Welcome Rakuten Technology Conference 2015 (Fukuoka Location)

New seats where added and tickets registration is available. Please, register as soon as possible before is too late. 

ご盛況により当初想定よりお申し込みが多くなっていました。
新たに増席し、現在、申し込みが可能となっています。
ご興味がある方は、ぜひお早めにお申し込みください!

We are very proud to inform that this year Fukuoka Technology Conference has a lot of interesting presentations about the current trend on e-business from Rakuten Ichiba, Rakuten Travel and Rakuten Card in Fukuoka.

If you want to hear how our business are implementing the current technology, come to see our conference. We will be very happy in explain our services.

Also, come to talk with our employees in our Happy Hour. This is a place that you can enjoy food & drinks and talk with us. Please, feel free to have a nice conversation with us.

今年も福岡でやります!! 楽天テクノロジーカンファレンス2015です。

今年は、楽天市場、楽天トラベル、楽天カードなど、実際にドライブ中の最新トレンドについて、(東京からのサテライト込み込みですが) 福岡からも発信します! Web技術を中心として、主にJava EEやエンタープライズ系開発について、結構ディープにやっちゃいます。

また軽食・お飲物提供タイムも用意しました。現場で開発している社員も参加します。色々聞いてみて下さい。お気軽にご参加下さいませ。

2015110213312220151102133131

presentationBDF7C1B4-0509-407E-B8D0-5B9D49623535.jpg

FukuokaRTC

Date / 日時

Nov. 21st, 2015, Start 10:00

2015年11月21日(土)10:00〜:受付開始

Place/ 開催場所

Fukuoka Center Building 12F,
2-2-1 Hakataekimae, Hakata-ku, Fukuoka City,
Fukuoka, Japan

福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目2番1号
福岡センタービル12F

http://tech.rakuten.co.jp/access.html#access-fukuoka

Registration / お申込み

https://www.eventbrite.com/e/rakuten-technology-conference-2015-tickets-18950765249

Procedure / お申込み手順

1. Push “REGISTER” button. / みどり色の「REGISTER」ボタンを押して・・・
2. Apply from “(Satellites) Fukuoka”. /「(Satellites) Fukuoka 福岡サテライト」からどうぞ!

20151102145410

 

Time Table /タイムテーブル

Time Location A
(Conference)
Location B
(Cafeteria)
11:00 Java EE Applications for Transaction Services by Kota Fujita [Track A]
Talk by Yutaka Matsuo by Yutaka Matsuo
12:00 [Track A]
Fun Research in Computer Vision : from robots, sports, face to medicine by Takeo Kanade
Lunch
13:00 [Track A]
Keynote by CEO by Hiroshi Mikitani
[Track A]
Keynote by CEO by Hiroshi Mikitani
14:00 Better working framework for smart device service by Shimizu Yosuke [Track B]
Rakuten Ichiba by Yoshihisa Onoue
15:00 About JavaEE and DevOPS by Nakada Hiroaki [Track E]
Rakuten Travel by Kazuhisa Naoi and Shinoda Takeshi
16:00 [Track B]
Rakuten Card by Hirofumi Iwasaki and Ameen Arshal
[Track B]
Rakuten Card by Hirofumi Iwasaki and Ameen Arshal
17:00 Closing
17:30 Lightning Talk & Happy Hour

 

Sessions in Fukuoka / 発表内容(福岡)

 

Java EE Applications for Transaction Services by Kota Fujita.

11:00〜    at Location A (Conference) in Fukuoka

Today’s e-businesses are changing very fast introducing new standards and new technologies every year. This session will explain why we selected Java EE as our platform and How we are implementing it to allow agile and safe transaction system.

 

Better working framework for smart device service by Yosuke Shimizu.

14:00〜    at Location A (Conference) in Fukuoka

We believe that promoting excellent synergy between business, development and operation; creating a working environment that support each area demands; and building multinational team; It is possible to have rapid and reliable development contributing for better user satisfaction and more revenue. Some of key concepts is to have 100% in house development on both the Client and Server side and to have high qualified engineers capable to do planning, development and operation. As a result, we could optimize our working framework providing better products with high quality and very good customer satisfaction.

 

About JavaEE and DevOPS by Hiroaki Nakada.

15:00〜    at Location A (Conference) in Fukuoka

Our system is continuing to grow and introducing new technologies is becoming our normal operation flow. This session will explain over view of our development and operation.

 

 

お申込みは、こちらから!

https://www.eventbrite.com/e/rakuten-technology-conference-2015-tickets-18950765249

How to Move from J2EE from Java EE in Java Day Tokyo 2014

Last day I joined in Java Day Tokyo 2014 as a speaker and had this conference session “How to Move from J2EE from Java EE” as below. Uploaded in SlideShare.

The background of these slides and my presentation theme was for the poor enterprise systems which is not improved and keep going with J2EE 1.4 and many non-standard open source frameworks.

The big picture of Java EE – formerly J2EE is the standardization of the enterprise development API for any application servers, and the theme was not changed since the born of Java (2) platform, enterprise edition (J2EE). I strongly agreed these movement at the start of J2EE, and not changed in this time.

Many enterprise engineers still don’t know the latest version of JEE, due to the limitations of each company’s original standards – many standards are still based in J2EE 1.4. And the older standards applied systems are now turning into the “too old to migrate” systems.

As a fan of Java EE specifications, I want to share how to migrate to latest Java EE 7 standards from older ones. I hope these slides are for your system improvements and Java EE applied system increasing.

Javaは常に最新版で使いましょう

Javaのセキュリティ更新が出た。今回はJava 7u11である。

Java 7 (JRE)
http://java.com

Java Development Kit 7 (JDK)
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index-jsp-138363.html

さてここからが本筋。上記で分かるとおり、Javaは開発キット(JDK)と実行環境(JRE)の二種構成である。これは確かJDK 1.1の頃から分岐したんじゃないかなと思う(確かJDK 1.0の頃は一緒だった)。JDKにはJREが含まれており、JDKのインストール時にJREが一緒にインストールされる、という構成になっている (Mac OS X版はインストールオプションが無いが)。

Javaというとひとくくりに上記ふたつが混在して認識されていると思うが、一般に悪さを引き起こすことが多いのがJRE側である。こいつはJava Appletをブラウザーで動作させるためのJava Plug-Inが入っているので、セキュリティホールが発見された場合、ここ経由で攻撃を食らう可能性が在る。Java Appletは他のプラグインに比較しても高機能であるため、これがデフォルトインストールでONになっているというのもどうよ、と思わなくもない (7u10辺りからOFFにする機能が追加されたが、それ以前だと標準でOFFにする機能すらなかった)。

JDK側は主に開発時およびサーバー側で使われていることが多い。仕様上、Java EE仕様サーバー(WebLogic, WebSphere, GlassFish, JBoss, Interstage, Tomcat等々、順不同)にはJREではなくJDKが必要(各種自動生成のためのコンパイル動作が必要であるため)なのだ。JDKはプラグインを持たないため直接の被害を受けにくいのであるが、当然ながら各種侵入攻撃を食らうような穴がたまに見つかることが多く、定期的な更新は必須である。

で、OracleはJavaのセキュリティホールが見つかるたびに定期的に修正版を出しているのであるが、遂にJava 6は2013年2月(今年2月)にEOL、つまりサポート切れである。恐らく最後に1回更新版が出てお仕舞い、になるだろうけど、とにかく更新されなくなる。つまり只で使いつづけたい場合、7に乗り換えないと行けないのだ。使いつづけたい場合はお金を払って延長サポートを受けることはできるのだが、たぶん高額である。(WebLogic等商用サーバーを買った場合は自動的に更新権が付いてくることが多いので要チェック)

当然ながら新規開発系はもとより、現在6以前で動いているシステムは7に変える必要がある。これは大変なことであるが、それは他の技術でも同じ話なので省略。

問題は新規開発系である。初学者が学習するJavaの本が7対応のものであればいいのだが、6以前のものを馬鹿正直に見て学ぶ場合、JDKがふるいものを自分のマシンにインストールして学習開始、することが多いのではないか。書籍側が「最新版入れてね」とか「そのうちサポート切れるからその場合は新しいのを入れてね」と気を利かせて書いてくれている場合はいいのだが、そんな気の利いたものはほとんど見たことが無い。クレームを恐れて「このバージョンで動作確認したから同じバージョンを当然ながらインストールしてね、察してね」みたいな感じで押しつけてはないだろうか。(全部を見た訳ではないのでアレではあるのだが)

この場合、納品物の完成度を担保するバージョンと、学習者が利用すべきバージョンは明らかに別物である。

Javaの場合、メジャーバージョン内の互換性は基本的に担保されている(そうじゃない場合(JDK 6u10)もたまにあるが)ので、そのバージョンの最新リビジョン「のみ」を原則として使うべきである。これはJDKもJREも同じ。特にJREなんぞは複数バージョン入れていてもいいことは基本的にない。常に最新版を使うべきである。

これが企業内システムの場合、特定バージョンで「寝かせる」事もこれまで恒常的に行われてきたのだが、JREの場合ブラウザーのプラグインにも結びついている関係上、当たり前の話だが更新しない訳にはいかないのである(OFFにできる機能が付いたのはついこないだ)。

これまでこのような当たり前の事実に目をつぶり、危険性を放置してきた文化が日本の暗黙文脈として容認されてきたんじゃないかと思う節が各所に見受けられたのだが、もっと厳密にバージョン管理したほうがいいんじゃないか、と思う次第である。

まあ、私はもはやコンサルでも何でもないので、単なるいち技術者からの提案である。とにかくJavaは常に最新版で使うべし。

※Java商用延長サポートを前提とした特殊な場合を除き、今からJDK 1.6(6), 1.5, 1.4, 1.3, 1.2, 1.1, 1.0の開発を始めるなんてのは以ての外である。JDK 7を使いましょう。