渾身の大判寫眞スキャン GT-X970篇

 さてGT-X970はどこまで
4×5の大判寫眞をスキャンできるか?といふ事に俄然興味が出てきたので、試しに最高性能でスキャンしてみることにしました。

 最初の生け贄は5月に撮影に行った横濱は三溪園の4×5リバーサルでございます。フィルムはFUJICHROME Velvia 50。暗い雰圍氣の意圖でしたので、元々アンダーになっとります。

スキャンしたパソコンの環境:

  • Apple Mac Pro 2 x 2.66 GHz Dual-Core Intel Xeon
  • OS: Mac OS X 10.5.7
  • メモリー: 5GB 667MHz DDR2 FB-DIMM
  • スキャナー: EPSON GT-X970 USB接続
  • スキャンソフト: EPSON Scan 3.2.5J (Universal)

スキャナーの設定

  • フィルム(フィルムエリアガイド使用)←実際にはフィルムエリアガイドは使わなくてもOK
  • ポジフィルム
  • 48bitカラー
  • 4800dpi
  • アンシャープマスク:中
  • sRGB
  • TIFF保存

 環境と設定はこんな感じで、とりあえずフィルムをガラス面にベタおきして、プレビュー後本番開始。残り時間は19分。そのまま朝飯喰ってたので實時間はどんなもんか知りませんが・・・

 さて上がってきた結果を見てびっくり。TIFFファイルは2.57GBytes(笑)。2.57メガじゃないですよ、ギガ。もう笑うしか無いサイズです。一層DVD-Rに畫像一枚しか入らないんじゃしようがないですなぁ。

 で、このファイルをPhotoshop Lightroom 1.4.1で認識しようとしても、サイズがでかすぎてエラー。現行バージョンの2であれば開ける可能性はありますが不明です。

 しようがないので、Photoshop CS3で開くことに。開き始めて畫像が出るまで概ね3〜5分くらいかかりました。これは日常作業では既に非現實的な処理時間でせう。遅ぇ。が、無事開けました。フィルムがカールして反ってしまいました。こらぁ無反射ガラス等で押さえんなら厳しかですばい。

 開いた後に畫像サイズを見たら、24,000 x 19,200 pixels。ええと、460,800,000畫素。4億6千萬畫素。もうアホかと。澁谷驛の壁面廣告ならまだしも、趣味人のわたしにとっては一體何に使うのか不明なデカさです。

 そこから擴大してみました。まだまだOK。

 さらに擴大してみた。まだまだドンと來いや〜

 もっと擴大してdot by dot。これが最高って所です。ううむ、立派に解像しとる。瓦の凸凹や瓦を留める針金のクルクルも見えます。素晴らしい。

 dot by dotでのフィルムの枠にある「RVP 50」の部分。でけぇ。

 また別の部分。左上の針金で押さえてる部分。これも立派に解像してます。

 

 といふことで、10枚約3000円、1枚300円+現像代350円で比類無き解像度と安定した寫眞を得られる大判4×5は、やはりわたし的にはコストパフォーマンスは最強の部類に入るのではといふ結論に達しました。自己滿足以外の何物でもないですな。大判最高。

One Reply to “渾身の大判寫眞スキャン GT-X970篇”

Leave a Reply