さよならE-300

 前回話題にしてしまった、自然に動かなくなったOLYMPUS E-300ですが、早速時間を作って小川町のオリンパスに持って行ってみました。

 で、結論から。基盤交換。一萬圓より+工賃八千円=合計約二萬圓より。中古より高い。思はず笑ってしまいました。どうしたかって? 勿論御禮を云ってそのまま持ち歸り、封印しました。我が家ではこれでデジタルカメラは電話として利用中のiPhoneを除き、これで全て無くなりました。


(HASSELBLAD 503CW、PolaCombi 80/100、Carl Zeiss Distagon T* CFi 50mm F4、FUJIFILM FP-400B)

 その代わりに鎮座してゐるのが、HASSELBLADとインスタント寫眞。現在はモノクロをちびちび使っていますが、これが終はったらカラーのFP-100Cに代へる予定です。遺影をFP-400Bで撮ってみました。我が家の世代交代。

 銀塩寫眞の大切さを教へてくれて有り難う。さよならE-300。

Leave a Reply