晩秋の阿蘇・其の壹 大觀望

大觀望
(Click to large 2000 pixels width)

先週末であるが、晩秋の阿蘇を堪能しとらんなぁといふ事に氣付き、急遽阿蘇まで高速を飛ばす事にした。折角九州に戻ってきたのであるから、こんくらいは味はっておかんと勿體ないのである。

暫く4×5で撮ってないので、今日こそはとWISTAを持ち出し、予めカットホルダーに詰めて半年間放置されていたVelvia 100Fを10枚持って出發。目指すは外輪山。

大觀望到着したのは晝過ぎ、さほど空氣が澄んでる譯でも無い状態ではあるのだが、ああPLフィルター持ってくれば良かった、と心の中で思ひながらそのまま撮影に。生憎天氣だけは良かった事が救ひである。

かういふ場所では折角なので煽りを使って手前と奥(無限)に同時にピントを合わせる。多少フォールも使っているが、一寸だけ。絞りはF56くらいだったような氣がする。よく憶えるとらんが、別にフォトコンに出す譯でも無いのでどうでも良いのである。

とりあえず4×5であるから、いつもよりもちょっと大きなサイズでアップロードしておく。横2000pixelsなので、最近のデジカメと比較してもめちゃくちゃ大きい譯でも無いが、余裕のある解像が分かるのでは無いだろうか。分からんかなぁ・・・解像度を味わってもらおうと2400dpiでスキャンすると横数万ピクセルになるので、ブラウザークラッシャー(別名:嫌がらせ)と化す。なかなか難しい所である。

無論、本物の4×5フィルムをライトボックス上で鑑賞するのが最上である事は云ふまでもない。

Leave a Reply