福岡の現像事情

殺人担々麺

さて福岡に引っ越してそろそろ一年、まではいかないのだが、銀塩愛好家としては、フィルムを撮った場合の現像所が最大の懸念點であった。

通常の35mm判ネガフィルムの場合、ミニラボ(街の寫眞屋さん)がその辺にあるので良いのだが、問題は中判以上のネガフィルムとリバーサルフィルム。特にリバーサルはよく使ふし、こいつがいつまで経っても現像されないと云ふのも氣持ち惡いのである。

福岡の市街地、天神・博多の周りは主にフジフイルムのパレットプラザやキタムラ、タカチホカメラ系列、あとはパレットと同様だが元ダイエー系列の55ステーションが多く見られる。ここら辺にリバーサルを出した場合、當然ながら「ラボ送り」になってしまうのである。

そのラボであるが、クリエイト福岡といふ所が博多の外れの祇園といふ所にあるのだが、博多驛からはちょっと遠い。通勤電車の途中であるが、降りてさらに歩いて5〜10分といふ、これまた微妙な位置にあるのだ。

このクリエイト福岡はひょっとしたら九州で唯一のリバーサル現像可能なラボなのかも知れんのであるが、ここに朝9時に出した場合、上がりが17時である。35mmも120も4×5も同様。その日のうちに出來るのは良いのだが、仕事の關係上當日に出して當日に受け取るのは至難の業である。

さういふ譯でめんどくさい私は會社の近くであるヨドバシカメラ博多に出すのであるが、ここに出した場合、中一日。月曜日午前中に出して、水曜日晝に出來上がる事になる。以前別のミニラボに持って行ったが「いつになるか分からん」と非常に不安になる回答をもらった事もあり、ヨドバシ一擇なのである。

さういふ譯で、今日もヨドバシに通ふのであった。話長いなぁ(^-^;;;

2012/05/02追記:
當時存在した、ここに記載されているクリエイト福岡は閉店してしまったため、現在福岡にプロラボは存在しないやうである。博多のヨドバシカメラ、または天神のこおのカメラかビックカメラ辺りに出せば、福岡南の現像所送りとなり、中一日〜中二日で戻ってくる状況である。

2 Replies to “福岡の現像事情”

  1. はじめまして

    リバーサル現像、とても頭の痛い問題ですね。中判リバーサルが標準の私も、常日頃から悩んでいます。ここで情報ですが、熊本市の中心部にある、坂梨カメラというお店、こちらは35mm、中判問わずリバーサルの即時現像をやってくれます。だいたい1時間ほどでしょうか。増減感の場合はその営業日の最後にまわされてしまうため、閉店時にしか上がりませんが。しかも値段も良心的で、お店の方も親切でいいお店です。既にご存知でしたら蛇足でしたが、どうか参考になれば幸いです。

    1. 情報有り難うございます! 何と熊本の坂梨カメラってまだあったんですね!!
      上通の横、旧ダイエー旧旧ユニードの横あたりだった気がしています。

      福岡の状況は上記の記事からあまり変わってない気がします。
      当日仕上げが可能なだけ、福岡よりも熊本の方が恵まれてますねー
      福岡のクリエイト(現像所のみ)が窓口を開けていてくれればいいんですが・・・・

Leave a Reply