My JavaOne 2014 and Oracle OpenWorld 2014 Sessions

Happily announced that my call for proposal for JavaOne 2014 and Oracle OpenWorld 2014 were approved successfully. Now I’m one of a session speaker of them. Amazing.

Java EE 6 Adoption in One of the World’s Largest Online Financial Systems [CON2789]
https://oracleus.activeevents.com/2014/connect/sessionDetail.ww?SESSION_ID=2789

Case Study of Financial Web System Development and Operations with Oracle WebLogic 12c [CON2820]
https://oracleus.activeevents.com/2014/connect/sessionDetail.ww?SESSION_ID=2820

My first time attendance for JavaOne conference was 2000. 14 years ago. Very huge conference, over 30000 people attended, held in Moscone north and south completely. The key note speech was held in all connected Moscone center south rooms. The surprise guest speaker was Steve Jobs, with performing not released Mac OS X 10.0 development version with J2SE 1.2 Swing application. I was so exited about the brilliant future of the Java programming language and enterprise usage.

At that time I learned many of the J2EE 1.2, which was renewed from Project JPE at the end of 1999. I’d already worked with BEA WebLogic 3.0 – 5.1 in Japan, and realized that the differences between the J2EE specs and the implementations. And one of my dream was to have a session as a speaker for J2EE technical information sharing here.

Now my dream come true.

In this sessions I’m going to share the details of my designed Java EE 6 applied financial enterprise systems in Rakuten in Japan. Java EE has huge potentials for the mission critical enterprise systems, and you can learn how to use the EE specs and WebLogic for it.

Now I’m happily making the slides for speaking right there. Come and join us. Happy programming.

Hakata Iwai-Medeta Song Translation

I asked the local song of “Iwai-Medeta” in Fukuoka Hakata area from non-Japanese friends. I searched the translation to English but not found.

The “Iwai-Medeta” (in Japanese 祝いめでた) is the song for the brilliant day’s song, especially for the business agreements sign for the local enterprise peoples. This song also shared as the theme song of the “Hakata Gion Yamakasa” in Kushida shurine in Hakata.

Anyway, I translated the “Iwai-Medeta” in English as below. Almost all means are for the long prosperities for the singing peoples.

The original song was made with unknown situations, and we don’t know the details of the meaning. I tried to translate with the standard feeling of a normal Japanese. But if you have any questions or suggestions, feel free to contact me.

The video is available in the YouTube here. http://youtu.be/d9_z-8ZG7Ec

Celebration and Joious of Wakamatsu the God, Wakamatsu the God
Iwai-Medeta no Wakamatsu-Sama yo Wakamatsu-Sama yo
祝いめでたの 若松様よ 若松様よ

 

Growing not only the branches but also the leaves.
Eda mo Sakayu-rya Ha mo Shugeru
枝も栄ゆりゃ 葉もしゅげる

 

Let’s chant, and chant, and chant, and chant. Ya, we don’t have no choice!
Eisho-e Eisho-e, sho-e, sho-e A, Shonga-ne!
詠唱ェ 詠唱ェショウェショウェ ァしょんがね!

 

Invite your neigborhoods Ya, we don’t have no choice.
Arewai Sasoe, Sasoe, e, Shonga-ne-e.
アレワイ誘え誘え ェしょんがねー

 

Let’s have our clap hands sign!
Te-Ippon!
手一本!

 

Ready, (clap, clap) Again, (clap, clap) Three times with celebrating (clap, clap…, clap)
Iyo-h, (Pan, Pan) Ma Hitotsu, (pan, pan) You-to San-do (pa-pan, pan)
ィヨーォ (パンパン) まひとつ (パンパン) 祝うと三度 (パパンパン)

How to Move from J2EE from Java EE in Java Day Tokyo 2014

Last day I joined in Java Day Tokyo 2014 as a speaker and had this conference session “How to Move from J2EE from Java EE” as below. Uploaded in SlideShare.

The background of these slides and my presentation theme was for the poor enterprise systems which is not improved and keep going with J2EE 1.4 and many non-standard open source frameworks.

The big picture of Java EE – formerly J2EE is the standardization of the enterprise development API for any application servers, and the theme was not changed since the born of Java (2) platform, enterprise edition (J2EE). I strongly agreed these movement at the start of J2EE, and not changed in this time.

Many enterprise engineers still don’t know the latest version of JEE, due to the limitations of each company’s original standards – many standards are still based in J2EE 1.4. And the older standards applied systems are now turning into the “too old to migrate” systems.

As a fan of Java EE specifications, I want to share how to migrate to latest Java EE 7 standards from older ones. I hope these slides are for your system improvements and Java EE applied system increasing.

Happy Java 8 Release

As you might know, the Java 8 was released yesterday, and I tried to use both my OS X and Windows environment with new NetBeans 8 and GlassFish 4.

Including many useful improvement in 8, the new edition of the common platform is the best one ever. And please be careful that any new software has some of uncertain bugs. If you plan to apply 8 to your production environment in the future, be careful to new information of bugs or vulnerabilities of this new island.

If you are a good Java operator, please make sure that the Java VM environment was completely changed and some well known JVM booting options was deleted and you must learn a lot of new philosophy of imported new VM functions from JRockit from BEA WebLogic (by Intel formerly).

If you are a nice programmer or software architect, please be careful of your favored libraries or app servers compatibilities of 8. Especially almost all commercial licenced app servers, including WebLogic, WebSphere, JBoss or like that, the requirement JDK might be still with 7u51, and please avoid the force applying 8 to them in your production environment. It might stak in booting time or now working correctly. Ask to the support when you can apply 8 to your platform.

Anyway, the new major version platform release is really special for us and welcome to our new future platform. And I want thanks so much for all guys related to new JDK releasing. Congratulations!

Updated my twitter account name to @HirofumiIwasaki

I’m considering about the changing my account name of twitter. Finally changed to my real name @HirofumiIwasaki.

The mean of @rockcape, my previous account name was from my family name ‘Iwasaki’, but it was my misunderstanding. Iwasaki (岩崎) means ‘rock cliff’ or just ‘cliff’, so the account name must be rock cliff or cliff, but already occupied.

So I decided to back to my original name directly. Little bit difficult to call my name in English style, but this IS my name as one of a Japanese.

By the way, I changed my follower from Japanese account to English one, and realised that there are few of the Japanese news accounts. Almost all guys around the world cannot recognise the incidents and problems of the Japan with these sad environment.

Now I’m trying to change my business and programming style to English, and also trying to twit in English. Hope may people in Japan twit in English for world wide, and improve the sad situation and more recognised the Japan by oversea guys as well.

How to Install GCC 4.8 with NetBeans in OS X 10.9

Screen Shot 2014-02-15 at 11.39.21 PM

I tried to update GCC environment in my OS X 10.9 with NetBeans 8 beta environment to use C++11 new features, including shared pointer. There’s some useful information to update using MacPorts, and this article is just my memo.

1. Install Command Line Tools for Xcode

MacPorts’ policies of supporting GCC is as follows, and it must be installed separately from apple site. If this tools not installed, you’ll be failed in the compile operations with some header missing messages.

MacPorts migration policies
http://trac.macports.org/wiki/Migration

Download command line tools for Xcode
https://developer.apple.com/downloads/

2. Install MacPorts and GCC 4.8

Next, install MacPorts normally, and self update to refresh latest package information to your local repository of MacPorts.


$ cd /opt/local/bin
$ sudo ./port self update
$ sudo ./port sync
$ sudo ./port install gcc48
$ sudo ./port install gmake
$ sudo ./port install gcc_select

3. Set the Environment Variables

Set the GCC standard to 4.8 as follows.


$ sudo ./port select --list gcc
Available versions for gcc:
mp-gcc48
none (active)
$ sudo ./port select --set gcc mp-gcc48
Selecting 'mp-gcc48' for 'gcc' succeeded. 'mp-gcc48' is now active.

And set the environment variables to use as the standard gcc as below.


export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin:$PATH
export MANPATH=/opt/local/man:$MANPATH

4. Change the NetBeans Settings

Finally stars the NetBeans and open the preferences > C++ > Build Tools, Add GNU_MacPorts and set each compiler path to /opt/local/bin/*.

After finished the global settings, make a new C++ project and open its properties > Build > C++ Compiler > C++ Standard to “C++11”, and compile & run with easy samples.

It seems the NetBeans environment is fine in OS X Mavericks for C++ general programming usage rather than Xcode 5. Of course, it can also use with nice Java EE environment.

プログラマーと英語

予告通りであるが、英語の記事を書く。前に筆者の英語能力を。TOEIC IPテストの最高得点が830点である(2013年12月取得分)。まあ、そのレベルの者が書いてる与太話と考えて欲しい。ちなみに1月に受けた分は825点であった。難しいねぇ。

TOEIC IP

(0) はじめに

最近公私ともに英語で書くことが段々多くなってきたのだが、英語について一度考えをまとめておきたいと思っていたので、一旦まとめておく。まとめておくが、特に体系立ってまとまってるわけでは無いので、つらつらと、が正しいかも知れない。

(1) 国語(日本語)について

まず、過去の記事を見てもらったら分かるのであるが、所謂「旧仮名旧漢字」で書いているのが多いとおり、筆者は国語が大好きである。大好きであるというか、そもそもNative Languageなので、好きもへったくれもない。「日本語」と相対化するような書き方・呼び方すら嫌いである。日の本の国語で良いと思ってる程の者である。

で、英語が重要という話が出てくると、国語はどうするんだ、英語に切り替えるのか、という極端な話が出てきて訳わからなくなる話であるのだが。が、筆者は単に情報源を増やす道具の意味合いでしか英語を捉えていない。読めて話せて書ければ、より多くの情報を収集できる、という単純な話である。

なので、小学校から英語を教育とかそんな話はそもそもあまり興味が無い。

ただ、より厳密に言うと、筆者は歴史的仮名遣い、且つ、歴史的漢字を使われた国語の方が好きであり、現代語は簡易化・堕落した表現だと思ってるので、そういう意味では、このように書いてる最中であっても、歴史的仮名遣いで全部書き直したい、という衝動に駆られる。ちなみにカタカナ語はもっと大嫌いである。

まあ、そんな輩が英語を、って言ってるので、可笑しな話ではある。

(2) 何故プログラマーに英語が必要なのか

これは単純である。一次情報源が英語だからである。現代の殆どの主流たるプログラミング言語は英語で考えられ、英語表記であり、説明書は英語であり、伝道者も英語を使う。

情報を得るために一次情報源を使うのは、様々な利点がある。そもそも情報が多く厚く、量も多いため全体的な品質も高い。そんなことをいちいち書かなくてもちょっと考えれば分かる話なのでこれ以上ぐだぐだ書かないが、より多くの情報を得るために必要だと思っている。

逆の話をしよう。では二次情報源であることが多い日本語の情報はどうなのか。無論良い情報も多い。但し、酷いものも多い。殆どの情報が一次情報英語の翻訳か、もしくは英語の情報を参考にした記述であるため、どうしても「〜らしい」風のものが多くなる。また、翻訳に時間がかかるため、出版から半年以上、酷い場合だと2年以上かかるものも珍しくない。

例えば。ある有名ソフトウェアの開発者が書籍を英語で書いたとする。その翻訳書が一年後に出たとする。読んで疑問が沸いた。日本語翻訳者に質問をするのと、オリジナル英語の著者に質問するのとで、速度・質・満足度、あらゆる点でそもそも比較になるだろうか。これはさすがにならないだろう。

また、欲しい本が翻訳されないのも近年では増えた。Java EE 7の本なぞ日本語のものは1冊も出てないのである。一応これでもC#と比類する企業システム向けシステム開発の双璧である。こんな馬鹿な話があっていいものか、と日本国民として憤慨する事暫しである。

のだが、英語が読めれば、上記は全く問題ない。逆に英語を読めないプログラマーの先を行けるのだ。そりゃー英語で読むでしょう普通。かくして私の本棚は英語の本で埋まっていくのであった。

(3) TOEICはどうなのか

近年話題のTOEICであるが、会社でやっている所も近年では多くなってきたようだ。かくいう筆者の所属する会社も、この件で散々話題を振りまきまくっている原因だったりするわけであり、ここ四年くらい英語を勉強せざるを得ない原因というか環境を作ったものもこれである。

で、20回以上、散々TOEICを受けまくった結果思った事であるのだが、はっきり言ってTOEICのハイスコアを取ったところで、このテストの水準はNativeの小学校水準の読み聞きができるかどうか、でしかないものである、というのが筆者の見解である。

だからTOEICテストそのものに何かの意味を見いだす向きには、それ違うよって言いたいのである。これ、何の変哲も無い只の簡易英語能力確認テストです。

「会議室どこ?」「A、そこ曲がったところ」「B、彼をいじめてます」「C、来週ですね」とTOEICのPart 2の典型問題を日本語で書いてみたらよく分かる。こんなもの小学校低学年向けである。

だから、英語力を確認するのにTOEICを利用するのは、特に出来ない向けには丁度良い簡易さである。あんまり難しいと、問題文すら理解できないからねぇ、と。

で、プログラマー向け書籍に必要な英語力であるが、はっきり言ってTOEICを高得点取れれば、特に問題なく読める。逆に言えば、小学校低学年程度の文書が理解できなくて、それより難しい技術書が読めるわけが無い。

ただ、ご存じの通り英語の技術書であっても専門用語が多いので、それさえ憶えれば、あとは典型表現の繰り返しなので楽勝ある。

かくして私の書棚には英語の本が並(以下略

(4) TOEICを使った勉強方法について

英語便利だよ、と書いたところで、一体どうやって勉強すれば良いのよ!? とぶち切れられる事がリアルにも多い。まあ、確かに言いたいことはよく分かる。四年前の筆者もそうだった。

多くのやり方がある。これはその通り。ただ、筆者はTOEICを利用してまともに通読できるようになった。ので、その説明をしたい。

筆者の場合、会社から強制的に受けされられるようになる前に、自費でTOEIC公開テストを受けに行った(2010年頃)。受けに行く前に、TOEICの本を1冊だけ買って、それを本の通り11日間だけやって受けた。本は定番のロバート・ヒルキの「新TOEICテスト 直前の技術」というやつである。※Amazonだろうが楽天ブックスだろうがその辺の本屋さんだろうがどこにでも売ってる本なので、アフィリエイトリンクなんぞ張らないので勝手に探して欲しい。

で、その初回の結果は600点であった。大学受験以来10数年間まともに英語を勉強してなかった割にはまあまあの成果であったのだが、これの大半は上記の本のお陰でもある。当然ながらJ2EE系の情報は元々英語の書籍から取得していた(元々無かったので)のはあったが、どちらかというと拾い読みに近い利用形態だったので、これで語学力が上がっていたかと言われれば極めて怪しい。

で、そこから現在の830点に至るまでに4年間かかった。やったことの殆どは、公式問題集と各種定番の参考書をやった上で、iKnowという単語サイトがあるので、そこで単語テストをひたすらやりましたよ、程度の全然面白くない話であるので割愛する。暇なときに改めて使った本のレビューを書いておきたいと思う。

要は、最初にとにかくTOEICを受けに行って、その結果にがっかりして、理想とのギャップを埋めていっただけである。ちなみに筆者の理想は900点なので、現在70点のギャップを埋めていっている最中である。

(5) TOEICの点数上昇と効能

さて、TOEICの点数が上がったら、英語の書籍が読めるようになるのか!?という疑問に対して。

TOEICはListeningとReadingと二つのテストがあるのだが、当然ながら効能があるのはReading側である。この点数が上昇すると、何と不思議と長文が読めるようになるのだ。

より厳密に書こう。長文を読んでも頭が痛くならなくなる。長文を読んでも諦めなくなるのだ、である。

英語の本を読んでみよう、と思い立って本屋で大枚をはたいてPaperbackを買ってきた事のある人はよくご存じだろうが、読み始めるとほぼ全ての慣れてない人には、3ページ以内で以下の症状が出る。

  • (ほんとに)頭が痛くなる・吐き気が出てくる
  • すぐ眠くなって寝る
  • イライラして放り投げる
  • 読んでるつもりだけど他の事を考え始めて全然頭に入らない
  • 目がチカチカしてきて単語を追えなくなる

これらはTOEICの後半、Part 7 (長文読解)を制限時間以内(約1時間程度)に解けるようになると、何と解消されるのである。眠くならないし、持続的に読めるのだ!!TOEICの点数で言うと、Readingが450点程度、全体で900点程度あれば、何とか問題ない程度、と考えても良いかなと思っている。

この効能については各種プロの方が沢山書いてるから子細は省略するが、筋肉に相当する読解持続力を付けるための訓練、がPart 7には必要で、Part 7を解けるようになると持続力が付いて長文が読めるようになる、ということなのだろう。いかに英語のプログラミング書籍が比較的簡単であったとしても、数百ページは普通にあるわけであり、途中で放り出さない程度の持続力が無いと続けて読めない。

で、英語の技術書を読めるようになるための訓練本、というのは無いので難しいが、TOEICの訓練本なら掃いて捨てるほど山のようにあるわけであり、一番手頃な学習方法として利用できるのではないかな、と思う次第である。

と、ざっとまとめてみたのだが如何だろうか。どうも書き足りないというか抜けてる事が沢山ある気がするのだが、まあそのときは第二弾でも書き散らかすことにしよう。

How to Install OpenCOBOL in OS X 10.9

I tried to install the OpenCOBOL, the open source COBOL compiler, in OS X 10.9. This is the note of it. The original site installation is old, no additional package compiles and installations are required. Just do the MacPorts installation commands only. All required packages are ready in MacPorts repository for OpenCOBOL.

1. Install MacPorts

Install MacPorts normally from here.

http://www.macports.org

2. Install OpenCOBOL from MacPorts repository


$ sudo port install open-cobol
---> Computing dependencies for open-cobol
---> Dependencies to be installed: db44 gettext expat libiconv ncurses libgnugetopt libtool mpfr
---> Fetching archive for db44
---> Attempting to fetch db44-4.4.20_2.darwin_13.x86_64.tbz2 from http://jog.id.packages.macports.org/macports/packages/db44
---> Attempting to fetch db44-4.4.20_2.darwin_13.x86_64.tbz2.rmd160 from http://jog.id.packages.macports.org/macports/packages/db44
---> Installing db44 @4.4.20_2
---> Activating db44 @4.4.20_2
---> Cleaning db44
---> Fetching archive for expat
---> Attempting to fetch expat-2.1.0_0.darwin_13.x86_64.tbz2 from http://jog.id.packages.macports.org/macports/packages/expat
---> Attempting to fetch expat-2.1.0_0.darwin_13.x86_64.tbz2.rmd160 from http://jog.id.packages.macports.org/macports/packages/expat
---> Installing expat @2.1.0_0
---> Activating expat @2.1.0_0
---> Cleaning expat
---> Fetching archive for libiconv
---> Attempting to fetch libiconv-1.14_0.darwin_13.x86_64.tbz2 from http://jog.id.packages.macports.org/macports/packages/libiconv
---> Attempting to fetch libiconv-1.14_0.darwin_13.x86_64.tbz2.rmd160 from http://jog.id.packages.macports.org/macports/packages/libiconv
---> Installing libiconv @1.14_0
---> Activating libiconv @1.14_0
---> Cleaning libiconv
---> Fetching archive for ncurses
---> Attempting to fetch ncurses-5.9_2.darwin_13.x86_64.tbz2 from http://jog.id.packages.macports.org/macports/packages/ncurses
---> Attempting to fetch ncurses-5.9_2.darwin_13.x86_64.tbz2.rmd160 from http://jog.id.packages.macports.org/macports/packages/ncurses
---> Installing ncurses @5.9_2
---> Activating ncurses @5.9_2
---> Cleaning ncurses
---> Fetching archive for gettext
---> Attempting to fetch gettext-0.18.3.2_0.darwin_13.x86_64.tbz2 from http://jog.id.packages.macports.org/macports/packages/gettext
---> Attempting to fetch gettext-0.18.3.2_0.darwin_13.x86_64.tbz2.rmd160 from http://jog.id.packages.macports.org/macports/packages/gettext
---> Installing gettext @0.18.3.2_0
---> Activating gettext @0.18.3.2_0
---> Cleaning gettext
---> Fetching archive for libgnugetopt
---> Attempting to fetch libgnugetopt-1.3_0.darwin_13.x86_64.tbz2 from http://jog.id.packages.macports.org/macports/packages/libgnugetopt
---> Attempting to fetch libgnugetopt-1.3_0.darwin_13.x86_64.tbz2 from http://packages.macports.org/libgnugetopt
---> Attempting to fetch libgnugetopt-1.3_0.darwin_13.x86_64.tbz2 from http://mse.uk.packages.macports.org/sites/packages.macports.org/libgnugetopt
---> Fetching distfiles for libgnugetopt
---> Attempting to fetch libgnugetopt-1.3.tar.bz2 from http://cjj.kr.distfiles.macports.org/libgnugetopt
---> Verifying checksums for libgnugetopt
---> Extracting libgnugetopt
---> Configuring libgnugetopt
---> Building libgnugetopt
---> Staging libgnugetopt into destroot
---> Installing libgnugetopt @1.3_0
---> Activating libgnugetopt @1.3_0
---> Cleaning libgnugetopt
---> Fetching archive for libtool
---> Attempting to fetch libtool-2.4.2_3.darwin_13.x86_64.tbz2 from http://jog.id.packages.macports.org/macports/packages/libtool
---> Attempting to fetch libtool-2.4.2_3.darwin_13.x86_64.tbz2.rmd160 from http://jog.id.packages.macports.org/macports/packages/libtool
---> Installing libtool @2.4.2_3
---> Activating libtool @2.4.2_3
---> Cleaning libtool
---> Fetching archive for mpfr
---> Attempting to fetch mpfr-3.1.1-p2_0.darwin_13.x86_64.tbz2 from http://jog.id.packages.macports.org/macports/packages/mpfr
---> Attempting to fetch mpfr-3.1.1-p2_0.darwin_13.x86_64.tbz2.rmd160 from http://jog.id.packages.macports.org/macports/packages/mpfr
---> Installing mpfr @3.1.1-p2_0
---> Activating mpfr @3.1.1-p2_0
---> Cleaning mpfr
---> Fetching archive for open-cobol
---> Attempting to fetch open-cobol-1.1_0.darwin_13.x86_64.tbz2 from http://jog.id.packages.macports.org/macports/packages/open-cobol
---> Attempting to fetch open-cobol-1.1_0.darwin_13.x86_64.tbz2 from http://packages.macports.org/open-cobol
---> Attempting to fetch open-cobol-1.1_0.darwin_13.x86_64.tbz2 from http://mse.uk.packages.macports.org/sites/packages.macports.org/open-cobol
---> Fetching distfiles for open-cobol
---> Attempting to fetch open-cobol-1.1.tar.gz from http://jaist.dl.sourceforge.net/open-cobol
---> Verifying checksums for open-cobol
---> Extracting open-cobol
---> Configuring open-cobol
---> Building open-cobol
---> Staging open-cobol into destroot
---> Installing open-cobol @1.1_0
---> Activating open-cobol @1.1_0
---> Cleaning open-cobol
---> Updating database of binaries: 100.0%
---> Scanning binaries for linking errors: 100.0%
---> No broken files found.
$

3. Try Hello COBOL

Make the COBOL program as below. (from OpenCOBOL getting started page http://www.opencobol.org/modules/bwiki/index.php?cmd=read&page=UserManual%2F1)

* Sample COBOL program
IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. hello.
PROCEDURE DIVISION.
DISPLAY "Hello World!".
STOP RUN.

Next, compile and execute.

$ cobc -x hello.cob
clang: warning: argument unused during compilation: '-R/opt/local/lib'
$ ./hello
Hello World!

Fine 😉

Leica IIIbが我が家にやって來た

寫眞方面の話。そのうち買ふかな、と思ってたら中野に行った際に買ってしまった。

BcebGDvCQAAYGbr.jpg-large

元々輕くて趣味性の高いレンジファインダーが欲しいと思ってた所であった。OLYMPUS XAがあるからいいじゃないか、とも思っていたのであるが、外裝がプラスチック過ぎるのとピント合わせがひたすら難しいのが難點であり、年代的にいつ壊れてもおかしくない電子式シャッターが心配でもあった。欲しいのは、薄くて輕くて金属製で長く使へて。

となると自然に候補に擧がるのがバルナックライカである。M型ライカの前の、初代Lマウントの機種である。

本機はその中でも1938年製である。日本の所謂大東亞戰爭よりも前のドイツ(だから第二次世界大戰)のものである。巡り巡ってこれが日本にあるのが不思議でもあるのだが、そもそも世界中のライカの何割かは日本にあるらしい。IIIbはLeica III型の3番目(III, IIIa, IIIb)であり、本體が板金で作られた最後のものださうだ。しかも設計者のオスカー・バルナックが生きてた頃の最後の機種、3萬臺程度しか作られてない、といふことで、知る人ぞ知る機種である。

まあ、さういふ希少話はさておいて、私がこの機種に決めた理由を忘れないうちにまとめておきたい。

  • IIIc型以降より小型であること。
  • メッキや内部部品の品質が第二次世界大戦より前で良く、長期利用に堪へさうであること
  • ファインダー部分がIIIa型の板金型より改良されたダイカストになっており、距離計との間隔が狭まったこと
  • 距離計が50mmファインダーの1.5倍像、全面二重像となっており、ピント合わせが極めて樂なこと
  • フィルム巻き戻しレバーを動かした際に誤って露光しないやうに自動でシャッターが閉まる構造になってること
  • 沈胴型Elmarが超小型で輕く、合計でも660g程度にしかならないこと
  • Elmarを沈胴させた時の薄さが半端なく薄いこと
  • コストパフォーマンスに優れていること(結構安い)

といふことで、中野の某店から我が家にやってきたLeicaである。IIIbはその生産臺數の少なさから、一般的なIIIfよりも高額で良品も少ないらしい(Web中古サイトでも確かにいいのが見つからない)のだが、偶然上京した際に運が味方してくれたやうだ。とにかく安く買った實用品であるため、中身はオリジナルといふ譯でもなささうであり、軍艦部の彫り込みの墨入れも部分的に剥げている。ピカピカだと逆に貴重過ぎて使へないので、このくらいのが欲しかったのである。

レンズはこれまた定番のElmar 5cmにとりあえず決めた。なんせレンズが引っ込む所が素晴らしい。製造番號を調べたところ、1946年製ださうである。これは戰後ですな。マニアに謂はせると年代が揃ってないダメな組み合はせなのだらうけど、とにかく良品が何せ安く買へたので良しである。恐らく市場最安値圏で買ってしまった。ガタもなく傷も少なく、多少曇ってるかも、と謂ふ程度で、ヘリコイドも絞りも重くグーッと動く感じで、グリースも切れておらず、良好である。

といふことで、この構成で夜間の試寫へ突撃していったのであった。現像してみると極めて良く寫ってたので、壊れてはいないやうだ。いま出先であるため、この結果は歸宅後にフィルムを讀み取って畫像を掲載したい。

35mm判は今後旅行時のメインカメラとして割り切るつもりだが、本機はその小型さと薄さで大活躍してもらう豫定である。想定ではだいぶ後年に買ふ積もりだったのだが、數十年前倒しになってしまった。まあ、良い。これを良い機會に、モノクロフィルムや自家現像なども今年からゆっくりと始めて行きたいと思っている。

2014年のIT予測(俺版)

明けましておめでたう御座ゐます。今年も宜しくお願ひ致します。今年は皇紀二六七四年(平成二十六年)ださうです。年始なので、気合ひを入れて日の本の正統たる傳統表記である正字正假名(舊字舊假名)で今年もいきませう。とっても讀みにくいね!!

※神社に行くとちらっと書いてあったりしますので機會があったら確かめてみませう。

さて先日2013年度の答へ合はせをしたばかりではあるものの。本年皇紀二千六百七十四年(わかりにくい・・・2014年です)の予測を、清酒呑みながらちゃらっと書いてみたいと思ひます。

※ちなみに都城で白鶴の正月用純米吟醸(金粉入り)を頂いてをります。

1. Webだけで完結するサービスが没落する

一つ目。これはつまり、Webのみで完結するやうなオンラインサービス(バーチャルサービス)が段々落ちていくといふことです。まあ要するにSNSぽい「だけ」のサービスは、段々衰退するだらうといふ。

理由。2chのようなWebのみで完結する場合、匿名性がないと楽じゃないってことが大きいと思ふ譯です。これまでは「大變だけど新しいから頑張る」投資期間だったんじゃないかなと。

世界的に衣食住の基本コストが重視されて來てゐることから、それから外れるサービスに相當する、「Webだけで完結する」オンラインサービスは落ちるのではと訝しんでゐます。逆にリアルサービスの逆襲かなと。

2. O2Oが本格化する

二つ目。ひとつめの延長というか裏返しになりますが、O2O (Online to Offline)が今年來るだらうと。

要は、Webとリアルサービスが合體するのが生き殘れるのでは、と思ふのです。

これは特に衣食住に直結する系が顕著だと思ふのですが、これができるのはリアルサービスを持っているか、もしくはそこにリーチ出來るルートを持っている所のみ。

面白ひ展開としては、ここへ向けて業界再編も起こるのではと思っとります。立場として弱ひのはどっちかといふと日本の場合、Web専業側かなと思ひます。これは資金力の差でせう。

3. リッチクライアントが復活する

三つ目。これは去年も書ひた、スマホ系がデバイス市場を制覇するといふ話の、その次かもしくは同じくらいの頃の話。

HTML5がどかーんと來るかといふと、まあここは今年の延長くらいしか無いかなと思ふ次第でして、リッチクライアント(スマホアプリ)は特にオフライン利用とRich User Experienceの方面で、市場を制覇していくのではと考へてゐます。

じゃあHTMLはといふと、これはいつでも何からでも利用できるユニバーサルサービスとして、もしくはリッチクライアントのバックアップサービスとしての位置づけが中心になると思ふのです。ここは現在でも主要サービスはWebとスマホアプリの両輪でサービスしている事にも象徴されます。これがもっと進むかなと。

これがもし、本格的に起きるとなると、それぞれのプラットフォームごとのネイティブ開發言語が、今よりも更に盛り上がるのではと。iOSならばObjective-C、AndroidならばJava(もどき)、もしくはWindowsだとC#、と。C++もこの流れで復活する可能性もあるかなと思ってをります。

4. Java EEが7對應のサーバーと共に復活する

四つ目。これは去年の延長って話になります。今年は恐らくGlassFish以外の商用アプリケーションサーバーがEE 7對應してくるはずなので、そこの話になります。

ただ、リッチクライアントは上記の通りネイティブアプリに制覇されるのではと思ってますので、HTML系およびバックエンド系(トランザクション系・バッチ系)に限っては、と云ふ話です。

これについては色々他でも語ったので、以下省略。

5. 日本にNon Japanese技術者が増える

最後。去年の分に書いた、日本人IT技術者のレベルが下がるって話の延長です。英語できないから、公式ドキュメントも讀めない立場では担へないだらうとの話でした。

技術者のレベルが下がるのはその技術者個人の問題なので置いておくとして、IT業界やITを駆使する会社側からすると、たまったもんじゃない話でもあるわけで、さうなるとどこからか「出來る人」を連れてくる必要があります。

となると、自然に「出來るNon Japanese」が増えるのでは、といふ譯です。英語ができれば判斷根據もしっかりするし、何より情報も早いし、將來の道筋を間違ふ事も減るだらう、と考へた場合、その次にかうなる事は必定。

もしくは、日本での開發作業自體が減少する(外国へオフショア發注が増える)のではとも思ひます。ただ、過去の失敗の歷史もありますし、請負型發注のための仕様書を書ける人も少ない「行間を讀む」事を強要するNon Verbalな文化も障害になると思ひますので、やっぱり日本に來て一緒に開發するスタイルの方が多いかなと。

勿論、日本人の出來る人は相變はらず出來るので、そこを問題にしてる譯ではなく。さうじゃなくて、その他の大半を占める平均的な技術者が、といふ話です。どんだけデキる人が頑張って布教活動をしたところで限界は在る譯で。裏を返せば、日本人IT技術者の地位が相對的に下がるのではとも思ひます。

まあさすがに滅亡まで一氣に進むのは無く、それはだいぶ先だと思ひますが、どっちにしても劣勢なのは相變わらずでもありまして、ここについては、特に日本の企業全體の傾向については、かなり悲観しているところです。勿論、日本人頑張れよと思ふのは當たり前の立場でもありますが、規模的に無理なもんは無理ですからね・・・

※大企業によく生息してる傾向が強ひ、個人勉強・勉強會・コミュニティー活動に消極的な「サラリーマンプログラマー」は大分劣勢になると思ひます。

さて、今年の予想は當たるかどうか。今年の年末にまた答へ合はせする予定です。