PRESTO x HASSELBLAD 漆黒の春


(HASSELBLAD 503CW、Carl Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8、NEOPAN 400 PRESTO)

 前回の續きなのですが、早速モノクロネガのNEOPAN 400 PRESTOで寫眞を撮って、現像をEAST WESTに持って行きました。が、中二日で料金はネガの倍。スリーブにはロゴが無く外注のやうでした。うーむ自分でやれって事でせうか。

 スキャンして眺めてみましたがなかなかの描寫力です。細部を見るとざらつきがありますが、むしろ當然。大きなブローニーサイズでは全く違和感なく、さすがの余裕を見せつけるやうな解像度です。

 これが今年3月で終了です。いいのか、ほんとに。一般の35mmサイズ(135)はまだ賣ってるので大丈夫ですが、プロ向けの大サイズが無くなるといふ事なのです。

 デジカメだと簡單に「モノクロモード」で住むでせうけど、あれはあくまでバーチャルなシミュレーション謂はば電子世界に閉じこもった僞造の世界です。本物は本物にしかない何かがあります。どちらがお好みでせうか?

2 Replies to “PRESTO x HASSELBLAD 漆黒の春”

  1. >arataさん
    有り難うございます。白梅は映えましたが紅梅は空と溶けて何が何だかでした。反射率を計算に入れながら撮らないとダメそうなんで難しいですね・・・訓練必要です。

Leave a Reply