OLYMPUS M-1の米谷美久氏逝去

OLYMPUS M-1、OM-SYSTEM 28mm F2.8 MC OLYMPUS-PENシリーズからOM-SYSTEM、XAシリーズを設計されたオリンパスの米谷美久氏が逝去されました。謹んで哀悼の意を表します。

 OMシリーズの元祖であるOLYMPUS M-1(OM-1の1972-1973年の初期生産分)は全く疎遠であった私の寫眞に對する姿勢や技術を教へてくれた、私にとっては究極の名機であります。

 カメラといふのは要するに暗い箱で有りさへすれば良くて、あとは絞り機構とシャッター機構があればOK、といふごくごく當たり前の事實を氣付かせてくれました。

 初期のデジカメで適當に遊んで何となく物足りなさを感じていた私の中で、遅ればせながらOM-1に初めて触れることができて、その時の體驗は強烈なものとなって私の中に殘っております。

 欲しい。どうせ探すなら私と同年齢のものを、と思ひ立ち、都内を驅け回って、極めて希少である本物の完動品M-1を探し出したときには鳥肌が立ちました。(トップカバーだけ交換してある模造品が多いのもまた事實でして、見分け方はシリアルナンバーや接眼窓の深さ、フィルムレールのガイドビスの數などなどが判明してるやうでして、それを參考にショーケースを睨みまくったのも良い思ひ出でございます。)

 この寫眞機を使って短期間で百本近くリバーサルフィルムを撮って勉強しまくりました。最初はそりゃぁもう酷いもんでしたが、途中からは失敗も減ってきて、36コマ全て露出OKを出せるやうになるまで結構かかりました。かういふものは、強烈な經驗で身をもって知るのが一番である、といふのは良い教訓となっております。このM-1が無ければ、現在大型寫眞機を使うことすらままならなかったでせう。光學とフィルムの單純性とそれ故の愉しさといふのは、やはり本格的に使った事のある者のみが知りうる世界ではないかと思ひます。

 手で操作し、ゼンマイ仕掛けで動作する、電池すら要らない小型の完全機械式寫眞機。機械式の宿命で調整が狂ってきて光線引きとコマ間のズレが顕著になってきたため、数年前に関東カメラサービスにオーバーホールに出し、微妙に穴の空いていたシャッター幕の交換と露出計の調整、ギア清掃と注油、表皮の交換をやってもらいました。貴重なオリジナルのシャッター幕と表皮は保管してあります。現在ではほぼ完全な状態にて我が家の防濕庫で保管されております。レンズはM-SYSTEM銘柄の50mm F1.4と、OM-SYSTEM銘柄のマルチコート仕様の28mm F2.8、それと90mm F2 MACROの三本が殘っております。あと百年くらいは樂勝で闘へさうです。

 私はこの寫眞機と平行してオリンパス繋がりでE-300やE-500そこからE-1と使い続けたのですが、ファインダーの小ささと、そもそものデジカメの空疎感に對する拒絶感から、現在では我が家に殘っておりません。また、超高速シャッターや超高速連射、オートフォーカス用途や高度なマルチパターン測光ではOMシリーズだと手が出ないのも事實なので、35mm版の主力は現行機であるNikon F6へとシステムを變更しました。

 しかし、小型寫眞機の私の基準は依然としてM-1であり、死ぬまでこれが基準機であり續けることでせう。ちなみにM-1の「M」は實は米谷氏のMである、といふのは公然の秘密でありまして、今は無き朝日ソノラマの『一眼レフ戦争とOMの挑戦』(刊行後すぐ買いました)や『OLYMPUS E-1スーパームック』などにちょこっと書いてあった記憶があります。前者やその前編に相當する『「オリンパス・ペン」の挑戦』は版元消滅により絶版狀態のやうです。大變面白くも愉快な書籍なので、是非どこかで復刻して欲しいものです。

OLYMPUS M-1、OM-SYSTEM 28mm F2.8 MC

ATOK 2009 Mac/Win同梱版が來た

 毎年この時期の風物詩ですが、ジャストシステムのATOKの最新版、ATOK 2009 for Macが我が家に到着致しました。今年はWindows版の購入をスキップしていたので、Mac/Winの同梱版を初めて選擇致しました。

 私の環境はほぼ99%Macに公私とも移行してしまったため、Windows版の必要性はほとんど無いんですけど、ごくまれにWindows機を使はねばならぬ事が起きるため、致し方なく買っているといふのが實狀でございます。ほんとはMac OS Xに一太郎があればいいんですけど、もはや復活することは萬が一にも無ささうな感じですので諦めております。

 なお、今回のバージョンアップの目玉はなんと正字正假名(舊字舊假名といふ不名譽な俗稱與へられておりますが)對應です。私の爲に機能向上が圖られたのではと邪推してしまふくらい有り難き機能です。ただ、「きうじきうかな」と打っても「舊字舊假名」といふ變換候補は出てこないので、暫定對應といふ感じでせうか。まあ、無いよりマシなので標準辞書の擴充を希望する次第でございます。

 ちなみに毎年書いてる気がするんですが、私のATOK歴はPC-9801の一太郎Ver.3(ATOK 7内蔵)からでして、學生の頃なけなしのお金を拂って一太郎Ver.5/三四郎Ver.1のジャストウィンドウ2セット(ATOK 9内蔵)を購入したのがきっかけでございます。ジャストシステム側にはここからの登録履歴が私のユーザーIDで殘っており、そこから一太郎Ver.6(ここからWindows 3.1へ移行)、一太郎Ver.6.3、一太郎Ver.7(ここからWindows 95對應)、Ver.8、Ver.9、Ver.10・・・とひとつのバージョンも飛ばさず毎年毎年忠實に税金を投入しておりまして、今年でATOK 22相當なので、何と13回もバージョンアップしております。しかもATOK 14からMac版(OS 9/OS X同梱版)も購入している上、途中でLinux版ATOK Xやらなにやら買ったので、20本以上のATOKを買ってます。何といふカモ(笑)

 どっちにせよ、私の漢字變換歴はPC-8801mkIISRのキャリーラボ製JET-88やCASIOやEPSONのボロいワープロで遊んだ以外は、PC-9801付属のN-88日本語BASIC(86)付属のNEC AI漢字變換で學習した以降、全てATOK。MS IMEやらことえりやらは(緊急回避手段以外)全く使ひ込んだことがない、なんて話をすると周圍から變人扱ひされるのですが、私からすればIMEの寒い現狀を考慮した場合その正反對に見へるのでお互い様でございます。

  なお毎年凝った包装だったMac版でしたが、今年からシンプル包装へと變更。いや去年からからですかね? 毎度速攻で捨ててたのでこれで結構です。ハコがでかいのが勿體ないので、DVDのケース辺りでとどめておいて貰う方がいいんですけどね。賣り場で目立たなくなるから難しいんでせう。

 いずれにせよ、善良なる國民たるやATOKを一度使ってみる事をお奬め致します。試用版もあるのでどうぞ。ってATOKしか使ってない人が言っても説得力無いですなぁ。上手い具合に皆様使って頂ければATOKの將來、といふかパソコン上の國語の將來も安泰なんですが。また、いつかATOKを超へるIMEが登場することも併せて期待しております。お前が作れよ、と言はれさうですが、ここはひとつ國語の専門家にお任せしたく。素人が想像で手を出すのは罰が當たりさうです。

百合を大判で撮る

 先週日曜日ですが、百合が咲いているといふ情報を聞きつけ、久しぶりに昭和記念公園まで行って參りました。

 現場は雨がぽつぽつといふ惡コンディションでしたが、まあ何とか降らない状態まで恢復した爲、さっさと撮影して撤収しました。収穫は4×5の大判が二枚、120の中判を1本。久しぶりにその中の大判のやつを二枚とも掲載致します。

 ちなみにいつも大型寫眞機で撮ってると見物人が寄ってきて見世物大開放状態になるんですが、この時もコンデジ片手のおじさまから話しかけられました。撮ってる操作を見て頂くのは全然構わない(慣れました)のですが、眞後ろに立たれると、ふと振り返った際にもの凄くビックリします(笑)。どうもピントグラスを覗きたいのでせうか、言って貰へると冠布被せて見て貰うんですが、シャイな方が多いですかね? 見かけたときはどうぞ聲を掛けて下さいませ。


 一枚目。Velvia50はハマると素晴らしい階調性と微粒子感を出してくれます。だから止められんのですよなぁ。ただ、もう二段ほど絞った方が良かったなぁ。
(WISTA 45 SP、CM FUJINON CM Wide 150mm F5.6、FUJICHROME Velvia 50、F32、1/2秒)


 これは花の前で入射光で計ったんですが、どうも奥や周辺の葉っぱがドアンダー。スキャン時に少し明るめに出しましたが、今度は調整不能なくらい色轉びが酷い。舊Velviaも含め、Velvia50の弱點でも特徴でもあります。要するに露出をばっちり決めないとボロボロ。しかも、中判のロールフィルムアダプターを使ってアップを撮った直後に4×5でそのまま撮ってしまったため、煽るのを忘れて奥の花にピントが合ってないです。中央の花はいいにしても、これは完全な失敗例ですなぁ。
(WISTA 45 SP、CM FUJINON CM Wide 150mm F5.6、FUJICHROME Velvia 50、F14、1/2秒)

ドラゴンクエストIX+攻略本買ってきた

 當初買ふ予定はなかったんですが、あれこれ考へているうちに欲しくなってきたため、横濱に行く用事のついでに買ってきてしまいました。

 到着したヨドバシカメラにはドラクエ9を待ち望んだ方々による長蛇の列が。ウネウネと階段から賣り場を縫うやうな行列の末、やうやっと買えました。団扇も無料配布してたのでみんな扇ぎながら辛抱強く待っておりました。でも、歸ってWebを見る限り今でもどこでも買へるみたいですなぁ・・・あの苦勞は一軆何だったのでせうか(^^;;;?

 私は初代ドラゴンクエストから三本目のドラゴンクエストIIIまではファミコンでリアルタイムにやりましたが、IVから興味が無くなってしまい、スーファミに移ったVは、そもそもスーファミを持ってなかったので友人から本体ごと借りて途中まで、その後はまるでやってない、といふレトロかつ舊タイプのユーザーでございます。最近のドラクエはよーわからんのです。

 初代はハイドライド+Ultimaみたいな變なゲームといふ認識で、ひたすら鍵を探す事が楽しかったんですが全部の扉を開けてしまった瞬間に飽きて(竜王討伐せずに)放棄、IIはロンダルキアの洞窟でめんどくさくなって放棄、IIIは大變好きだったのですが、部活やってる間に弟が私よりもひたすら先まで進んでしまって何かシラけてしまい放棄、IVはアドバンストファンタジアンみたいな章立てで「ヤラされ感」が強くてパス、Vは途中までやったけどやっぱり「お使いゲー」の感覺が強くて途中放棄。VI以降は発売日すら認識せずといふ有様。何といふヘタレゲーマーでせうか(^^;;;

 で、さういふ汚名を雪ぐためにも歸ってさっそく始めてみましたが、やはり決められたシナリオを淡々とこなす感は嫌〜な感じですなぁ。わたしゃゲームがしたいのに、その代わりにお使いをやらされた褒美として幼年向け小説風紙芝居をと強制的に見せられる感触は、どうしても馴染めん。暇つぶしには良いですがかなりイライラします。だったら最初から買ふなよ>私(^^;;;;;;;

 わたしゃ初代ドラゴンスレイヤーのやうな戰闘+パズル系でストーリーもへったくれも無いタイプが好みなので、ドラクエはIIIが、ファイナルファンタジーはVといふ戰闘システムが充實してるやつが好みだったりします。やっぱりシューティングゲームやアクションゲームしか向いてないといふことがよーく分かりました。

 昨今のRPG系では世界樹の迷宮I・IIはクエストをすっ飛ばして何とかクリア、セブンスドラゴンは攻略本まで買ったのに面倒で途中放棄した私なんですが、折角買ったので我慢して最後までやりとげる積もりです。ので、途中で諦めないやうに攻略本まで買ってきました。今回は最後までつゞくかなぁ・・・

GT-X970+無反射ガラスを用いたフィルムスキャン

 さて我が家のフィルムスキャンの方法を一度書いておいた方が良いだらうと思ったので書いておきます。ひょっとしたら役に立つ方がいらっしゃるかも、なんて思ひますので。あくまで我が家の解法なので、ひょっとしたらもっと良い方法があるやも知れません。

 一寸前の日記に書いたやうに、我が家のメインスキャナーはEPSONのGT-X970がフル稼働状態であります。このスキャナー、最大8×10のフィルムが直接讀めるといふ素晴らしい機能を持っているのですが、弱點として反りを無くした状態でスキャンする機能が無いのであります。

 4×5のフィルムサイズまでは、35mm版6コマx4列のホルダー、ブローニー2列のホルダー、4×5が2コマのホルダーと完備されているんですが、枠で挟み込むタイプなので枠外までスキャンしたい場合や4×5以上のサイズをスキャンしたい場合、ガラス面に直接フィルムを置いてスキャンする形となります。

 で、その場合に問題になるのがフィルムの反り。通常フィルムはピーンと平面性を保ってる譯でも無く、微妙に反っておりまして、ガラス面に置いてスキャンしているうちに、熱でクルルンと反ってきたりして、スキャン結果を観ると反った結果臺形になってたり歪んでたり片ボケしてたりと、そりゃまぁ酷い結果だったりします。付属のフィルムホルダーを使った場合も、反りには勝てません。やはりボケます。

 これが8×10などデッカいフィルムならまだその重量があるんでマシですが、35mm判などは細く軽い分、その反ったときのカーブ具合も相当なもんでして、やはり上に何かガラスみたいなのを載っけて、反りを無くした状態でスキャンした方が良い、といふ結論に誰もが達するのではと思ひます。


 通常はこんな感じでフィルムエリアガイドといふペラペラのオマケみたいなフィルムを周りに置いて、その中にフィルムを置きます。見づらいですがブローニーを一枚上の方に置いてます。これだとフィルムの反りに勝てない・・・当初は反って無くても、途中で反り出すので始末が惡い譯です。


 で、私はここでKPSから出てるKPS無反射ガラスをヨドバシで千円ちょっとで買ってきました。サイズは六つ切り。ホントはスキャナーのサイズピッタリのA4サイズがあれば良かったんですが、無いんでそれに近いサイズで。ところが、これを直接フィルムの上に置くと、ニュートンリングといふ筋状の輪っかがビロビローンと畫像の上に廣がり、見れたもんじゃないです。

ニュートンリング
 ニュートンリングの例。こんな感じで出てきます。


 要するにフィルムとガラスが密着しなければニュートンリングは出ないだらう、といふことで、無反射ガラスの周りにマスキングテープをぐるりと張り、その上でフィルムエリアガイドの縁にひっかけるやうにガラスを置きます。これで微妙にフィルムとガラスの間に隙間ができます。マスキングテープを多重に貼ってガラス面との距離を微調節するのでも良いかも。


 この状態でスキャンするとこんな感じで畫面に登場。


 ズームしてこんな感じ。


 スキャン結果。反ってない上にニュートンリングも出てない状態です。オリジナルは2400dpiなので 7056x5823pixels=41,087,088pixels (4千108㒼畫素)になります。が、これじゃWeb上で表現できないので、横500pixelsにリサイズしています。ちと傾いてますが敢えて無修正で。

(WISTA 45 SP、WISTA Roll Film Adapter 6×7、FUJINON T 400mm F8、FUJICHROME Velvia 50)

フィルムを月に1本使ふの會 6月度分

 arataさんの所で開かれている『フィルムを月に1本使ふの會』に參加しました。6月提出分をFotologueに上げましたので、ブローニーの高精細畫像をお樂しみ下さいませ。元々は1200dpiでスキャンしたため2-3000㒼畫素程度でしたが、ちょっとサイズを落として2000×1650で上げております。Fotologueに擴大機能が見つからないのですが、Webブラウザーの大きさを廣げるとよいやうです。

 つい先日までは、CanonのIXY DIGITAL 200に始まりCanon PowerShot G3を経てOLYMPUS E-300、OLYMPUS E-500、OLYMPUS E-1を経由してNikon D2Xsまでどっぷりデジタル生活に浸かっていた私でしたが、その機械の使ひ捨て感覺と寫眞といふ物質の殘らない空虛さ、塗り繪全開の眞贋性欠落ぶりに、ふとした寂寥感を感じてデジタル一眼と對應レンズを全て賣却してしまひ、フィルムに戻った※私です。

 フィルムもスキャナーで量子化すればCGの一種ですが、これは公開のために便宜的にJPEGといふ符号化形式にコピーしただけであり、原本たる寫眞すなはちフィルムは私の手元で美しき輝きを見せております。この冗長さ(といふIT業界用語は嫌ひなのですが)は今の私に必要な「物の重さ」を與へてくれます。仕事柄故の電子まみれの日常から解放され、自身の存在と同一性を確認しつつ右腦を活性化させるには大變良いリハビリテーションでございます。

 

 ※戻りすぎて中判を突き抜けて大型寫眞機まで逝ってしまったのは内緒です(^^;;;;

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破を観てきた

 昨日のTVで初回「序」の放送があったため、本日は混む前の朝イチでヱヴァンゲリヲン新劇場版:破を観てきました。公開日には熊本に恰度法事で歸省していたため、ようやっと今週観に行けました。

 ちなみに初回放送時には熊本で放送が無かった爲、周回遅れのビデオでレンタルしつつLDを買いつつ我が弟のツテで本放送のビデオを借りつつ観ておりまして、その後の劇場版2回はサンロード新市街で初日に早朝から並んで初回で観るといふ典型的なエヴァヲタの行動を當時はしておりました。今じゃ無理よのう。

 さて、感想は至る所で語り尽くされている感があるため控えますが、大變面白うございました。「序」よりもアクションシーン多め。本放送時に嚴しかった作畫も相當に素晴らしい出來映えで「ああ、これが當時観られたらどんなに良かっただらうか」なんて感動しつつ。

 話の流れも本放送版と相當に異なり、一部ではリメイクではなく前囘の劇場版の直接の續編に當たるのでは、なんてワクワクするやうな話も出ており、次回「Q」への期待が嫌が應にも膨らんでしようがありません。

 ところで、昨日の「序」を我が家のトリニトロン管で再度観ておりましたが、映畫館で観たのとだいぶ印象が異なり、かなりガッカリ感が強くございました。やはり映畫館での35mmフィルムによる映寫がいかに美しいか、音響がいかに素晴らしいかといふのを改めて感じさせて頂きました。ヱヴァのマニアを自称する方は、是非映畫館で観るべきでございます。