臺場のガンダム撮影(お台場ガンダム)

 熊本歸省の歸り道ですが、東名高速道路の分斷状態を回避して中央道を通って歸宅しました。これはこれで大變だったんですが、やはり迂回迂回で何とか乗り切ることが出來ました。

 さて歸宅後何かやり忘れてる・・・と考えたあと、あゝ、そうそう、と思ひ出して、臺場のフジテレビの横に出來ている期間限定ガンダム1/1モデルを撮りに行くことにしました。

 まあ、臺場のガンダム(「墓場のガンダム」、ではなく「台場のガンダム」の正字體です念のため)は既に撮り盡くされていると言ってもよいくらい、ありふれた被寫體だったり。ので、わざわざ見に行かなくても良いか、なんて思ってました。が、いざ無くなるとなると、まあ一度くらい見ておいても良いだらうか、なんて氣になってきたので、大型寫眞機を担いでエッチラオッチラ行って參りました。保存するなら超高精細な4×5がいいですからね。プラスチッキーな外観がちょっとイマイチでしたので、金属っぽく見える角度と光を探して、こんな感じで撮ってみました。

お台場ガンダム
(WISTA 45SP、CM FUJINON CM Wide 150mm F5.6、FUJICHROME Velvia 100F)

 フィルムをスキャンしてWebに轉載すると、どうしても解像度的に不滿が殘ります。フィルムには各パーツに書いてある文字がバッチリ讀めるくらいの情報が記録されているんですが、これじゃぁ分からんですなぁ。一應、胸の辺りを擴大したヤツを掲載しておきます。ライトボックスの上でルーペで覗くとこんなところまで見えます。

ガンダムの胸の文字
(4800dpi=19129x23929pixelでスキャンして上の寫眞の胸の端っこの部分を切り取ったもの)

 機動戰士ガンダムは初代から最新の00までリアルタイムで見ています。ZZを4話くらいの途中で挫折したとか、ターンエーを10話くらいで挫折したとかいろいろ有りますが(これも後から全話見直しました)。現地で見たガンダムはTVシリーズのコアファイター乗降口から類推してほぼ想像のとおりの大きさで、ああ、こんなもんだよなぁと納得してしまいました。

ガンダムと大型寫眞機
(FUJIFILM KLASSE S、FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400)

 現場ではこんな感じで撮ってたんですが、冠布被ってピント合わせているとやっぱり目立つのか、いろんな方がチラチラと横目で見ながら通り過ぎたり、あからさまに覗いてきたりとか。

 大型寫眞機を使い始めた最初は注目を浴びることが大變恥ずかしいもんでしたが、もう慣れました(笑)。人は多く大變暑かったのですが、比較的のんびりと撮影できました。かういふ場所で大型寫眞機ってのもミスマッチ感炸裂で却って良いものです。

3 Replies to “臺場のガンダム撮影(お台場ガンダム)”

  1. 初めまして!
    フィルム月1会の会員番号11のPhotTonです。
    お台場ガンダム、行かれましたか!
    私も行ってパシャパシャ撮ってきましたが
    大判カメラ持っている方には出会いませんでした。
    大判のフィルムの解像度、すごいですね。
    全身が見える画角で、ボディの文字がハッキリ読めるとは。
    実際WEBで見ると全身版では小さくて見えませんがリアリティが違うのかなぁなんて思ったりします。
    これからもちょくちょく拝見させていただきます。宜しくデス!

  2. >aranさん
    有り難うございます! コメント頂いたのをすっかり見逃していました・・・

    >PhotTonさん
    初めまして! 月イチ会ではどうもお世話になっております。
    大型カメラを持ってる方はやはりいらっしゃらなかったですね。一人くらい居るかなぁ、とか思ってたんですが甘かったです(笑)
    うちの民生用スキャナーではこの辺が限界っぽいですが、印刷会社のドラムスキャナーだともっと行けると思ってます。
    4×5だと、縮小しても隅までカッキリ見えるので、135判デジカメで撮ったものと比べても何となくよく見える気がしています。

Leave a Reply