福岡城の枝垂れ櫻

福岡城の枝垂れ櫻
(Click to large)

九州では櫻の季節が終はって久しいのではあるるが、フィルムの現像が上がってきているので今頃になって見返す日々である。何度か書いているやうに、これは寫眞の利點でもある。撮って直後に「プレビュー」できてしまう疑似寫眞器では當然ながら味わえないのだが、電子ファイルとは完全に事なり、フィルムの上に物理的に繪を成しているからこそ、時間がかかるのは必然だ。エア寫眞とは事なり、實際に触れるものには時間が必要なのだ。まあさういふ堅苦しい事はおいておこう。

さて、被寫體の上では櫻の染井吉野だらけな現状は飽き飽きである。枝垂れ櫻や八重櫻も観たい。福岡城には天守閣が殘存していないものの、枝垂れ櫻は豊富にあり、目を愉しませてくれる。種の保存といふ觀點だけでなく、多樣性を我々の社會でも維持できるやうな余裕・經濟的な強さが欲しいものである。

櫻の蔭 中判カメラの存在理由


(Click to large)

櫻を撮っていて、ふと上を向くと幸せな光景がそこに。そんな經驗は誰しもあるだらう。

そんなときにちょいと撮影、となるとビューカメラだとそもそも三脚が立てられない等の制約がある事が多く、結局は手持ちで撮影できる事がそのやうな際の最低条件となる。

もちろん4×5サイズのフィルムでも手持ち撮影できるのは間違いないし8×10でも實踐されているので何とも良いやうがないのであるが、中級者程度の者が手を出せる市販のカメラとなると中判カメラが事實上の限界となるだらう。

この寫眞もふと上を向いたときに八重櫻と白い櫻が青空に映えたのがとても綺麗と感じたため、パッと櫻色側の花びらを数カ所スポット測光したあと、ハッセルに持ち替えてシャッター速度・絞りを設定し、レンズを上に向けてピントフードを上げ、ルーペを跳ね上げてピントを合わせ撮影したものである。ここまで10数秒もあれば完了してしまうのは、重量級の裝備がどうしても必須となってしまうビューカメラでは到底無理な所作である。

ちなみにハッセルブラッドのピントフードは上から覗く逆像タイプであるため、眞上を撮る際にでも首を上に向ける必要がなく、普通に正面を向いていればよい。これはもの凄い便利である。正像のアイレベルファインダーだと無理な藝當であらう。

用途に應じてフィルムは安價に選擇できる。しかも現在フィルムカメラは二束三文の叩き賣りである。フィルムの將來性が危ぶまれて早十数年であるが、フィルムは数は少なくなれどまだ存在し、危ぶんでいた十年前のプラスチック外装デジカメは今やゴミ以下の扱い、當時撮影した低畫素JPEGファイルは雑魚扱いでRAWは對應不能なソフトが増加である。私のハッセルは1999年製であるが、金属製の外見も大して變はらず、何の問題もなく相變はらずウルトラ快調である。昔撮影したフィルムは35mm判であれ、通常用途であれば解像度的にも問題ない。現實的に撮影可能な枚数を考慮した上でコスト的に観ても、フィルムはなかなか良い線を行ってると思ふのであるが如何であらうか?

まあ話がだいぶ逸れたのであるが、どっちにしろ用途に應じたフィルム選擇とカメラの持ち替へは、フィルム利用者の大きな選擇肢である。私の場合、手持ちはハッセルブラッドの一眼レフカメラ、三脚用途はウイスタのビューカメラ、手ぶらの場合はポケットにOLYMPUS XA、といふだけである。

舞鶴公園の梅林 ビューカメラで被写界深度を克服


(Click to large)

昨日のビューカメラの記事に引き續き、今日も普及促進のためちょいと前の梅の寫眞を掲載してみる。

さてこの寫眞であるが、昨日の記事と同じ場所から方角を變へレンズを150mmに代へて撮ったものである。手前の梅から奥の梅までピントを合はせるため、フロントレンズ煽りF45くらいまで絞って撮った物であったやうに憶えている。

ごく特殊なカメラを除き、35mm判や中判のレンジファインダー型・一眼レフ型・二眼レフ型の寫眞機には煽りの機能がない。そのため、無限遠から最短撮影距離まで全てに焦點を合はせようとすると、單に絞りを最大にするしかない。ところがここで問題發生。特に小型判であるが、絞りがF22くらいまでしかないレンズが多く、しかも最大まで絞ると回折現象ですっとぼけた結果になってしまい、シャープに無限から手前までピントを合はせる事が出來ないのである。これはハッセルブラッドVシリーズ等の中判カメラも同じである。

この無限遠から最短撮影距離まで全てピントを合はせるといふ行爲がどれだけ重要かは、特に廣大な風景を撮影する者にとって厭と云ふほど思ひ知らされている事であらうかと思ふが、小型判では原理的に不可能なので一部だけピントを合はせて誤魔化した(=判型の特徴を生かした)寫眞を強いられ、ズバッと全体にピントが合った寫眞に慣れていない事が多いやうに思へる。これは大變殘念な事である。

ビューカメラはレンズをはめた前枠を上下左右にシフトさせるだけでなく、上向き・下向き・右向き・左向きに傾ける事が可能となっている。光學的な話となると、シャインフリュークの法則 (Scheimpflug principle) により、被寫界深度領域を傾ける事が可能となっている。通常は寫眞機から焦點を合はせている距離から被寫界深度分のピントが合う事はある程度寫眞に詳しい方であればもはや説明すら必要ない事であらうが、ビューカメラは通常だとカメラのフィルム面と平行であるピント面を好きな方向に傾ける事が可能となっている。

つまり、ピント面をピントを合はせたい梅の木々に強引に傾け、そこから更に絞り込んで被寫界深度を稼ぎまくっている譯である。要するに「それズルい!」といふチートな必殺技であり、通常の小型判だと逆立ちしてもできない事が可能になっている。

ちなみに焦點面を傾けている譯であるから、その焦點面から離れれば離れるほどピントは合わなくなるのであるが、この寫眞の場合、焦點面より先は地中深く、焦點面より手前は何もない空中になっている譯で、何も困らないのである。これ發見した人や使いこなした人はほんとに天才だと思ふのであるが、恐るべき事にこの煽り機能は100年以上前の寫眞機にも付いていたりして、むしろ現代の寫眞機は退化しまくりだったりしている譯である。

といふことで、ビューカメラ超面白いよ! と二度目の煽りを入れてみるのである(笑)

舞鶴公園の梅 ビューカメラって面白いよ


(Click to large)

櫻ばかりの投稿もどうかな、と思ひ、ちょいと前の梅を投稿してみることにした。舞鶴公園の梅である。この時はかなりの曇天で今にも雨が降りそうだったやうな記憶があるのだが、相手が難敵である梅であつたため、対抗するためにWISTAを持ち出すことにした。

一般に梅の撮影といふのは結構難しいと言われているのだが、特に難しいのが咲いている梅の木を長焦点距離で狙つた際である。大半の35mmフィルムだと、極めて濃い朱をまとった梅の花が汚く滲んだやうに表現されてしまい、更にNIKKORに代表されるカリカリ系のレンズだとザワザワしたような、見ていて何となく落ち着かない「ウザい」系の寫眞となってしまいがちである。

(もつと最悪なのが一眼デジカメ系で、フラグシップ機でも朱の表現が噓まみれのハイパー塗り絵状態である。が、まあ元々が「センサー感知式自動塗り繪器」なだけに面目躍如でもあらうが・・・)

これに對して大型のフィルムを使った場合、再現性に餘裕があるため滲みも多くなくザワザワした感じもなく、極めてごく普通に撮れてしまうところが利點である。なんだこのくらいうちのカメラでも撮れるよ、と思はれた方は實際に撮ってみると意外にも結果が意圖を反映してくれていない(どうもイマイチな感じになる)のに気づくことだらう。

フィルムカメラの利點はデジカメ玩具のやうにセンサーサイズに縛られない所である。撮影対象ごとにフィルムのサイズを変更して撮影できる點は何者にも代え難い長所として考えられるのである。このやうに腰を据えて緻密な撮影を行う際には、できるだけ大きいサイズのフィルムで、ビューカメラを用いて煽り等を用い厳密にピントを合はせるのが鉄則であらう。

この寫眞の場合は、高臺に登って三脚を立て、カメラを組み立て、蛇腹を延ばして250mmレンズをセットし、煽り・シフトを多少入れた上でスポットメーターで露出を計り、シャッターを閉めてチャージし、ブローニーのフィルムスライダーを突っ込んでから、遮光蓋を引いてようやくシャッターを切ったものである。

當然ながらシャッターを閉めた後はファインダーから像を覗くことはできないため、かなり強くファインダー像腦内に焼き付けておかないと、シャッターを閉める~シャッターを切る直前に人が通ったり強風が起きたりするわけで、撮ろうとしている所がどこなのか憶へておかないとシャッターを切るのを待つことすらできない。これは結構難しい。

一枚撮るのに、慣れてても3分はかかる。だいぶ慣れたので3分でできるやうになったが、通常は10分かかると云はれている。こんな面倒な事をやってでも得られる寫眞はそれ相當の満足感あるものである點が素晴らしい。まさに趣味冥利に盡きるといふものである。

この寫眞を撮った際には何も考えずに撮ったのであるが、改めて観ると背景に緑色がありつつの紅い梅が手前にあり、小型判では恐らく滲みまくって汚く写りがちなものである。フィルムサイズが大きくレンズにもギリギリ8×10まで行けるものを6×7で撮るといふ超餘裕かました状態であるので、特に問題なく写っている。この當たり前のものが當たり前に写るのが嬉しいのである。

ビューカメラ、といふ單語が廢れて久しいやうな氣もする。が、大型カメラといふよりはビューカメラの方が形態を表した單語として相應しいと思ふのでこちらの表現を使っている。ビューカメラもかなり面白いよ。

牡丹園の枝垂れ櫻 中判の魅力


(Click to large)

福岡の櫻は、熊本市のやうに何でもかんでも染井吉野、といふ譯でも無く、かなりバリエーションが豊富である。木を見ても古くから新しく迄、比較的に八重櫻、枝垂れ櫻、山櫻と豊富であり、色も白から櫻色までかなり選り取り見取りである。何でもかんでもお上の云ふ事に右に倣へな文化である熊本に對して、福岡はどちらかといふと斜に構えるところがあり、ここが櫻の種類についても豊富にある所以であろうと勝手に思っている。

さてこの寫眞は枝垂れ櫻、と云ふ譯でもないのだが、なかなか良い形をした一本であり前から何度も撮影している木である。櫻は櫻色が良い、といふ風潮に對して真っ白な花を咲かせているのであるが、ほんのり紅く染まっている感じが青空に映えるのである。實物を見ると息を飲むくらい綺麗なのであるが、これを表現するには透過光でなければほぼ不可能である。

幸ひにしてリバーサルフィルムは同じく透過光で鑑賞するものであり、私の手元では究極と云へる美しさをライトボックスの上で輝かせている。物として殘る寫眞ならではである。寫眞を眞似た模擬的バーチャルな畫像ファイルでは、私としてはやはりモドキ相當な殘念な滿足度しか味わえない點で「ノー」である。

何故私がデジカメの畫像ファイルを原版として保持するのを毛嫌いするのかと云ふのは樣々理由がありすぎてもはや説明不能なくらいの勢いであるのだが、そのうちの一つの理由がこの「滿足度」である。本氣で撮影に行って、苦勞して得た結果が、コンピューターの畫像ファイルといふのは、私の美學的には全く同意しかねる。苦勞したり愉しんだり、時間を得て獲得するのは、やはりリアルな物であって欲しい。逆に云ふと、リアルな物すなわち寫眞を得るために、私は時間を使ひ趣味にするのだ。バーチャルな畫像ファイルを得るだけの趣味であれば、最初からやってないのである。iPhoneで充分だ。

他にもコストパフォーマンスや永續性などあるが、本筋から外れるのでこのくらいで。

さてこの美しい櫻を寫眞として殘すには、廣角レンズでなければそもそも畫角として入らない。この牡丹園は高臺にあり、下がれる距離もかなり制約がある。人の眼はかなり高機能すぎるので、それ相當の畫角のためには、HASSELBLADであれば50mm以下(35mm判だと28mm〜25mmくらいか)の廣角レンズでなければ入らない。できれば40mmレンズが欲しいのであるが、ほとんど使ふ事がないといふのとやたら高額であるため、現状としてはこの50mmレンズが我が家の最強として君臨している。

私はカメラをどちらかと云ふとただの道具として見ているので撫で回したり自慢したりする趣味はなく、このHASSELBLADもLeicaなどと比較しても作りの良さと云ふものを然程感じる物でもない。もちろん、NikonやCanon等最近のプラスチック玩具風デジカメと比較してもそりゃ金属の完全機械式一眼レフとして良いものである事は間違いない。

ただ、道具としての完成度はやはり相當に高く、スウェーデン人といふか作者のVictor氏の美學といふか、徹頭徹尾實用で一貫したデザインといふのは、使い込むほどに感心する。最初不滿點と思へた数々の部分も、良く良く考へ直すと合理的にデザインされており、もはやこれ以上の中判カメラは今後もこの世に存在しないのではないか、と本氣で思へてくる位納得して使っている。手持ちで振り回す爲に必要な最低限の物を全て兼ね備えており、全てがコンパクトかつ理に叶った設計になっている。

この點はレンズにも當て嵌まり、こちらはドイツの近代レンズメーカーと云ふかレンズ工房といふか、Carl Zeissなのであるが、こちらも國産の小型判に強引にコントラストを付けるため非球面レンズを多用したものと比較しても、レンズ設計で勝負と云はんばかり球面レンズとコーティング技術で直球勝負しているHASSELBLAD用レンズは、圧倒的に自然であり無理がない。それが証拠に、35mm判NIKKORレンズなどで良く出る、強引さの裏返しとして現れる汚い二線ボケやラグビーボールのやうに歪んだ玉ボケ、現實を無視したやうに異常に硬いカリカリの描寫とは無縁である。

最近よく思ふのであるが、35mm判はやはり大伸ばしに對して滿足いく大きさではない、といふ一種當たり前の事實を感じている。元々のロールフィルムの元祖は120ブローニーであったこともさうなのだが、レンズ設計や其の後の紙焼き、フィルムの鑑賞や永續的な保管などで最低限のサイズはブローニーではないだらうか、と考へるやうになってきた。このサイズが最低限、ではなかろうかと。

現實に中判以上のレンズは無理のない設計の物が多いと感じるし、4×5以上のものは小型判とは別次元の滑らかさであるといふのも事實としてある。親指サイズの+αの小さいフォーマットに眞っ當な品質を求めるのは、そもそも無理がありすぎるなぁと思ふ次第でもある。

當たり前であるが、これは單なる趣味人の戯れ言なので本氣で捉えないで欲しいのである。だが、このやうに中判の魅力は實際に使ってみないとなかなか理解できるものでもないだらうとも思ふ。機會があれば是非一度使ってみて欲しいと思ふ次第である。

櫻の福岡城趾


(Click to large)

福岡城は熊本城と異なり、天守閣が殘っていない。そのためちょいと寂しい感じの廣場となっている。天守閣址と思はれる場所はあって展望臺になっているのであるが、さほど大きいものではなく、再建するといいのではないかと思ったりするのである。が、福岡市民の福岡城に對する思い入れは大きい譯でも無さそうで、そのやうな聲は耳にしない。

現状としてはこの寫眞の場所、大手門と幾つかの建物のみが再建されている。幸い周りには櫻が植えられており、この時期の絶好の被寫體となっている。福岡市の特徴としては人が少ないといふものがあり、どこに行っても東京のやうな人出はない。この時もそんなに人は多くなく、ストレスなく撮影が出来た。

さて前回のやうな強烈な蒼を見せたVelvia 100Fであるが、他のコマはこのやうな、どちらかといふとPROVIA 100Fに近い良好な發色を見せている。恐らく色温度が強烈に高い場合や強烈に低い場合などに色が轉びやすい、といふことなのであらう。その點は初代Veiviaも同じであり、高彩色型の制約なのかもしれない。

最近Carl Zeissのレンズに改めて感心している。このマニュアル單焦點レンズDistagon 4/50 CFiも本當に良く寫る。道具としてはコストパフォーマンス最強の部類であらうと思ふのである。

舞鶴公園の櫻 Velvia100Fの癖

先週初め頃の寫眞である。所謂「福岡城趾」たる舞鶴公園の櫻である。現像に出し、歸ってきて、スキャナーで取りこむとこのタイムラグである。寫眞は撮影した瞬間に常に過去を映すものであるため、一週間の間が空くことはさほど痛手ではない。むしろ撮影時の主観が抜けた頃に届く結果に對して、素直に結果を受け止める事ができるのは非常に有利であると感じている次第だ。

午前10時頃だったかであったため、色温度が高く全體的に蒼っぽい寫眞になっている。丁度八分咲きくらいであったため、この日は調子よく120のブローニーフィルムを一氣に4本も撮ってしまった。このやうなことは年に何度あるかといったところである。

ブローニーはフィルムがでかい割に價格が安く、5本パックでも2000円ちょっとで買えるため、非常にお財布にも優しく、しかも高精細で滿足度が極めて高い判だ。コダックのブローニーNo.2以來のロールフィルムの事實上の元祖とも云へるため、最後まで殘るロールフィルムは135判(ライカ判)ではなくこの120判とも云はれているのも頷ける話である。

さて私はいつも富士フイルムのPROVIA 100Fを使っているのであるが、この時は丁度PROVIAが品切れであり、嫁が氣を利かせてVelvia100Fを買ってきてくれたため、しやうがなく使ふことにした。使う段になると「さほど違はないよな」と思ひガンガン使ったのであるが、結果はこの通り。

Velviaシリーズ共通の特徴と云ふか弱點でもあるのだが、順光時の青空が異樣に暗く濃く寫る、といふのがある。Velvia100がこれの代表例でもあるのだが、Velvia50・100・100F三種のなかでも最もPROVIA寄りである100Fでここまでの典型例が出るとは思ってもみなかった。

當然ながら染料を使っているカラーフィルムの色再現にああだこうだ云ふのはどうよ、といふ意見があるのも承知してはいるのだが、ここまで異なる色を出すカラーフィルムといふのもどうよ、と突っ込みたくもなる譯である。そりゃまあ、この大げさな色を好む人が多いのも知ってはいるし、90年代に初代Velviaが出て以來大流行したといふのも知ってるものの、流石にさういふ時代でもなからう、と思ふのである。

勿論これ以外のカットはそれなりに良く撮れており、このやうな例はこの方角で撮ったもののみではあるものの、やはり高精細型カラーリバーサルフィルムの限界といふものも改めて知らしめられた次第である。

ちなみにであるが、元々はどのやうな色だったかといふと、再現は不能ではあるもののLightroom 4でいじくってそれっぽく補正してみた。

福岡の櫻は殆ど散ってしまった。花の命は短いが、其の後からは猛烈な青葉が芽吹いている。

皇后の梅 太宰府天満宮


(click to large)

皇后の梅(きさいのうめ)。貞明皇后が大正時代にお植えになったとの梅で、飛梅の反對側に竝んで植わっている。この時期の太宰府天満宮は梅盡しでなかなか趣があって極めて好ましい。本殿の神々しさに相まって極めて有り難く、嗚呼九州人で良かったなぁと熟々思ひ返す瞬間でもある。その場で撮影者に出来る事と云へば、有り難い光をそのまま頂き、自然現象としてそのままフィルムに感光させるのみである。それ即ち寫眞である。

−*−

かつてはゴチャゴチャしていた參道も綺麗になっている上、梅ヶ枝餅が極めて美味であるため大宰府訪問はちょっとした樂しみのひとつである。ちなみに最近の一番人氣は「傘の屋」といふお店だったと思ふのだが、ここはカリッと焼いてあり確かに美味しい。ただ、他の店が不味いかといふとさうでもないので、私は大抵待つことなくすぐ買へる「みどり屋」を贔屓にしている。ここも同じくカリッとしている上にボリュームも多く、立ち寄るとすぐおばちゃんが渡してくれる。梅ヶ枝餅はかうでなくてはいけない。竝んで買ふものではなからう。

熊本出身の身としては太宰府天満宮の幼少時の記憶なぞ殆ど無いのではあるのだが、高校時代だったかに來たときにはもっと土煙たなびき小汚い店と梅ヶ枝餅の露天が竝ぶ一種猥雜な感触を持っていたもののである。が、時は代はり、今となってはプチ鎌倉と云はんばかりのお洒落さんゾーンと化し、森ガールのやうなお洒落さんがふらふら歩いていたりする。ここまで若者を引きつけ信仰を集める太宰府天満宮も凄いものである。

當然ながら參道でハッセルを振り回すやうな野暮はしないので寫眞は無い。所謂スナップ撮影については、私自身が撮られる事に抵抗があるため極力行はないやうにしているのだが、それはまたべつの機会に。

飛梅 太宰府天満宮


(click to large)

久しぶりに更新。年始より人間的な生活があまり送れてなかったので、反省して。寫眞を撮るだけ撮るんだけど、撮っただけで滿足して放置といふ生活を送ってしまっていたため、是正するためにちょっとずつ更新していく事にする。

太宰府天満宮。知る人ぞ知るお宮であるのだが、詳しい事は公式ページWikipedia等を參照して頂くとして、現代の現地人からすると、いはゆる「學問の神樣」である。

そこには飛梅傳説といふ面白い話があるのだが、その飛梅さんご本體といふかご本尊といふか、本物(と云はれる木)はまだそこに立派に咲いている譯である。この梅のお陰で大宰府=梅のシンボルマークが成立し、太宰府市はもとより參道で食べる事を半強制される食べざるを得ない「梅ヶ枝餅」にも立派に梅の焼き印が入っている。

この太宰府天満宮の横の山奥には九州國立博物館があり、この時も細川家の至寶とか云ふ催しで訪れたのであったのだが、毎度お詣りして敬虔な市井民を標榜するのであった。單におみくじが好きなだけかも知れんが・・・

この時はまだ梅が咲き始めだったた上に天気が良くなく、余り目立った成果は無かったのだが、飛び梅がうまい具合に咲き始めていたため、最近接距離からPlanar 80mm解放近くで一發撮りである。大判で撮るやうになってから同じ構圖の寫眞は一枚しか撮らない主義になったため、120フィルムの6×6で撮った12枚はバラエティに富んでいる。全部違う寫眞である。たまに失敗もあるが、露出さえ狂ってなければなんとかなるもんである。