熊本までの道中その1 姫路城

 さて車で歸省することになった私でありますが、早朝の5時から出發し、東名から伊勢灣の方を通過して新名神突入というルートを午前中にクリアすることが出來ました。その數日後には豪雨で東名が分斷されることになるのですが、この時はまだ無事だった譯です。

 さてiPhoneで嫁に澁滯状況をチェックしてもらいながら迂回して進んだため、懸案だった宝塚も大して混まずにスルッと通り過ぎ、目的地の姫路には14時過ぎに到着。あまりに早期に到着してしまったため、 姫路城を見學しに行くことにしました。

 この時の私の寫眞機はHASSELBLAD 503CWとWISTA 45SPと二臺あったんですが、迷うまでもなくWISTAを選擇。城を撮るなら超高精細な大型寫眞機に優るものは無いであらう、といふ理由です。ううむ、單純かつ合理的なチョイスに惚れ惚れ。その代償として猛烈にクソ暑い中を10kgを優に超える機材を担いで、エッチラオッチラ城を上っていくことになりました。げふー

 城といへば我が熊本城が私の基準、といふか熊本城以外の城を眞面目に見たのは、今年初めに行った彦根城に次いで二回目です。熊本城は眞っ黒で「どっからでんかかってこんや〜」と殺る氣滿々なところにウットリするのですが、この姫路城はなんとまぁ眞っ白でお姫様みたいな感じです。

姫路城
(WISTA 45 SP+WISTA Roll Film Adapter 6×7、FUJINON T 400mm F8、FUJICHROME Velvia 50)

 しかし城は戰の爲に。姫路城の隠れた凄みを見せてくれるアングルを探しつつ上っていき、ようやくこんな感じかな? と思って撮ったカットが掲載のもの。4×5を8枚と120(6×7)1本撮ってクタクタになったところで閉園のチャイム。近くのホテルに直行しました。よく頑張るなぁ。次の日も熊本まで激走の一日なんですが・・・

 ところでこの際の撮影ですが、何と大慌てで車の中でダークバックを広げてフィルムを裝塡したため、何と裏表逆にカットホルダーに詰めてしまっていました。氣付いたのが數日後。そういえばコードノッチが右下じゃなくて右上だったかも!! なんて氣付いたときには時既に遅し。もっかいダークバックに撮影済みカットホルダーを入れて手探りして・・・ああ、予想通り。絶望感といふよりはむしろ、急いで撮ったらこんなもんだらうなぁと、不思議と笑いが込み上げてきました。かういふのは一度失敗して體で覺へないとダメですなぁ。念のため6×7でバックアップに撮っておいて良かった。

百合を大判で撮る

 先週日曜日ですが、百合が咲いているといふ情報を聞きつけ、久しぶりに昭和記念公園まで行って參りました。

 現場は雨がぽつぽつといふ惡コンディションでしたが、まあ何とか降らない状態まで恢復した爲、さっさと撮影して撤収しました。収穫は4×5の大判が二枚、120の中判を1本。久しぶりにその中の大判のやつを二枚とも掲載致します。

 ちなみにいつも大型寫眞機で撮ってると見物人が寄ってきて見世物大開放状態になるんですが、この時もコンデジ片手のおじさまから話しかけられました。撮ってる操作を見て頂くのは全然構わない(慣れました)のですが、眞後ろに立たれると、ふと振り返った際にもの凄くビックリします(笑)。どうもピントグラスを覗きたいのでせうか、言って貰へると冠布被せて見て貰うんですが、シャイな方が多いですかね? 見かけたときはどうぞ聲を掛けて下さいませ。


 一枚目。Velvia50はハマると素晴らしい階調性と微粒子感を出してくれます。だから止められんのですよなぁ。ただ、もう二段ほど絞った方が良かったなぁ。
(WISTA 45 SP、CM FUJINON CM Wide 150mm F5.6、FUJICHROME Velvia 50、F32、1/2秒)


 これは花の前で入射光で計ったんですが、どうも奥や周辺の葉っぱがドアンダー。スキャン時に少し明るめに出しましたが、今度は調整不能なくらい色轉びが酷い。舊Velviaも含め、Velvia50の弱點でも特徴でもあります。要するに露出をばっちり決めないとボロボロ。しかも、中判のロールフィルムアダプターを使ってアップを撮った直後に4×5でそのまま撮ってしまったため、煽るのを忘れて奥の花にピントが合ってないです。中央の花はいいにしても、これは完全な失敗例ですなぁ。
(WISTA 45 SP、CM FUJINON CM Wide 150mm F5.6、FUJICHROME Velvia 50、F14、1/2秒)

GT-X970+無反射ガラスを用いたフィルムスキャン

 さて我が家のフィルムスキャンの方法を一度書いておいた方が良いだらうと思ったので書いておきます。ひょっとしたら役に立つ方がいらっしゃるかも、なんて思ひますので。あくまで我が家の解法なので、ひょっとしたらもっと良い方法があるやも知れません。

 一寸前の日記に書いたやうに、我が家のメインスキャナーはEPSONのGT-X970がフル稼働状態であります。このスキャナー、最大8×10のフィルムが直接讀めるといふ素晴らしい機能を持っているのですが、弱點として反りを無くした状態でスキャンする機能が無いのであります。

 4×5のフィルムサイズまでは、35mm版6コマx4列のホルダー、ブローニー2列のホルダー、4×5が2コマのホルダーと完備されているんですが、枠で挟み込むタイプなので枠外までスキャンしたい場合や4×5以上のサイズをスキャンしたい場合、ガラス面に直接フィルムを置いてスキャンする形となります。

 で、その場合に問題になるのがフィルムの反り。通常フィルムはピーンと平面性を保ってる譯でも無く、微妙に反っておりまして、ガラス面に置いてスキャンしているうちに、熱でクルルンと反ってきたりして、スキャン結果を観ると反った結果臺形になってたり歪んでたり片ボケしてたりと、そりゃまぁ酷い結果だったりします。付属のフィルムホルダーを使った場合も、反りには勝てません。やはりボケます。

 これが8×10などデッカいフィルムならまだその重量があるんでマシですが、35mm判などは細く軽い分、その反ったときのカーブ具合も相当なもんでして、やはり上に何かガラスみたいなのを載っけて、反りを無くした状態でスキャンした方が良い、といふ結論に誰もが達するのではと思ひます。


 通常はこんな感じでフィルムエリアガイドといふペラペラのオマケみたいなフィルムを周りに置いて、その中にフィルムを置きます。見づらいですがブローニーを一枚上の方に置いてます。これだとフィルムの反りに勝てない・・・当初は反って無くても、途中で反り出すので始末が惡い譯です。


 で、私はここでKPSから出てるKPS無反射ガラスをヨドバシで千円ちょっとで買ってきました。サイズは六つ切り。ホントはスキャナーのサイズピッタリのA4サイズがあれば良かったんですが、無いんでそれに近いサイズで。ところが、これを直接フィルムの上に置くと、ニュートンリングといふ筋状の輪っかがビロビローンと畫像の上に廣がり、見れたもんじゃないです。

ニュートンリング
 ニュートンリングの例。こんな感じで出てきます。


 要するにフィルムとガラスが密着しなければニュートンリングは出ないだらう、といふことで、無反射ガラスの周りにマスキングテープをぐるりと張り、その上でフィルムエリアガイドの縁にひっかけるやうにガラスを置きます。これで微妙にフィルムとガラスの間に隙間ができます。マスキングテープを多重に貼ってガラス面との距離を微調節するのでも良いかも。


 この状態でスキャンするとこんな感じで畫面に登場。


 ズームしてこんな感じ。


 スキャン結果。反ってない上にニュートンリングも出てない状態です。オリジナルは2400dpiなので 7056x5823pixels=41,087,088pixels (4千108㒼畫素)になります。が、これじゃWeb上で表現できないので、横500pixelsにリサイズしています。ちと傾いてますが敢えて無修正で。

(WISTA 45 SP、WISTA Roll Film Adapter 6×7、FUJINON T 400mm F8、FUJICHROME Velvia 50)

渾身の大判寫眞スキャン GT-X970篇

 さてGT-X970はどこまで
4×5の大判寫眞をスキャンできるか?といふ事に俄然興味が出てきたので、試しに最高性能でスキャンしてみることにしました。

 最初の生け贄は5月に撮影に行った横濱は三溪園の4×5リバーサルでございます。フィルムはFUJICHROME Velvia 50。暗い雰圍氣の意圖でしたので、元々アンダーになっとります。

スキャンしたパソコンの環境:

  • Apple Mac Pro 2 x 2.66 GHz Dual-Core Intel Xeon
  • OS: Mac OS X 10.5.7
  • メモリー: 5GB 667MHz DDR2 FB-DIMM
  • スキャナー: EPSON GT-X970 USB接続
  • スキャンソフト: EPSON Scan 3.2.5J (Universal)

スキャナーの設定

  • フィルム(フィルムエリアガイド使用)←実際にはフィルムエリアガイドは使わなくてもOK
  • ポジフィルム
  • 48bitカラー
  • 4800dpi
  • アンシャープマスク:中
  • sRGB
  • TIFF保存

 環境と設定はこんな感じで、とりあえずフィルムをガラス面にベタおきして、プレビュー後本番開始。残り時間は19分。そのまま朝飯喰ってたので實時間はどんなもんか知りませんが・・・

 さて上がってきた結果を見てびっくり。TIFFファイルは2.57GBytes(笑)。2.57メガじゃないですよ、ギガ。もう笑うしか無いサイズです。一層DVD-Rに畫像一枚しか入らないんじゃしようがないですなぁ。

 で、このファイルをPhotoshop Lightroom 1.4.1で認識しようとしても、サイズがでかすぎてエラー。現行バージョンの2であれば開ける可能性はありますが不明です。

 しようがないので、Photoshop CS3で開くことに。開き始めて畫像が出るまで概ね3〜5分くらいかかりました。これは日常作業では既に非現實的な処理時間でせう。遅ぇ。が、無事開けました。フィルムがカールして反ってしまいました。こらぁ無反射ガラス等で押さえんなら厳しかですばい。

 開いた後に畫像サイズを見たら、24,000 x 19,200 pixels。ええと、460,800,000畫素。4億6千萬畫素。もうアホかと。澁谷驛の壁面廣告ならまだしも、趣味人のわたしにとっては一體何に使うのか不明なデカさです。

 そこから擴大してみました。まだまだOK。

 さらに擴大してみた。まだまだドンと來いや〜

 もっと擴大してdot by dot。これが最高って所です。ううむ、立派に解像しとる。瓦の凸凹や瓦を留める針金のクルクルも見えます。素晴らしい。

 dot by dotでのフィルムの枠にある「RVP 50」の部分。でけぇ。

 また別の部分。左上の針金で押さえてる部分。これも立派に解像してます。

 

 といふことで、10枚約3000円、1枚300円+現像代350円で比類無き解像度と安定した寫眞を得られる大判4×5は、やはりわたし的にはコストパフォーマンスは最強の部類に入るのではといふ結論に達しました。自己滿足以外の何物でもないですな。大判最高。

雨の横須賀菖蒲園

 さて先週土曜日ですが、横須賀菖蒲園まで行って參りました。 當日はザンザン降りの大雨。菖蒲や紫陽花はかういふ雨の時こそ輝くものです。ので、強行致しました。

 装備はHASSELBLAD 503CWの中判一式と、WISTA 45 SPの大型寫眞機一式です。濡れたら大變なので、エツミのカメラレインジャケットJを準備。バッグはLoweproなので元から防水装備があるのでOK。自分自身は登山用Gore-Tex採用の上下+靴で完備。これで何とか。

 さてザンザン降りの現場はやはりさほどお客は多くなく、かなり良い具合に咲いているにも關はらずのんびりと撮影が出來ました。有り難うございます。

 寫眞があがってきたのですが、まだスキャナーが調達途中なので致し方なくiPhoneでライトボックス上にて無理矢理撮影したのを載っけておきます。ピント合わないなぁ・・・


額紫陽花。ようやく大判で撮れました。前枠を煽ってピント面を横に倒し、蛇腹を倍の300mmに延ばして露出倍数x4です。
(WISTA 45 SP、CM FUJINON CM Wide 150mm F5.6、FUJICHROME Velvia 50、増感+1+1/3、C-PL)


こんな寫眞を何枚か撮りましたが、調子に乗って煽って撮ってるとT 400mmのイメージサークルが小さすぎて、上がケラれてます。まあこれはこれでOKとして、T(テレ)タイプはあまり煽れないってのは殘念ですなぁ。
(WISTA 45 SP、FUJINON T 400mm F8、FUJICHROME Velvia 50、増感+1+1/3、C-PL)

耽美の櫻 新宿御苑

今週日曜日に新宿御苑に行ってきました。この日は曇天で午後には雨、という凶悪な状態でしたが、快晴の前日が仕事だった為、泣く泣く。これ逃したら満開見られないんで。

がしかし、とにかく暗い為シャッタースピードを落とさないと露出が合わない状況が続出、手ぶれするので結局三脚を立てて撮ってきました。

満開にも関わらず曇なので全体的に沈んだ感じですが、これはこれで趣が。気持ちが落ち込んだときにはこっちの方がグッと来ます。別に落ち込んでないけど(笑)

今回は新発売のリバーサルフィルムであるフジクローム ベルビア50を使ってみました。ブローニー版は去年発売でしたが、35mm版はこないだやっと出たので、初お目見えです。やはりフィルムは美しい。

(Nikon F6、AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G、FUJICHROME Velvia 50、C-PL、三脚、Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED)