TOYOカットフィルムホルダー4×5 新舊對決

 先日フジヤカメラに行った際、ジャンク館で珍しいカットホルダーを見つけました。TOYOカットフィルムホルダー、の舊型。古いヤツです。ジャンク屋でおなじみなのはFidelityやLiscoので、國産のTOYOのやつは人氣が高いのか、全然見かけません。精度はTOYOのやつがさすがに良い、といふ話もあり、私も新品で5枚購入して使ってました。

 左が現行品。右が舊型。引き蓋のテカリが凄い(笑)。iPhoneで撮った時の映り込みが、左は無いのに右はバッチリ。これは実際問題、内面反射がヤバそうな感じもします。

 引き蓋のデザインは全く同じなんですが、舊型の方が取っ手にまで銀色で塗られてます。新型は灰色がプリントしてあるだけ。

 また、撮り枠の方は、舊型は成形で「TOYO CUT FILM HOLDER 4X5 SAKAI SPECIAL CAMERA MFG. CO., LTD. JAPAN」とあります。新型は大きくTOYO、それとシールに青文字で「TOYO CUT FILM HOLDER 4X5inch MADE IN JAPAN」。新型の方がさすがに格好いいです。

 開けてみた。中身はさほど變はらないですが、左のフィルム差し込み口の開閉角度が、現行品の方が大きく開くやうになってます。

 さて、實際問題としてこれ使えるかといふと、ちょっと嚴しいかと思います。よくよく見ると、引き蓋にヒビが入ってる箇所もあり。ただ、新型の引き蓋のみが数百円でヨドバシカメラに賣ってたりするんで、蓋だけ交換すれば使へなくはないなと。小ネタでした。

Leave a Reply