8

新宿御苑の紅葉 其の壹

 今なら紅葉が見られる!! なんて話を聞きつけて、のこのこと新宿御苑まで行ってきました。毎年恒例なので、今囘もリバーサルフィルムにて。デジカメは便利だけど、永年保存を考えると、消失の危険性と常に隣り合わせの電子データ(フォーマット変更の危険性もあり)で保存という考えはわたくしには御座いません。一時情報としてのみJPEGなどを利用し、フィルムで保存が最も安全との確信を持ってをります。

 それと、いつも長玉を使う(依存する)癖が付いてしまってるので、矯正する意味でも20mm、45mmの二本のニッコールレンズのみを持ち出しました。しかも、いつも極彩発色のフジクロームのVelvia(ベルビア)50ばっかり使ってるので、色彩感覺を矯正する意味でも、ごく普通の發色傾向であるフジクロームのPROVIA(プロビア) 100F 縛りで頑張ることにしました。

 デジカメは何枚も撮れるので、自分がどんどん馬鹿になる感じがして、どうも寫眞を「撮ってる」感じがしない。一枚ごとに色彩が焼き付けられるフィルムを使う事で、勿体ない感覺と相まって、一寫入魂の趣味としては最高の贅沢を味わうことができる。そう感じるけふこの頃で御座います。

 それはさうと、現場は確かに凄い紅葉で御座いました。來週まで大丈夫でせうか。量が多いので貳囘に分けて。次囘の方がもっと紅ひですよ。


Ai-P Nikkor 45mm F2.8


Ai-S Nikkor 20mm F2.8


Ai-P Nikkor 45mm F2.8


Ai-P Nikkor 45mm F2.8


Ai-S Nikkor 20mm F2.8


Ai-S Nikkor 20mm F2.8


Ai-P Nikkor 45mm F2.8


Ai-P Nikkor 45mm F2.8


Ai-P Nikkor 45mm F2.8


Ai-S Nikkor 20mm F2.8

ニスモフェスティバル2008 會場周辺篇

日曜日ですが、御殿場の冨士スピードウェイまでニスモフェスティバル (nismo festival at fuji speedway 2008)に行って參りました。

超混むとの話だったので、朝4時半起床、5時出發で6時ちょい過ぎに到着致しました。朝は東名高速も混んでなくてようございますなぁ。詰まることもなく速やかに駐車場まで停められました。

今囘はちょっと氣合ひを入れてリバーサルフィルムで撮って參りました。黒い縁があるのはその爲でございます事よ。


到着。まだ車は少なく。ドカンと陣取って撮影。


辺りはまだ薄暗く・・・
この後怒濤のように車が入ってきてすぐ埋まりました。


ゲート開門前の状態。7時50分頃。ずら〜


開始。SUPER GTで活躍された方々。


懐かしのラリー車。何かテレビで見たことある!!


あっ、みずたマーチ。(CM風)


nismo 400R。何かnismoのロゴマークって變はりましたね。
昔はnism●だったのに、今はnismo。


xanavi RACINGの飯嶋監督がxanavi nismo GT-Rのタイヤ交換に挑む!!
四人中結果二位でした(笑)


天氣はようございました。でも風は結構ありつつチョイ寒。
レースをずっと眺めてましたが、16時頃退散いたしました。
パドック内の寫眞などもあるけど、量が多いのでまた今度。

※追記 寫眞の畫質が惡かったんで設定を變へてみました