香露 特別純米 熊本

なんか偽装だらけの世の中ですが、Blog化したのを機に、念のため我が愛飲の酒を再掲しておきます。

一応説明しておくと、これ我が古里熊本市の段山町にある熊本酒蔵研の「香露」(こうろ)といふお酒です。『夏子の酒』とかで出てくる「熊本9号」っていう酵母のオリジナルのやつです。

ちなみに熊本市では、清酒でも焼酎でも無い、赤酒というお酒が明治くらいまでスタンダードだったとか。今でも赤酒は正月に必ず飲みます。その後熊本でも清酒作ろうって事になって出來たのがこれ。いわば元祖熊本のお酒になります。

熊本=九州=焼酎といふイメージは最近よくある勘違いで、自分の親父や爺さん、親戚の集まり等々を考えても、この香露や瑞鷹(ずいよう)、美少年などの熊本のお酒が並ぶ事はあっても、焼酎は無かったですよ。ずっと南の球磨地方では球磨焼酎ってのがありますが、熊本市の食卓には並ばなかったようで。

このお酒はほぼ熊本でしか売ってなかったりしますが、偶然渋谷の西武百貨店で見つけたものです。瑞鷹とか美少年なら東京にもあるんですが、香露の、しかも純米酒、それも一升瓶は全然無いです。

ちなみにこの香露、一時期流行した「淡麗辛口」とは真逆で「濃厚甘口」です。冷やで飲むか、ぬる燗がベストかと。

R35 GT-R 日産GT-R 東京モーターショー

最近写真が貯まってたので改めて。東京モーターショーに行ってきました。といっても11月はじめです。

目的は当然日産GT-R。今回からなぜか「スカイライン」が外れてしまいました。あーあ。あんなにアンケートとか挙手とかで残せ残せと言い続けたのに。残念です。

まあ、その分すっきりと浪花節的な部分は突き抜けて、F-1マシンみたいになって再登場してくれました。ガイアの夜明けでやってましたが、ニュルブルクリンクを7分38秒と、それまで最高だったうちのBCNR33型の7分59秒を21秒短縮する大偉業を達してくれました(BNR34は非公開なので超えられなかったという話もあり、いやいや超えてたよいう話もあり)。もはや第二世代GT-Rとは別物です。

ということで、雑誌等でよく載ってるお立ち台の上の写真は載っけず、その奥に当たるところで、触れる距離で試乗会をやってましたので、そっちの写真を。

これはこれでマァマァですが、やはりうちの子のスタイルが一番だなぁとホッとした限りです。ああ、親バカと言ってください(^^;;;;;;

(Nikon F6+MB-40、Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF、FUJICHROME PROVIA 400X、Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED)

2007 R’s Meeting 富士スピードウェイ

先週末は、箱根は御殿場の富士スピードウェイに行って参りました。目的はズバリ、GT-Rマガジンという雑誌の年一回の企画というかお祭りです。去年も行ってきました。

去年の日記にも載っけましたが、GT-Rオーナーが一同に会するえらいこっちゃのお祭りでございます。見渡す限り、GT-R。日本広しといえどもこんだけ集まるのは無い・・・のかな?

去年はちと遅く着いてすんごく遠い駐車場に停めさせられてしまったんで、今年は気合いを入れて朝5時起床、6時出発で7時半頃に到着、無事メイン会場内に駐車することが出来ました。

途中で会場を目指すGT-Rを何台も見かけたんですが、我が家の車と同じ銀のAutechVersionに遭遇し、御殿場前から連なって会場まで行ってしまいました。(これがきんさんだと判明するのはそれから2日後でした(瀧汗)
御殿場ICを降りると20台前後のGT-R軍団に巻き込まれ、爆音を立てながらみんなで富士スピードウェイまで目指しました。周りの視線が凄いです(^^;;;;;;

実はもうひとつ目的があり、このお祭り内で写真撮影会があり、今回はちゃっかり申し込んでいました。去年の模様は雑誌の別冊で1冊の本になっており、それを見て悔しがった私は、今年こそは、という覚悟で告知が掲載された直後に申し込みしてしまいました。

ということで開会宣言後さっそく撮影会に列を作って並び、30分くらい待った後で撮影してもらいました。おみやげにGT-Rマガジン謹製のキーホルダーを頂きました。どうも有り難うございます。>中の人

その後写真を撮った後、妻の提案で箱根湿性花園に行ってみよう、ということで会場を離れようとしましたが、そこでうちの車の周りに全く同型・同色のGT-Rが5台停まっておりました(笑) 約400台分の同色車5台がここに集結!! 別に待ち合わせた訳でも無いのに!! これにはさすがに仰天してしまいましたので、記念撮影をば。

5台のお尻。左手前がうちのです。揃いも揃ってキュートですねぇ(←親バカ)

来年は第三世代GT-R登場後なので、もっと盛り上がるんでしょうね。楽しみです。

ちなみに会場を後にして向かった箱根湿性花園ですが、御殿場から芦ノ湖に抜ける乙女峠が崩落しており、全面通行止めでした(泣)

(Nikon F6、Carl Zeiss Planer 50mm F1.4 ZF、FUJICHROME PROVIA 100F)

寫眞機・寫眞の目次

寫眞機・寫眞

フィルム全般の話

リバーサルフィルム (ポジティブフィルム・ポジフィルム)

ネガフィルム (ネガティブフィルム)

大型寫眞機・大判寫眞

大型寫眞機本軆

大型寫眞機用レンズ

中型寫眞機・中判寫眞

本軆

レンズ(HASSELBLAD Vシステムマウント用)

小型寫眞機・35mm判寫眞・APS-C判デジタル畫像など

本軆

レンズ (Nikon Fマウント)

寫眞用品

フィルムスキャナー

ライトボックス