霧島丸尾瀧

久しぶりの寫眞系投稿である。涼しいのをと思ひ、去年WISTAで撮った丸尾瀧である。

Scan-130812-0001
我が家のフィルムスキャナーは二台あるのだが、そのどちらもVueScanから制御可能である。スキャナー付属のソフトウェア(NikonScan, EPSON Scan)から制御するより、VueScanから制御した方がスキャナーヘッド移動が自然であり、大變静かである。マンション暮らしとしてはこちらの方が圧倒的に良い。このフィルムは120を6×7で撮影したものであるため、GT-X970側でスキャンしている。

さて、この大型寫眞機の撮影であるが、三脚を擴げ、カメラを乗せ、後枠をを立てて蛇腹を伸ばし、レンズを付けてレリーズを付け、撮影開始。その後はピントを合はせて露出を計り、シャッタースピードを設定してシャッターを閉じ、絞りを設定し、フィルムホルダーをピントグラスの間に滑り込ませて、空シャッターを切ってから引き蓋を引き、ようやくシャッター。収納するのもこれの逆を行ふ。慣れたら1枚當たりの所要時間は最短で5-10分くらいである。

但し、このやうな瀧の撮影は崖っぷちで撮る事も多く、冠布(かんぷ)を被ってピント合わせに集中していると、冠布から出た後に轉落・滑落・・・といふ危險が伴ふ。このため、最近はWISTA付属のピントグラス保護兼跳ね上げ式ピントフードのみを使っている。これに4倍ルーペがあれば、實は大袈裟な冠布は不必要だったりする(あとは拘り次第・・・)。

IMG_0212

↑冠布とはかういふやつである。

なおこの寫眞はWISTA45SPに150mmを付けて撮ったものである。35mm判換算6-70mm程度なので、窮屈ぽくもある。可能であれば90mmやもうすこし廣角の65mm辺りが欲しいのであるが、いまだ入手できていない。現在は利便性を優先してHASSELBLAD側を充實させているものの、良い具合に揃ってきた爲、そろそろ次はこちら側かなと考へる次第である。

譽れ高きFUJINONレンズであるが、現行品のかどうなのか不明であるものの普通に購入できる狀態であり、富士フイルムで點檢修理も普通に可能であるため、特に現行型の中古は比較的品薄である。が、昨今の超音波モーター内蔵型レンズなんかよりずっと安價である。ビューカメラ面白いよ!

撮影に行ったのにフィルムを忘れる→XA大活躍

仕事の合間を縫って藤棚を観に行ったのであるが、うっかりフィルム(ブローニー120のPROVIA 100F)を持って行くのを忘れてしまった。アホである。こういう時に限って、持って行ったのがWISTA望遠セットである。

  • WISTA 45 SP
  • Sinar Roll Film Holder 6×7
  • CM FUJINON W 250mm F6.7
  • FUJINON T 400mm F8
  • SEKONIC L-758D
  • TOYOのルーペ
  • レリーズ
  • 三脚 (SLIKのカーボンのなんか忘れた + ARCA SWISS Z1)

改めて総重量を計ってみたら6.8kg+2.1kg(三脚)=8.9kgであった。クソ重いはずである。

で、フィルムがない。只の鉄とガラスの塊である。

しかし、ビューカメラを持って行く際に必ず持って行くカメラがあった。OLYMPLUS XAである。これは恐ろしく軽いというか200gくらいしかない。大きさもiPhone 4Sより横が短い。黄色の二重像を重ねる距離計付きの立派なレンジファインダー機、精度の良い露出計内蔵、しかも35mmフルサイズ機(笑)である。

本機は2年前に天神の中古カメラ屋に安価にあったものを保護したものである。露出計が当初アンダー気味だったためカラーネガ専用機として適当に使っていたのであるが、使っているうちに改善されてきて、今やSEKONICの露出計とだいたい同じ値を弾き出すまでに改善したため、今年からリバーサル機として大活躍中である。何故改善されたかは謎であるが、結果オーライである。

IMG_1524

クレジットカードサイズを一回りだけ大きくしただけである。ちなみに裏蓋だけは金属であるため、手触りはひんやりして意外にイケる。この点だけはNikon F100よりも上である。

さてこのXAにPROVIA 100Fが入った状態でポケットに入っていたため、全く撮れないという嘆かわしき事態だけは避けることが出来た。幸いターゲットたる藤棚もさほど満開という訳でもなく、フィルムがあったとしても撮らなかったかな、と思えるほどであったため、こちらも結果オーライであった。

いずれにせよ、フィルムは余計に買っておくこと、それと出掛ける前には必ずフィルムを持って行く事をチェックすること、が重要なことであると改めて思い知った次第である。フィルム忘れなくても露出計とかレリーズとかルーペとか忘れるんだけどね・・・

IMG_2815

大型カメラWISTA45 SPの使い方(2012年版)その3

その2の続きである。

さて、最後は使い終わったWISTAを畳む番である。要はその1の組み立てる際の逆をやれば良いだけではあるのだが、それでは面白くないので、ちょいと変わったたたみ方をお伝えしよう。レンズを付けたままの畳み方である。基本的には、レンズの前後をひっくり返してはめ、その後に畳むという一風変わった技である。

この手法は金属型のテクニカルビューカメラだといくつかの機種(Linhof Master TechnikaとWISTA45系くらいしか知らんです)で可能なのだが、必ずしも正しい使い方という訳ではない(説明書には載ってない)方法であるため、そこだけご注意頂きたい。

さて、このレンズを付けたまま畳む方法であるが、基本的には小型のレンズであれば同様にできるのではと思う。ただ、ここでは現代日本において最も入手しやすく現行品の標準画角である150mmレンズである、CM FUJINON W 150mmでの方法である。このCMシリーズは2000年前後に全面リニューアルされた極めて現代の最新型レンズであるが、リニューアルされた際に旧FUJINON WS型よりも大型化されてしまっており、ふつうに前後ひっくり返してはめ、畳むとベッドレールに当たる。当然ながらレールも金属であり、そのまま閉じると傷が付く事間違い無しである。というか物理的に閉じないのである。

そのため、レールを当たらない程度ズラし固定してから、閉じるという手法になる。我が家のWISTA45SPだとこれで百発百中で閉じるので、同機種・同レンズをお持ちの方は当たらないようにゆっくりと試してみて欲しい。これ便利です。

ちなみに、これは通常の下に数ミリオフセットされた(下付の)リンホフボードの場合である。WISTAから発売されているセンター穴あきボードの場合は、そのまま格納できると思われるので、もしお持ちの方は試してみて欲しい。ちなみに私は互換性を優先させるため持ってないのである。

まず最初。レールの二段目を後枠のレールにぴったりくっつけるため、奥まで押し込む。その後、CM FUJINON 150mmを前後ひっくり返して前枠にはめる。意外かもしれないが、フラットボードをひっくり返すだけなので当然ながらはまる。

そのあと、前枠を後枠に押し込む。ズリズリズリ〜

さて、ここからがポイント。通常だと、二段目レールを一段目と同じ位置に戻して畳むのだが、「わざと」完全に戻さずに、ちょっとだけずらして固定するのである。私が目安にしているのは、二段目レールに刻まれた黒・赤・黒・・・という目盛りの一番下の部分と、固定レバーの上にある銀色の点(たぶんネジのさきっちょ)の上の部分を一致させる事である。判りづらいかな? 斜めに傾いてる黒いレバーの上の銀色のポッチの部分である。

さて、この二段目をズラした状態で、後枠の横の固定ダイヤルを緩め、ゆっくりと閉じるのである。普通ならここでレンズの後群が二段目レールに当たるのだが、微妙にズラしているので、あら不思議、当たらないのである。まあ、念のために最初はホントに当たらないようにゆっくりと確認しながらやって欲しいのである。

閉じてしまった状態。中に150mmレンズが入ってます。これでバッグの中に150mmレンズ一本分のスペースが空いた。いつも軽量超小型バッグに押し込んでる私としては、この一本分の差はとてつもなくデカい。だってこれでさらにもう一本レンズ持って行けるんですよ奥さん!!

金属製カメラは木製のものに比べて重いのが弱点であるが、このレンズを格納できるという必殺技を持った機種は木製機種にスペースで勝てるという、あちらを立てればこちらが立たず、との面白い話である。木製カメラはみんな前枠を外すか倒すかして閉じるから、原理的にレンズをはめたままの格納は無理なのである。

念のためピントグラスを外してみたものがこれ。レンズをひっくり返して格納しているので、前玉がこんにちは状態なのである。ギリギリ数ミリの空間があるため、これでピントグラスに当たらないのである。まさに計って設計されたかのようなこの絶妙感(笑) MADE IN JAPAN萬歳。

ちなみにWISTA45シリーズは1972年頃にファーストリリースでそれ以降あんまり設計は変わってないので、2000年前後に出たCM FUJINONシリーズとのマッチングは単なる偶然である。念のため。

この格納時にレンズのキャップをはめると、何とピントグラスにキャップの先っちょが当たる。これだと振動でピントグラスを割る可能性があるので、キャップをするのは止めた方がいいだろう。ただ、レンズ交換時の安全を考慮して、キャップそのものは持って行った方が良いと思うのである。

大体のWISTA45シリーズ特有の基本的な使い方はこんなもんなので、あとはシフトとかスウィングについて、続けたもんか考えている。これ、需要あるのかな・・・

舞鶴公園の梅林 ビューカメラで被写界深度を克服


(Click to large)

昨日のビューカメラの記事に引き續き、今日も普及促進のためちょいと前の梅の寫眞を掲載してみる。

さてこの寫眞であるが、昨日の記事と同じ場所から方角を變へレンズを150mmに代へて撮ったものである。手前の梅から奥の梅までピントを合はせるため、フロントレンズ煽りF45くらいまで絞って撮った物であったやうに憶えている。

ごく特殊なカメラを除き、35mm判や中判のレンジファインダー型・一眼レフ型・二眼レフ型の寫眞機には煽りの機能がない。そのため、無限遠から最短撮影距離まで全てに焦點を合はせようとすると、單に絞りを最大にするしかない。ところがここで問題發生。特に小型判であるが、絞りがF22くらいまでしかないレンズが多く、しかも最大まで絞ると回折現象ですっとぼけた結果になってしまい、シャープに無限から手前までピントを合はせる事が出來ないのである。これはハッセルブラッドVシリーズ等の中判カメラも同じである。

この無限遠から最短撮影距離まで全てピントを合はせるといふ行爲がどれだけ重要かは、特に廣大な風景を撮影する者にとって厭と云ふほど思ひ知らされている事であらうかと思ふが、小型判では原理的に不可能なので一部だけピントを合はせて誤魔化した(=判型の特徴を生かした)寫眞を強いられ、ズバッと全体にピントが合った寫眞に慣れていない事が多いやうに思へる。これは大變殘念な事である。

ビューカメラはレンズをはめた前枠を上下左右にシフトさせるだけでなく、上向き・下向き・右向き・左向きに傾ける事が可能となっている。光學的な話となると、シャインフリュークの法則 (Scheimpflug principle) により、被寫界深度領域を傾ける事が可能となっている。通常は寫眞機から焦點を合はせている距離から被寫界深度分のピントが合う事はある程度寫眞に詳しい方であればもはや説明すら必要ない事であらうが、ビューカメラは通常だとカメラのフィルム面と平行であるピント面を好きな方向に傾ける事が可能となっている。

つまり、ピント面をピントを合はせたい梅の木々に強引に傾け、そこから更に絞り込んで被寫界深度を稼ぎまくっている譯である。要するに「それズルい!」といふチートな必殺技であり、通常の小型判だと逆立ちしてもできない事が可能になっている。

ちなみに焦點面を傾けている譯であるから、その焦點面から離れれば離れるほどピントは合わなくなるのであるが、この寫眞の場合、焦點面より先は地中深く、焦點面より手前は何もない空中になっている譯で、何も困らないのである。これ發見した人や使いこなした人はほんとに天才だと思ふのであるが、恐るべき事にこの煽り機能は100年以上前の寫眞機にも付いていたりして、むしろ現代の寫眞機は退化しまくりだったりしている譯である。

といふことで、ビューカメラ超面白いよ! と二度目の煽りを入れてみるのである(笑)

芍薬 其の二

WISTAで撮った芍薬其の二。丁度光が入ったところで撮った。硬いような、柔らかいような。こういう桃色を咲かせる花というのは本当に凄い存在だと改めて感心する。

拡大して見れば判るのだが、どうも横一直線に傷が入っている。Sinar 67のローラーになんか挟まっていたのだろう。この次のコマで傷はなくなっているのでもう取れたのだろうが、清掃が必要のようだ。

芍薬 大判FUJINONの魅力


(Click to large)

芍薬である。前々回の写真現像が上がってきた。2400dpiでスキャンしたら7000×5000で24Mにもなってしまったので、渋々縮小している。大きいのを是非ご覧あれ。

大型写真機を使っているとはいえ、フィルムの現像代の問題もあり、ホイホイ撮れるのはどうしても120のロールフィルムになってしまう。が、Sinar 67のお陰でほぼ4×5と同様のスタイル(シャッター閉じる→ピントグラスの間に突っ込む→撮影)を貫く事ができ、非常に助かっている。

最近改めて思ってる事は、FUJINONって何て素敵な描写なんだろうという事だ。周囲に見せてもHASSELBLAD Planar CFE 80mmよりも高評価をもらう事が多いのである。かくいう私自身もフジノンの方が好きである。

細かいところを20倍ルーペで覗くとPlanarの方がカリッとしている一方、FUJINONは比較的ほんわかしている。しかし、作品全体を見るとあら不思議、FUJINONの方が「余裕」を見せつけてくれる感触を抱く。

これは6×6に対して6×7というフォーマットの違いも多少あるかもしれないが、それにしても大判レンズの極めてノーマルな写りは本当に好感度が高い。35mm判の異様にゴリゴリでカリカリな写りに慣れてしまうと、大判レンズの普通な写りは別次元とも思える。

何でそういう風に感じるのかはさっぱり判らないのだが、感触的には私の好きなOM ZUIKO 90mm F2 MACROに近い柔らかさと強靱さ(ともちょっと違うが何となく似てる)風でもある。

昨日我が家に参加したCM FUJINON 250mmもどのような写真をフィルムの上に結像してくれるのか、非常に楽しみである。

いやー大型写真って楽しいなぁ。芍薬はもう咲き終わり、大濠公園は紫陽花が咲き始めている。

CM FUJINON W 250mm F6.3

久しぶりのレンズ追加である。構想2年、苦節1年半、ようやく入手に辿り着く事が出来た。大型写真機用のレンズである。今時こんなもんを買うのは余程の奇人変人だろうと思わなくはないが、写真を趣味にして、レンズなんぞに投資している時点で一般人からは五十歩百歩である\(^o^)/

今回の構想は、我が大型写真機であるWISTA45 SPにレンズを追加した方が良いのではないだろうか、という事でスタートしたのであるが、最初は広角レンズが良いだろうと思って探していた。

ところが実際の撮影を改めて考え直すと、花を撮ったりする事が多く、近くまで寄れない(進入できない)ことが多い。こういう場合は35mm判だとM-1とZUIKO 90mm F2 MACROの独壇場であるのだが、それに相当するレンズが無い、という事実にはたと気付くのである。

所持していたレンズは2本。FUJINONのCM W150mmおよびT400mm。それぞれ4×5だと45mmと120mmくらいである。大型写真機は蛇腹を焦点距離より長く伸ばせばマクロ撮影モードに移行できるため、45mmより近接した撮影は可能であるのだが、T400はテレタイプ(強引に通常より短いフランジバックで兆焦点距離を扱えるよう頑張ったモノ)である上、ピントを合わせるためには蛇腹を252.4mm以上伸ばさねばならないため近接撮影はほぼ不可。

つまり、35mm判換算45mm-120mmという一番旨みのある距離が扱えないのが我が大型写真撮影の現実であったのである。という事でそこを埋めるのがまず先決であろうと、丁度150mmと400mmの中間で、かつWISTA45の限界蛇腹長300mmで扱える最大長のワイドレンズ、という事で250mmに白羽の矢が立ったのである。35mm判換算で70mmくらいのものである。

大型写真機のレンズは、国産だと現行は富士フイルムのFUJINONと山崎光学研究所のCONGOとの二択であるが、性能とメンテナンス性を考慮してFUJINONを選択している。無論最初の候補は現行品であるCM FUJINON W 250mm F.6.3である。第二候補が近接撮影用のapochromatレンズであるFUJINON A 240mm F9。後者の方がレンズは軽いのだが、イメージサークルが8×10で使う場合にはギリギリで煽れない、解放が暗くピント合わせが厳しそう、という事もあり、8×10をあつかう(かもしれない)将来性も考慮して、前者のCM Wが良いだろうと決めた。

あと、apochromatだとカミソリのようにシャープに写るのであるが、私はどっちかというとCM W 150mmのフツーに綺麗に写るその平凡なフツーさが大好きなので、やっぱりフツーのCM W型が良いなと思った次第である。

これが1年半くらい前である。

さてそこからが涙ナミダの物語である。その当時住んでいた東京で中古レンズを探すのであるが、このCM W 250mmが無い。何というか、人気がないのか人気があるのかさっぱりわからんのだが、とにかく無い。CM W 210mmやCM W 300mmなんぞは結構ゴロゴロしているのだが、この250mmだけが、蛇蝎のごとく嫌われてるのか全くない。

大判レンズが数多く置いてある某有名店を足繁く廻るが、無い。某フジヤカメラにも通うが、無い。年に数度ほど中古ページに出た事があるのだが、電話を掛けたら時既に遅し。オークションにも出ない。数度出たけどちと微妙だったりしてスルーした事も暫し。

そんなわけで引っ越しも重なり、あれよあれよと2年間も過ぎてしまったのであるが、今回諦めきれずに探していたところ、ひょんな事で発見。電話をしたらあったのですぐ送ってもらう事にした。そして到着したのが今日である。当初想定価格の半額くらいで買えてしまったので、もう何というか、果報は寝て待てである。ええんか、こんなんで。デジカメ様万々歳である。いいぞもっとデジに移れ皆のモノ\(^o^)/

という事で、我が家の激安大型写真機用レンズが3本構成に成長した。こんくらいになるとまあまあ様になるというものである。ただ、あんまりカメラ自体に愛着は無い。どうしても写真が主なので、カメラは脇役である。

レンズは多少使い込まれているが、シャッター速度等は簡易に見た限りでは特に問題ない状態である。どうせ使い込むので、そこはまあ、程ほどで良い。肝心のレンズは特に問題もなく良好。

WISTA45にはめてピント合わせを簡易に行ってみたが、全く問題が無く非情に良好である。フランジバックを239.9mm確保せねば無限遠が出ないので、それ以上蛇腹を伸ばす必要がある。300mmまで伸ばせるので、近くへのピント合わせも楽々である。

海外のフォーラムを見るとCM W 250mmの情報はやはり多くはなく、どうもマイノリティーっぽいレンズではある。が、前田真三氏らの過去の4×5写真を見る限りFUJINON 250mmというのはそれなりに使われてるので、まあそれなりに期待している次第である。

早速試写したいが、九州は台風直撃コースで今日も明日も雨である。トホホ。大濠公園では紫陽花が咲き始めである。

4×5インスタントフィルムで芍藥・藤・椿 FP-100C45

遂に復活。何となくそんな氣分でWISTAを担ぎ出した。大型寫眞機での撮影である。レンズは2本、150mmと400mm。現狀これだけしか持ってないのでフルセットではある。近々増やす野望を立てている。最近ハッセルをよく使っていたが、やはり大型寫眞機が私には合っていると思い直している所である。

極めて久しくの担ぎ出しであったため、1年以上使ってなかった4×5のインスタントフィルムを使ってみた。全てFP-100C45である。福岡は今日曇りから晴れの間を行ったり來たりであったが、午後は何となく晴れていた。花曇り前後である。

芍藥
(CM FUJINON CM W 150mm F5.6)

防濕庫に放り込んであったため、これでは特に變色等は見られない。白色も良く出る。

藤
(FUJINON T 400mm F8)

調子に乗って藤を撮ってみた。色が變であるが、元々こんな發色であった氣もする。但し、赤方向に轉んでいるため、やはり2年近い放置は良くないのだらう。

實は一枚目を大失敗してしまった。久しく使ってなかったからか、白い紙を引っ張ってもフィルムが出てこなかったので「?」と思ひながらもう一枚白い紙を引っ張ってしまった。これが元兇。2枚グチャグチャになって出てきてしまった。2枚目は見るも無慘な眞っ白けっけ。1枚目も一緒に出てきたがどうも現像液が行き渡ってない模様。ドキドキして規定秒数待ち剥いでみると・・・

椿
(CM FUJINON CM W 150mm F5.6)

こんなのが出てきた。FP-100Cは10枚で4000円くらいなので、大損害である。このカットは6×7のリバーサルでも撮影していたので、まあ良しとしやう。とにかくFP-100C45はコストがかかるため、必殺技に取っておいて、普段はもう少し小さなFP-100Cを使へるやうにPA-145を入手せねばならない。

FP-100C45

今日の溫度は槪ね25℃程度であったため、フィルムを剝がすまでの待ち時間は90秒である。これはフィルムの裏に書いてあるので、それを參照する。現像中は触らずフリフリせず、静かに置いておく。規定秒數に達したら一氣に「えい!」と剝ぐべし剝ぐべし。ベタベタの現像液+紙が殘るので、ちゃんと持ち歸るべし。決して現地に捨てるなど非國民的所作はやってはならない。

フィルムの方は敢へて4×5で撮らず、全て6×7で撮影した。まだ芍藥があまり咲いておらず、本番は來週に持ち越しである。蛇腹を伸ばして氣輕にマイクロ撮影、兩眼での構圖の確認など、大型寫眞機の利點は限りない。今後はやはりメインをこちらにするのが得策であらうと思ふ今日この頃である。

晩秋の阿蘇・其の貮 大觀望

其の壹はこちらへ。

大觀望(Click to large)

其の壹を書いてから暫く經ってしまったのだが、再開。前回は大觀望の展望所から見て左側だったのだが、今回は右側を4×5で。パラグライダーが氣持ち良ささうである。

WISTAで煽ってピントを手前から奥まで全部合わせてみた。絞りはF54程度で、1/15程度だったかと思ふのだが、シャッター速度が遅くてパラグライダーがぶれている。まあ想定通りではある。現場は非常に明るい狀況だったので、フィルムは青っぽくなっているが、色温度が高いのでまあこんなもんであらう。フィルターなんぞ持ってきとらんし。

やっぱり廣角が欲しい。75mm程度(35mm判換算で21mm程度)がいい。WISTAに標準ボードで付くかどうか不明であるが、説明書を見る限りでは何とかなるやうではある。ライズ・フォールしなければ何とかなるだらう。たぶん。

晩秋の阿蘇・其の壹 大觀望

大觀望
(Click to large 2000 pixels width)

先週末であるが、晩秋の阿蘇を堪能しとらんなぁといふ事に氣付き、急遽阿蘇まで高速を飛ばす事にした。折角九州に戻ってきたのであるから、こんくらいは味はっておかんと勿體ないのである。

暫く4×5で撮ってないので、今日こそはとWISTAを持ち出し、予めカットホルダーに詰めて半年間放置されていたVelvia 100Fを10枚持って出發。目指すは外輪山。

大觀望到着したのは晝過ぎ、さほど空氣が澄んでる譯でも無い状態ではあるのだが、ああPLフィルター持ってくれば良かった、と心の中で思ひながらそのまま撮影に。生憎天氣だけは良かった事が救ひである。

かういふ場所では折角なので煽りを使って手前と奥(無限)に同時にピントを合わせる。多少フォールも使っているが、一寸だけ。絞りはF56くらいだったような氣がする。よく憶えるとらんが、別にフォトコンに出す譯でも無いのでどうでも良いのである。

とりあえず4×5であるから、いつもよりもちょっと大きなサイズでアップロードしておく。横2000pixelsなので、最近のデジカメと比較してもめちゃくちゃ大きい譯でも無いが、余裕のある解像が分かるのでは無いだろうか。分からんかなぁ・・・解像度を味わってもらおうと2400dpiでスキャンすると横数万ピクセルになるので、ブラウザークラッシャー(別名:嫌がらせ)と化す。なかなか難しい所である。

無論、本物の4×5フィルムをライトボックス上で鑑賞するのが最上である事は云ふまでもない。