VueScanでのフィルムスキャンまとめ – ハウステンボス

 

さて前回VueScanについていろいろ書いたが、忘れないためにフィルムスキャンの實際のフローをまとめておきます。フィルムスキャンをやったことがない方も、大體こんな感じとご理解頂けるのではないかと思ひます。

まず、フィルム。當たり前であるが此がないとスキャン出來ません(笑)。まずフィルムをカメラに詰めて、撮ってきて寫眞屋さんで現像してきませう。めんどくさいなら富士フイルムの「写ルンです」でも大丈夫。あれも歷とした寫眞機であります。

IMG_3153

ここで準備したのは120判(所謂ブローニー判、一般的な135判(35mm判)よりも倍くらい大きいもの)のリバーサルフィルム(所謂ポジフィルム・スライドフィルム、一般的なネガフィルムの逆で正像)である。フィルムが大きいので目視でも充分に鑑賞に堪へます。白い部分がスケスケなので、いまいちよく見えませんが・・・

IMG_3154

ライトボックスにかざすとこんな感じで完璧に見えます。透過光は綺麗ですねー。ルーペで覗くともの凄い高精細ぶりに息を飲みます。これは撮った本人の特権なので見せません(笑)。というか見せられないですねー。上の畫像はiPhoneで撮ったため、自動露出の關係で見た目より濃いめに出てます。

IMG_3155

ライトボックスはA4のでかいものも持ってますが、さっと使ふにはこの小型のが便利ですね。單四電池で動きます。新書一冊分の大きさです。所謂便利グッズ系であります。

IMG_3156

これをスキャナー付属のフィルムホルダーにはめます。はめる際にはフィルム用の手袋を使ひませう。ヨドバシカメラとかで買へます。フィルムを裏返してはめませう。慣れないと傷つける可能性があるので愼重に・・・慣れたらホイホイやっちゃえます。

IMG_3157

ホルダーごとスキャナーにはめませう。穴の位置を合はせて置くだけ。スキャナーの蓋側の白い板を外すのを忘れずに。此を忘れると透過光ユニットが正常に動かずスキャン出來ません。要するに上のライトボックス相當の光がないと正像として見られないから、フィルムの後ろから照らしてやってるんですね。(だからホルダーにはめるフィルムは逆にはめるのである)

Screen Shot 2013-08-24 at 17.14.58

 

はい、VueScanを起動して「プレビュー」ボタンを押しませう。設定は前回の記事を參考に。キューといふ音を奏でながらプレビュー畫像が出てきます。これは30秒くらいかかったかな。純正のEPSON Scanより高速に出てきます。

Screen Shot 2013-08-24 at 18.11.57

 

はい、プレビュー終はり。正しく設定していれば、こんな感じで6コマを自動認識して、しかもスキャンする領域を自動認識して、自動露出してくれます。「スキャン」タブに移り、一齣ずつ右下の「→」ボタンを押して確認していきませう。

Screen Shot 2013-08-24 at 18.12.07

一コマ目。完璧に自動で切り抜いてくれてますね。わたしはフィルムの枠までスキャンしたいので、「切り抜き」の「しきい値」をちょいと大きめに指定して、スキャンする領域を広げています。この自由度は純正EPSON Scanではできない藝當ですね。(大中小の荒い三段階しかない)

 

Screen Shot 2013-08-24 at 18.13.39

 

はい、どんどんコマを進めていくと、5コマ目の自動認識が間違ってました。何でこんなヘンテコな認識をしてくれるのかさっぱり理解できませんが、かういふ場合は手動で領域を修正してやりませう。

Screen Shot 2013-08-24 at 18.13.44

「プレビュー」タブに戻ると、案の定隣のコマとまたがって選擇領域が擴がってます。 こいつをマウスでよいしょと選擇し直します。

Screen Shot 2013-08-24 at 18.14.01

はい、できました。簡單ですね。「スキャン」タブを再度選擇して確認しませう。

Screen Shot 2013-08-24 at 18.14.10

綺麗に選擇できてました。自動露出もバッチリですねー。この辺は恐ろしい賢さです。EPSON Scanだとかうはいかないのです。

はい、最後のコマまで確認が進んだら、左下の「スキャン」ボタンを押しませう。この場合は、「出力」タブでJPEGを指定しています。「入力」タブのバッチスキャンで「すべての」を指定してあると、いま確認した6コマぜんぶ一氣にスキャンしてくれます。

さて、待つこと20分くらい・・・1駒ずつ出來上がるので、順次確認できますが、ご飯でも食べて待ちませう。

Scan-130824-0005

はい、出来上がり。完成した畫像をLightroomに取り込んで、上下左右をちょっとだけ切り抜き、解像度を落として1000×1000 pixel程度に落としただけです。元がPROVIA 100Fらしいすっきりとした寫眞であったため、見た目まんまの良い取り込みになったのではと思ひます。クリックするとちょいと大きくなります。

この寫眞、今年の6月くらいにハウステンボスにて撮ったやつなんですが、HASSELBLADを手持ちで急ぎで撮ったため、塔が傾いてますね(笑)。展覽會にでも出品するならちょいと廻轉させたいところではありますが、ここではスキャンが主題であるため、そのまま掲載しておきませう。

といふか、フィルムに寫眞としてかう撮れてるわけで、それはそれであります。このままが寫眞。電子塗り繪に堕すのは趣味ではありません。そのままを鑑賞いたしませう。

※フィルムをホルダーから外して戻すのを忘れないやうにしませう。

さて、パソコンによるフィルムスキャンの概要は槪ねご理解頂けたのではないかと考へましたが如何でせうか?

VueScanはMac版だけでなくWindows版もあるため、全く同じ手順で可能かと思ひます。あとはEPSON GT-X970とかフィルムスキャンができるスキャナーを買ってくるだけであります。最近はだいぶ安く入手できるので、良い時代になったもんです。

やたらと高額で短命のデジカメなんぞ頻繁に買い換へるのではなく、ビンテージバルナックライカを長年使い込み、+フィルムスキャナーでBlog掲載と洒落込むのもおつなもんです。私は趣味性の高い方を撰びたいですね。折角の趣味なんだし。

 

2 Replies to “VueScanでのフィルムスキャンまとめ – ハウステンボス”

  1. Windowsの古いスキャナーを持っています。Macに使えるかどうか質問させてください。
    VueScanはダウンロードしてスキャナーに接続したが、スキャナーを認識しません。
    VueScanは有料のものをお使いになって、このようのスキャンできたのでしょうか?
    ご教示よろしくお願いします。米戸拝

    1. こんにちは。VueScanの導入についてはこちらにまとめておりますので参照下さい。無料版で試した後、有料版を購入しています。
      http://www.mushagaeshi.com/2013/04/21/vuescan-and-coolscan-5000-ed/

      無料版と有料版で接続数の差は無かったと思います。購入の際にも、認識した上で購入して下さい、というポリシーだったと思います。
      下記の一覧に無ければ動かないと思いますので、ご確認されたほうが良いかと思います。
      http://www.hamrick.com/vuescan/vuescan.htm#supported

Leave a Reply