淺草 x Gakkenflex 其の壹

 さて試寫の終はったGakkenflex(學研大人の科學 35mm二眼レフカメラ)を持って、休日の淺草に行って參りました。特に用があるといふ譯でも無いのですが、今度東京案内をする關係で、下見を兼ねて。輕いGakkenflexはかういふ人混みの中では大變助かります。

 フィルムは富士のSUPEIA Venus 400の27枚撮りをヨドバシで買ってきました。在庫處分の27枚撮り10本入りが1980圓(安すぎ(^^;;;)でして、これで最後ではないかと思はれます。後繼はSUPERIA PREMIUM 400で、これよりちと高いであります。撮ってると巻きノブが堅くなってきて、この辺で終はりかなと思い、巻き戻して現像に出したら、16枚しか撮ってませんでした。勿體ない〜。ここ氣を付ける點ですね。。。


(Gakkenflex、FUJICOLOR SUPERIA Venus 400、以下同)

 スキャンが間に合はないので、續きは次回。

續きを掲載しました。

5 Replies to “淺草 x Gakkenflex 其の壹”

  1. 試写より格段に良く、なんだかワクワクする懐かしさのある、かつ軽くミニュチュア感の伴う魅力的な写真ですね!

  2. 3枚目の屋根のラインのシャープさに軽くびっくりしました。
    2枚目は二眼レフならではのアングルですね。

    私も試写しましたが、ピンボケ量産でした(><;

  3. >arataさん
    遙か昔に買って貰ったボルタ判のインチキカメラで、黄色いファインダー越しに眺めた写真に似てる感触です。Blackbird,flyを遙かに凌駕する低画質っぷりですが、レンズ中央部を見る限り素性が良さそうで「わざと狙った」感が希薄なので、次もまた撮ってやろうという気にさせてくれます。

    >silkyさん
    結構よく撮れますよね。単に無限遠固定にして、ピントなんて見ずに構図だけ合わせてパチンとやってるだけです。レフ板も動かないし、シャッターレバーも下ろした瞬間にパチンと正確に切れるので、ブレと無縁な点もグーです。

    近距離は仰るとおり私もピンぼけ量産なので、大判用のTOYOピントルーペをファインダーに強引に突っ込んで合わせてます(^^;;;
    http://www.mushagaeshi.com/2009/05/blog-post_07-html/

  4. 早く作らなきゃならない、、と思ってしまうほどの御写真の出来映えですね。
    真ん中の解像度、周辺との対比のせいもありますが良い感じですー

  5. >PhotTonさん
    周りの酷いボロさ加減が一層中心部を引き立ててくれてます(^^;;
    これ、ワザと狙ってやってたら引くんですが、あのプラレンズ一枚(貼り合わせ一群?)なので「まぁこんなもんかな、でもよく頑張ってるなぁ」と妙な納得感があります(^^;;;;

Leave a Reply