吉野ヶ里遺蹟

ちょっと前だが吉野ヶ里遺蹟に行ってきた。福岡市より車で30分-1時間程度である。確か6月頃であったが、この時も8月の現在と同じくらい暑く、ヒーヒー言いながら廻った記憶がある。

Scan-130818-0002

吉野ヶ里遺蹟に關する知識は余り持ち合はせて居ないのが殘念であるが、この周辺は遙か昔より肥沃な地であった事は間違ひなく、豪族のものである壺型の棺が大量に小高い丘陵地に見つかっていたりして、なかなか想像を掻き立ててくれる。

建物は倉庫に相當するものが高床式、住居に相當するものが竪穴式と分かれていた。これらの再現は想像との事であるが、それなりに考證がされてゐるらしい。當たらずしも遠からずと言ったところであらうか。

Scan-130818-0005

他の寫眞も大量にあったのだが、とりあえずVueScanの使ひこなしをあれこれしていたら時間切れになってしまった。が、その成果として、GT-X970とブローニーホルダーによる6コマ自動切り出しバッチスキャン、及びDigital ICE相當のゴミ取りが出來るやうになった(要するにEPSON Scan相當のものである)。前回も指摘したやうに、スキャン動作そのものが比較的に閑か且つ高速であり、もはやEPSON Scanに戻る氣すら失せてしまった。

なを、上記畫像はかなりのコントラストで暗部が潰れ氣味であるが、實際の見た目がこれであって、リバーサルフィルムのライトボックス上での濃さもこの通りなので、そのまま何もいじってない。2枚目が特に顕著であるものの、これはDistagon CFiの特徴でもある。これを打ち消すにはASTIA 100Fが有效であったが、生産中止の現在、我が家に一箱殘るのみである。

さて、忘れないやうに、VueScanの設定値をメモしておこう。全て標準値からの變更點のみの差分である。

「入力」タブ

  • モード: 透過光原稿
  • 対象: スライドフィルム
  • 1ピクセルあたりのビット: 64ビットRGBI
  • バッチスキャン: すべての
  • プレビュー解像度: 400dpi
  • スキャン解像度: 1600dpi

Screen Shot 2013-08-18 at 20.40.48

「切り抜き」タブ

  • 切り抜きサイズ: マニュアル
  • 切り抜きの複合: MF
  • プレビューエリア: 最大

Screen Shot 2013-08-18 at 20.41.20

「フィルター」タブ

  • 赤外線スキャンによる塵除去: 弱
  • シャープにする: ON

Screen Shot 2013-08-18 at 20.41.27

中にはよく分からないで設定しているものもあり、本當にこれで良いのか考へているものもある。が、これでEPSON Scan相當の自動処理が出來ている。あとは、入力タブの「フレーム番号」で1枚ずつスキャン範囲や露出等を決めていけば、勝手に記憶して、その設定値で一氣にスキャンしてくれる。賢いやつである。後日改めてこれ専用の記事を掲載したい。

※畫像を大きくし、VueScanの設定スクリーンショットを追加しました

One Reply to “吉野ヶ里遺蹟”

Leave a Reply